« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

人を恨まないこと(2)

 昨日アップした「人を恨まないこと」に、marioさんがコメントをしてくださいましたが、その内容がとても素晴らしいので、ここに再掲させていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~(以下引用)~~~~~~~~~~~~~~~

最近、キャロル・ラーソンさんのスクリプト全体をウェブで紹介しましたが、彼女の体験が1996年11月の『Truth of Life』誌に紹介されています。彼女が16歳の時、隣の精神分裂症の患者に母親を殺されてしまったのです。でも、彼女のこの話を読むと信じられないくらい寛大なことに驚きます。

本日のサンノゼの法廷でchild molestationの裁判がありました。被告は150何年かの懲役になりましたが、法廷で明らかになったことは数名の少年(小学生から中学生まで)どころか百人以上の少年に対して性的虐待を行ったということが判明しました。こういう子供達の心を癒すということは大変なことで、死とは違いますが、トラウマがその子供達をネガティブな方へ進まないようセラピストの使命は大変大きいのです。

やはり子供の頃から赦すことを覚えるのは親の教育が何よりも大切であると実感するしだいです。でも難しいことをするわけではない。一緒にいてあげるだけでもすごいことなのだと思います。その点、最近忙しくて事務所のソファーで寝ている私は親としては失格かも・・・。

