« 敬語の5分類 | トップページ | カレーライス »

ロハス意識

 最近、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の作業部会で、地球温暖化は人間の活動によってもたらされたと考えて間違いない、そして、たとえ二酸化炭素の排出量を減らしても気温と海面の上昇は避けられない、議論ではなく実践あるのみである――というような内容が報告されたという記事がメディアを賑わしています。しかしその一方で、「何となく理解できるけど遠くの出来事」という雰囲気が、日本にはあるような気がします。

 今日、オンラインのニュースをみていたら、『「ロハス意識」女性高く 割高でも環境商品購入』という記事(アドレス下記参照)が目にとまりました。「ロハス」(LOHAS)とは、「Lifestyles of Health and Sustainability」の略で、日々の生活の中で環境負荷の低減を心がけ、持続可能な社会(sustainable society)の構築へ貢献しようとするライフスタイルのこと。ご存じの方、多いですよね。

 この記事では、「ロハス意識」の高い人は、たとえ1、2割高くても環境に配慮した商品を買うのだそうで、そういう人は男性よりも女性に多い、という結果が出ていました。男性ももっとがんばらなくてはいけません。

「ロハス」というと、モダンでしゃれている感じもしますが、日本の古来からの価値観である、「ものを大切にする」「自然と共に生きる」という言葉を言いかえたものだと思います。生長の家では、「環境方針」というものを打ち出していて、その中で次のように謳っています。

  地球環境問題は、その影響が地球規模の広がりを持つとともに、次世代以降
 にも及ぶ深刻な問題である。今日、吾々人類に必要とされるものは、大自然の
 恩恵に感謝し、山も川も草も木も鉱物もエネルギーもすべて神の生命、仏の生
 命の現れであると拝み、それらと共に生かさせて頂くという宗教心である。こ
 の宗教心にもとづく生活の実践こそ地球環境問題を解決する鍵であると考える。

 いずれの入り口からでも良いとは思いますが、実践あるのみです。

-TA

<上記の記事>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070205-00000002-fsi-ind

<意識調査の結果>
http://www.intage.co.jp/news/2007/nr070116.html

<ロハスについて紹介しているサイト>
http://secondlife.yahoo.co.jp/life/master/article/b111okazu_00007.html

|

« 敬語の5分類 | トップページ | カレーライス »

地球環境問題に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 敬語の5分類 | トップページ | カレーライス »