« 発電開始! | トップページ | ボキャブラリビルディング »

ボキャブラリビルディング(4)

 それでは、それぞれ長短はありますが、ご参考までに私がボキャビル用として使った本を紹介させていただきます。

1) 松本茂、他著『速読速聴・英単語 Core 1800 ver.2』(増進会出版社; 改訂版版)

 このシリーズは、翻訳の専門家から勧められたものです。今は改訂版が出ていますが、私が利用したのは旧版です。2000円程でCDもついていてとても使い勝手がありました。CDには、ゆっくりのスピードとノーマルスピード(※ノーマルスピードは1分間、170語の速さで、ニュース番組などの標準的な速さ、だそうです)中身もとても素晴らしく、主にニュースソースから引用されていて、分かりやすい、簡潔、正確な英語を身に付けるのにピッタリだと思います。私は主にノーマルスピードで、何度も何度も日本語を見て英語が出て来るまで練習しました。

 お勧め度:☆☆☆☆☆

2) 松本茂、他著『速読速聴・英単語 Advanced 1000 ver.2』(増進会出版社; 改訂版版)

 これもやはり改訂版が出る前の版を私は利用しました。1) の「――Core 1800」よりも遙かに難易度は高く、『Time』や『Newsweek』など、英語圏のインテリの読む雑誌などから、そのまま文章1つのarticleが使われていました。スピードはノーマルのみ。耳だけではなかなか理解できませんでしたが、ボキャブラリの補強と、intelligentな文章へのアプローチとして、利用しました。最後の単語だけのものは利用しませんでした。

 お勧め度:☆☆☆☆★

3) Holly Deemer Rogerson著『Words for Students of English: A Vocabulary Series for Esl (Pitt Series in English As a Second Language)』(Univ of Michigan Pr 社刊)

 この本は、前の前の家庭教師の先生が授業で使っていた本です。英単語を英語で説明し、例文が載っていて、英語で問題を解く形式で、英語感覚を身に付けるのに(まだ付いていませんが)ある程度役立ったと思います。24ぐらいのジャンルに分かれていて、知っている単語でも、別の言葉で説明されると戸惑ってしまうことがよくありました。レベル1から7まであります。

 お勧め度:☆☆☆☆★

4) 石井辰哉著『TOEIC Test 900点突破必須英単語』(ペレ出版)

 この本は、やや手強いが、英字新聞や洋雑誌などを読むときには必ずといって良いほど目にする単語を分かりやすく日本語で説明されている珍しい本です。英英辞典を日本語で読んでいる感覚でした。しかし、本家本物の英英辞典でも単語を調べて利用しました。が、ここにのっているもの全て学習したわけではありません。

 お勧め度:☆☆☆☆☆

5) 『ボキャビルマラソン』(株)アルクの通信講座

 ・『ボキャビルマラソンパワーアップコース』(株)アルクの通信講座

 だいぶ前にやったので忘れてしまいましたが、毎月、送られてくるので、新鮮な気持ちで取り組めました。名詞は音楽にのって発音されているものがCDに収録されていて、動詞は文の中で覚えるよう、ダイアログが収録されていました。

 お勧め度:☆☆☆★★

6) 植田一三著『発信型英語10000語レベルスーパボキャビル』

 かなりマニアックな単語まで、幅広く収められていて、今学習中です。
(続く)

|

« 発電開始! | トップページ | ボキャブラリビルディング »

英語学習に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 発電開始! | トップページ | ボキャブラリビルディング »