Posted by: mario | January 30, 2007 at 13:11

~~~~~~~~~~~~~~(引用終わり)~~~~~~~~~~~~~~~

 ここで紹介されているキャロル・ラーソンさんとは2000年にハワイで行われた「国際練成会」でお会いしたことがあり、またそのときに体験発表もお聞きしました。母親を殺した精神分裂症の患者は彼女の家庭をサポートしていたこともある人だったそうで、さぞや辛い思いをされたと思うのですが、お母様から伝えられた信仰で、“最難関”と思われる人生課題で愛と許しを実践しておられました。ご本人はいたって“普通”の女性ですが、どうしてこんなに深い愛をだすことができるのだろう、と今でも思います。

 ところで、marioさんが紹介してくださったお話には、キャロルさんが純粋な祈りと信仰でめでたく結婚され、家も与えられた体験が生き生きと綴られています。興味のある方はぜひどうぞ。(ただし英語です)http://www.mariokawakami.com/

 ちなみに、marioさんが書かれた最後の4行は、大いなる謙遜です。現在、カリフォルニアで要職に就いておられるため、お仕事の量が多いのは事実でしょうけど、時間があるときには家族でテニスをしたり、出かけたり、またケーキを焼いたり、そしてお子様と少しでもコミュニケーションを取るためにそのためのブログを開設されたり、とそれはそれは家族思いのお父様です、念のため。

-TA

| | コメント (0)

人を恨まないこと

 人を恨まない――そうありたいと思うのですが、なかなか実行となると難しいです。とりわけ自分に過失がない(と思っている)場合は。

 先日、俳優の風見しんごさんの10歳になるご長女が青信号を横断中、トラックに跳ねられるという悲しい事故がありました。幼い女の子を持つ私としては、自分のことに置き換えて考えると胸が締め付けられる思いがしましたが、報道されている風見さんの言葉の中に少しも恨み節が聞かれないことに気付きました。それでスポーツ新聞の記事を読んでいると、「娘はケンカが嫌いだったから……」とのこと。日常の些事でも恨まないことは難しいのに、こんな大きな事件が起こっても恨まないなんて……。

 この記事を読んでいて思い出したことがありました。今から7、8年前、北海道で生長の家の教化活動の責任者の方が精神異常の知り合いに刺殺されるという悲しい事件がありました。その際、この責任者の方の奥様が、「私は決して恨みません。主人は天命だったのだと思います」と毅然としておっしゃったと言うのです。

お2人とも、日頃から真剣に「生」と向き合い、一所懸命に生きておられるのだと思います。私も、日一日を大切に、一所懸命(一生懸命ではなく)に生きたいと思います。

-TA

| | コメント (2)

ダイエットその(3)

 ダイエットシリーズ3回目です。
 先日発行されたばかりの、生長の家の会員向け月刊誌『生長の家青年会』平成19年3月号で、大阪にお住いの河野知足さん(38)が次のように述べておられました。

  また、私は昨年2月から、家内の協力を得て肉食を控えるようになりました。それ
 をきっかけにいろいろ食生活を改めた結果、何と半年の間に20キロも体重が減りま
 した。(笑い、拍手)今まで体重を減らそうとして成功したことはあまり無かったので
 すが、世界平和実現という目的のためか喜びのうちに生活を改善できております。
 (拍手)

 この文章は、青年対象のセミナーでの発表原稿がもとになっているので、拍手や笑いが入っています。私は河野さんに仕事で2年半前にお会いしたのですが、そのときは、ふっくら(というかぽっちゃり)されていましたが、20キロ減ですから、すっかり風貌も変わってしまったことでしょう。

 私自身も6年ほど前から、原則として肉食を控える生活をしていて、河野さんほど劇的ではありませんが、毎年0.5キロずつ減少し、昨年の測定では、ほぼ理想通りのウエイトになりました。脱肉食は、ダイエットに効果があること、間違いありませんね!

 興味のある方、「ノー・ミートブログ」をどうぞ。肉を使わない料理のレシピが沢山のっています。また、生長の家白鳩会が提供する、「愛情e-レシピ」もどうぞ。

-TA

| | コメント (0)

効果的なダイエット(2)

 ダイエットの続きです。最近、家に帰ると「痩せた」「減った」話がよく話題にのぼります。それもそのはず。なにせ、この2年4カ月で「9.5 キロ」も痩せたそうですから。あっ、妻の話です、これ。

 毎日観察をしていますが、特に食事を制限しているわけでもないし、ジムに通っているわけでもありません。やっていることといえば、毎日音楽に合わせてストレッチをしていること、イヌの散歩に割合長い時間行っている、動き回る子供の相手をしていること、そして毎日ウエイトを量っていることぐらいでしょうか……。

 しかし、彼女に言わせると、「ダイエットしているわけではない」そうです。しているのは、子供を健康に産むための体力作りとか。平成16年に長女を妊娠し、出産した際、胎盤が剥がれるというアクシデントがあり、体力の無さを痛感。基礎的な体力が必要だと実感したといいます。その結果として、体重が約10キロも落ちたとあっては、嬉しくないはずはありません。目標はさらに“高い”そうですので、今後に注目しています。

