« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

まもなく今年も終わります……

 今年はモーツアルト生誕250年ということで色々な企画がありましたが、今、NHK教育でモーツアルトの交響楽を聴きながらタイプしています。

 まもなく今年も終わります。ここ数日、今年はどういう年かを振り返る機会があり、色々考えました。今年を振り返ると、意外なことによく笑った1年であることに気づきました。その理由としては、子どもの面白い動作や発声に笑わされることです。これは健康にも、精神衛生上もとっても良いことでした。

 そのほか、日本語、英語のブログを始めました。最初の3、4カ月は調子に乗って怒濤のように書き込みましたが、今月は息切れしてしまいました……。来年は、程良いペースで中身のある内容を書けるように心がけたいと思います。

 また、11月には太陽光発電装置が始動をしました。エコキュートとともに、二酸化炭素の削減に一役買ってくれています。ここ数日、快晴なのでよく働いてくれて、電盤を見るのが楽しみです。1日で約5kw作ってくれます。これは長い間検討してきたことなので、とても嬉しいことでした。

 最後になりますが、今年はしっかり大掃除が出来て、家の中がピッカピカになりました。昨年は年末に大きな風邪を引いてしまい、その前の年は年明けに大切なテストがあり、満足に掃除ができなかったので、今年はこれまでの垢を流すかのように掃除に励むことができました。

 そのほかに山のように色々な出来事がありましたが、今年1年無事に過ごさせて頂いたことに感謝をし、来年も一層、神様の御心を表現する1年にしたいと思います。ありがとうございます。

| | コメント (1)

夫の手と女性のストレス

 ロイター通信社が発信した、『女性のストレス、「夫の手を握ること」で解消=米研究』という記事を見つけました。記事中にある写真には、シュワルツェネッガー米カリフォルニア州知事夫妻が手をつないでいる様子がのっています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061220-00000402-reu-ent

 欧米の首脳が夫婦で手をつないで歩いているのはよく見ますが、わが国の安部首相夫妻が手をつないで飛行機のタラップから降りてくるシーンが、ワイドショーや週刊誌を賑わせているようです。

 皆様のご家庭の事情はいかがでしょうか? ちなみに来年結婚10年を迎えるわが家には、現在2歳2カ月の子供がいるのですが、2人で出かけるときはそのような“行為”をしています。しかし、子供の目の前でやるとすぐに引きはがされます。

| | コメント (0)

1カ月の発電量

 太陽光発電装置が稼働してから14日で1カ月が経ちました。その間の発電量は「97kw」。わが家の電力使用量の約20%ですが、それでも、20%の二酸化炭素を削減できたことは大きな喜びです。灯油に換算すると19リットルだそうです。牛乳パック19本分と考えると、結構な量だと思います。
 なお、太陽光発電装置とともに、わが家ではエコキュートを導入したため、夜間電力が通常の7割引で使用できる「電化上手」というシステムを使えるため、電気料金は昨年同時期に比べ約40%減になりました。しかしこれほど下がったのは、去年よりも今年が温かいから、ということも原因かもしれません。
 この時期、あまり寒くならないのは有り難いことですが、温暖化の影響が顕著に現れているこの頃としては、何となく薄気味悪いものです。地球のために出来ること、一つ一つ考えていきたいと思います。

| | コメント (0)

近況です

 最近、筆が鈍りがちです。7月終わりからブログを始めて、英語と日本語と両方は大変だなぁ~と思いながらも「はまって」しまって、調子に乗って書いていましたが、業務が立て込んでいたり、その他もろもろの理由で、アンテナの感度が鈍ってしまいました。

 面白いもので、書く気満々なときは毎日のニュースや英語学習の面で何か頭(心)に引っかかることがあって書くペースが追いつけないほどなのですが、生活に余裕がないと心にあまり引っかからなくなってしまうんだなぁということを実感しています。やることが沢山あっても毎日のように更新しておられる方もいるのですから、心の持ち方って、やはり大きい、と思います。

 ところで12月2日、女性ばかりが集まる生長の家の会合で講演をしました。主催者は生長の家白鳩会の神奈川教区連合会です。仕事柄、人前で話すことにはあまり抵抗を感じない方なのですが、参加者が全て女性だったら……それも特に問題はなかったのですが、問題は、出迎え、見送りはもちろん、ウルトラスーパー行き届いておられたことです。講演する前には、参加する方々と色々お話をして、どういう方が集まって来られているかを肌で感じてから話すようにするのが私の日頃のスタイルなのですが、その日は、お部屋に通されて、お茶を頂いて、時間になったら会場に……という、とても改まったスタイルで、色々と勉強になりました。

 60分の講話の後、3人の方からご質問をいただきましたが、いずれも、家族への愛情あふれる母親のお気持ちが現れていて、とっても感動しました。また、その前に行われたお2人の体験発表では、ご自分の抱えておられた悩みを赤裸々に公表し、そして、生長の家の教えを実践されることで克服していかれる過程をそのままお話くださり、私自身もとても参考になりました。

 ところで自分の話は……と言えば、いつもながら、あれも入れよう、これも入れようと、つい詰め込みすぎてしまいます。ただでさえ早口でまくし立てるので、聞いている方はさぞ聞きづらいかと思うのですが、私にとって厳正な「判定者」である妻によるとそれほど聞きにくさは感じないそうなので、そのままにしています。今回は、遅まきながらパワーポイントを初めて使いました。(これもやや内容が詰まりすぎ……)

 この経験を次に生かしていきたいと思います。

P.S. ちなみに対象となっていた女性は、ティーンや20代ではなく、主に30以上の母親の皆様でした。集まられたのは113人だそうです。ありがとうございます。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »