« ボキャブラリビルディング(4) | トップページ | 近況です »

ボキャブラリビルディング

 単語を覚えるのは、長ーく、地道な、先が見えない作業です。しかし、ある程度覚えると、急に理解力が深まっていたり、聴き取れる量が増えたり、そのときの喜びは何とも言い表せません。それで、ボキャビルに励む方々への励ましとなるご文章を紹介します。
 最初は、昭和の初め、高級翻訳係として石油会社に勤めておられ、生長の家を始められてからも数々の訳書がある生長の家創始者、谷口雅春先生著『生命の實相』第7巻から――

~~~~~~~~~(以下引用)~~~~~~~~
諸君が朝の1、2時間を生かせば、諸君は数年にして一つの専門的知識に通暁する大学者となってしまうであろう。米国の有名な大数学者チャールス・C・スロスト氏はベルモント市で靴屋の職人をしながら、一日のうちの一時間をみっちりと数学を研究したために、世界有数の数学者になったのである。1日十語ずつ英語を覚えれば、2年間にして7千語の英語を覚えてしまう。7千語を知って入れば、ほとんどどんな英文でも読破できる。早朝の1時間、1時間十語、これが何人をも立派な語学者にしてしまうのである。
諸君よ、早朝1時間のとうとさを知れ。早朝1時間を1つのことの研究または勉強に費やすならば、遅くともその人は十年にしてその問題の押しも押されもしない専門家になってしまうのである。朝の明快な時間1時間あれば、ふつうの書物20ページをゆうゆう味わいながら読むことができるのである。1年間には7千ページを読破しうる。冊数に見積れば17、8冊は大丈夫読破しうる。かくして10年間1つの問題に関する諸を170、180冊も読破しえたら、その人はその問題の精通家になってしまうのである。(『生命の實相』頭注版第7巻17頁) 
~~~~~~~~~(引用終り)~~~~~~~~

 次は、生長の家白鳩会副総裁、谷口純子先生が書かれた『理想世界』誌のご文章から。

~~~~~~~~~(以下引用)~~~~~~~~
 いきなり私的な些事を言うようで気が引けるが、私の理想の一つは、英語をもっと話せるようになることである。そして毎朝、朝食等の準備などに入る前の5時半から30分間、英語の新しい単語20語を勉強することにしている。これらの単語は、朝しっかり頭に入ったように思っても、数日たつと忘れていたり、他の単語の記憶と混じり合っていることが多い。しかし何度も繰り返せば頭の中に定着するはずだと、めげずに勉強を続けている。誰かにそうしろと言われたわけではない。しかし、始めた以上は続けたいと思う。ついでに言ってしまえば、英語を話す目的は、少しでも多くの外国の人々に、生長の家の真理をお伝えしたいという願いがあるからだ。(『理想世界』2006年11月号、41頁)  
~~~~~~~~~(以下終り)~~~~~~~~

 海外で英語で講演もされる先生も、謙虚に、向上心をもって続けておられることに感動します。

 私も、日々、努力を続けたいと思います。

|

« ボキャブラリビルディング(4) | トップページ | 近況です »

英語学習に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボキャブラリビルディング(4) | トップページ | 近況です »