 私がこの様子を見て思ったことは、何事も目的がハッキリしていることは成就する、ということです。しかもその目的が、単に痩せたいとか、かっこよく見せたいということではなく、誰か人(社会その他)のためになることであれば一層、達成しやすいと思うのです。色々な分野に応用できそうな気がしてきました。

-TA

| | コメント (0)

お金のかからないダイエット法

 以前NHK「ビジネス英会話」で、講師を務めておられる杉田敏氏が非常に効果のあるダイエット方法について紹介されていました。それは、お金も、時間もほとんどかからない魔法のようなダイエット法です。まぁ、こう謳った宣伝文句は世の中にゴマンとありますが、これはそのような“類”ではありません。

 そのダイエット法とは、「朝と晩、1日2回体重をはかること」です。

 費用は体重計を買うだけ、時間は体重を量るだけですから、ほとんどかからないです。毎朝、毎晩、自分の体重を認識することで、増えていれば次の日の食生活を考えるでしょうし、減っていればこの調子で、とやはり食事や運動に気を付けるということでしょう。

 先日、良いことだけを記録する「日時計日記」を毎日付けていることを書かせていただきましたが、これも良いこと、希望、夢などを記録することにより、自分を客観的に見つめ、希望していることを心に描くことで、そういう理想的な方向へ自分を誘導する役目を果たしてくれているのだと思います。

 とかくスピードが重宝されがちな現代ですが、毎日一度は立ち止まって、自分の心の状態、置かれている立場、与えられている恵みに心を振り向けて、感謝すべきことに感謝をし、改善すべきことを改善することで、より良い人生が開けてくることを教えてくれているのではないでしょうか。

-TA


| | コメント (8)

香港出張

 1月12日から15日まで出張で香港に行きました。香港への出張は昨年の3月に行って以来、10カ月ぶりです。香港はエネルギッシュで、とっても活力のある街です。車のスピードも速いし、人々が歩く速度も速いし、おまけにエスカレーターまでも速い……。これでよくお年寄りがケガをしないなぁと思うぐらいです。しかしその一方で、環境問題は深刻で、空は何となく「もや」がかかった感じがします。

 日本から香港までのフライト時間は行きが約4時間半、帰りが約3時間半。飛行機に乗って飲み物を頂いて、昼食を食べて少しゆっくりすると到着するという、慌ただしくもなく、長すぎもしない、ほど良い空の旅が楽しめます。

 ところで今回の出張目的は、中国語の誌友会(生長の家の小集会)、日本語の誌友会、中国語の父母教室、そして幹部のための勉強会で講話(各60分)を担当するためでした。もちろん私は中国語を話せませんので、日本語以外の行事では同行してくださった中国出身の通訳者に通訳をしていただきました。
今回のテーマは、「環境保全活動と信仰生活」。私たちのものの考え方、思い、そして消費活動が環境問題と密接に関わっていること、生長の家では神の愛の実践として環境保全活動を行っていることなどをお話させていただきました。

 現地の方の話によると、ここ数年、中国本土の方が沢山入ってこられているとのこと。その言葉を証明するかのように、本土出身の方で、生長の家に触れて1年未満という方が沢山来られたので、会場は活気に満ちていました。中でも中国語誌友会には30名の方がご参加くださり、狭い会場は熱気にあふれ、講話の後には質問も相次ぎました。

 私が海外に出張して困ることのひとつに、食事のportion(1人分の分量)が多いことがあります。プレゼンテーションをする前後はあまりお腹が空かないこと(日頃から食べる量はあまり多くないので)もあり、1日2食にして調整したこともありました。その甲斐あってか、体調は非常に良いまま終えることができました。(美味しいものが多い街で、食事の分量を適切にコントロールすることは、<ニセモノの>自分に打ち勝たねばなりませぬ。。。)さらに良かったことに、ホテルは繁華街の外れにあり、目の前には小さな山が。空いている時間を見計らい、毎日のように小一時間のウォーキングを楽しむこともできました。

 帰国後は家族で回転寿司へ。たった4日しか経っていないのに、随分逢わなかったように感じる家族と楽しいひとときを過ごしました。

-TA

| | コメント (3)

日時計日記

 昨年発売された『日時計日記』(宗教法人「生長の家」発行)を、今年から夫婦で使い始めています。日時計とは、太陽が出ているときのみに時刻を知ることができる時計で、生長の家創始者・谷口雅春先生が「物事の明るい面を見よう」と提唱されている中で使われている言葉です。
「物事の明るい面を見る」べきとは知っていても、実行するとなるとなかなか思うようにいかないものですが、1日の終わりに静かにその日を振り返り、良かったこと、感謝すること、環境に配慮したこと、希望などを書き出すことは精神衛生上も、毎日の生活を充実させるためにも非常に良いやり方だなぁと改めて思いました。
 この日記は昨年10月に発売されて以来、既に4版だそうで、3万部以上も頒布されているとか。ぜひ、12月31日まで書き込めるようがんばりたいと思います。

 日時計ってこんなイメージです。クリックしてみて下さい。
 http://www.arachina.com/photos/cityphotos_b.asp?id=104

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »