« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

見積もり

 今職場では、生長の家全国大会を5月1日から3日に控え、準備真っ盛りです。

 昨日の早朝、白鳩会全国大会で体験を発表されるエリザベス・ギューベルさんと通訳者の民子・ファゲットさんがウィーンから元気に到着され、発表の練習に励んでおられます。私も3年前の青年大会で壇上通訳をしたことがありますが、日頃使わない技能であるため大変緊張したのを憶えています。また、明日30日には、2日の相愛会・栄える会合同大会で体験を発表されるジュ・チャン・ホさんと通訳のキム・ジョン・ホさんが来日されることになっています。お2人とも異国の地で生長の家の教えに触れ、数々の感動を味わい、またその感動を伝えつつ今日に至っています。発表がとても楽しみです。

 そんな状況ではありますが、私の身辺では実は今、引っ越しの準備真っ盛りなのです。今日は引っ越しの業者の方が見積もりに来られたので、荷物の整理に精を出す毎日が続いています。日頃なかなか整理することができなかったものが次々に分類され、また不要となったものを処分するなどして少しずつですが今日の日に備えてきました。

 見積もりはお昼ごろ無事終了。書類、写真を色々と整理をしているうちに、小さい頃の写真や記録が出てきて懐かしく思い出に浸ったり、新婚当時の写真を見て、「こんな頃もあったなぁ~」などと(ちなみに今年で結婚10年目です)感慨に浸ることもしばしばありました。改めて、父母や祖父母をはじめ、多くの方の愛念で生かされていることを実感し、新しい環境に飛び出していく決意を新たにしているところです。

-TA

| | コメント (2)

最後の授業

 今日は、マンツーマンで教わっている英語の先生(Mr. Lee Arnold)から教わる、最後の授業でした。最後になるのは、私がハワイに赴任することと、先生が神田外語学院の講師としてヘッドハンティングされ、家も引っ越されるためで、今日が最後となりました。Lee 先生に教わり始めたのは昨年の8月からですが、誠実を絵に描いたような方で、話に夢中になるとものすごく早口になるので、リスニングにはもってこいでした。しかし、あまりしゃべられるとこちらのスピーキングの練習になりませんので正直にそのことを言うと、あの手この手で質問をしてくれる、とても優しい性格(ちょっと天然が入っている……)の方でした。ちなみに、アメリカ人ですが、育ちはオーストラリアだそうです。

 習っていたのは約8カ月(週1回、1時間)と、割合短い期間でしたが、英語のブログの添削をお願いすると、長文のメールで、どうしてそのように修正するのが良いのかを、丁寧に説明してくださるなど、とっても多くのことを学ぶ事が出来ました。

 先生の益々のご活躍をお祈り申し上げ、教えて頂いたことを生かしてこれからも英語力をブラッシュアップしていきたいと思います。ありがとうございました。

-TA

| | コメント (4)

宇治の伝道練成会

 昨日までの3日間、生長の家宇治別格本山で開催された生長の家のセミナー(伝道実践者養成練成会)に参加してきました。このセミナーは、1軒1軒個別訪問をし、そのお宅の祝福をお祈りしながら、生長の家の月刊誌をお渡しするというものです。1軒1軒、丁重にお祈りをし、神示や聖経を拝読しているうちに自分の心も浄められ、とても気持ちが軽くなりました。

 と言いますのも、海外赴任を目前にひかえ、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と常に頭の中で考え事がぐるぐるまわっていて、毎日やっているメディテーションも身が入らない日が続いていました。それで、他の人の幸せのために「ひたすら祈り続ける」ということは、今の私にとっても貴重な体験でした。

 また、参加されている方々の純粋な信仰姿勢にも、とても刺激を受けました。地元の組織活動で幹部をされている元気な女性、長年にわたって捜査員をされ、リタイアしたばかりの方、86歳のおじいさんなど、様々な立場の方が参加されていましたが、皆、生命を礼拝するという素晴らしい目的のもと、心一つにして献身に励まれている姿は、誠に神々しいものでした。

 すっかり元気を頂いて、また今日から頑張ります!

-TA

| | コメント (0)

AERA English

 今日は、『AERA English』の取材を受けました。私は仕事の関係で、取材はしたことがあるのですが受けるのは初めてでしたので、大変緊張……すると思いきや、記者の方がとても気さくな方だったためか(そして可憐な女性だったこともあるかも)、至って「普通」に臨むことができました。私にとって「普通」とは、よくしゃべった、ということです。しかし喉を痛めていたため、ダミ声でした。。。

 今回は英検を受験した人ということで私にお鉢が回ってきたのですが、私は2003年に準1級に合格した後は、 2006年に1級を受けて1次は合格、2次は2回連続不合格で、まだ挑戦中なのです。まぁそれでも結構ですので、とおっしゃるので、日常の英語学習について、そして試験勉強について(たいしたことはしていませんが)ありのままをお話いたしました。記者の方によると、同誌の7月号(5月23日発売)に掲載される予定だそうですので、興味ある方はご覧ください。(たぶん写真入りです…)

 ところで、今回私を紹介してくださったのは、「All About Japan」で「英語の学び方・活かし方」のガイドをされている川本佐奈恵さん(塾の英語の先生)。川本さんは塾の先生のほかにも、通訳のボランティアや数々のお仕事をこなしながら、主婦もされながら、NHKラジオ「ビジネス英会話」(「やさしいビジネス英語」の時代から)における、講師の杉田敏先生とネイティブのアシスタントの方との間で交わされる英語のやりとりをディクテーションされ、それを無料で希望者にメルマガとして配信し続けておられる、それはそれは献身的な女性です。私は数年前からそのメルマガを購読していて、ディクテーションの内容はもちろんのこと、川本さんが編集後記で色々なことを書いてくださるので、全国にこんなに素晴らしい学習仲間がいるんだ、といつも勇気づけられ、励まされています。

 それで、時々、そうしたことへの感謝の気持ちを書いたところ、お忙しいのに丁寧にお返事をくださったりして、時々コミュニケーションするようになりました。まだ一度もお会いしたことはないのですが、そんな私を雑誌の担当の方に紹介してくださり、感謝に堪えません。ありがとうございました。また、こういうことが実現するのはネット社会ならではの恩恵だなぁと思ったことでした。

 ちなみに川本さんは本を3冊出しておられ、どの本もとっても好評ですから、英語学習に興味のある方、ぜひ、手にとってみられてはいかがでしょうか。

 明日から、生長の家宇治別格本山の伝道練成会に参加してまいります。

-TA

| | コメント (6)

愛念

 今、引っ越しに伴う片づけ作業等のため、子どもを臨時で保育園に預けています。

 親と離れて過ごすのはほとんど初めてのため、最初は少し心配でしたが、その保育園が肌に合うようで、喜んで帰ってきます。初めてその保育園に見学に行ったとき、中から漂ってくる温か~い雰囲気、保育士さんたちの優しい笑顔や話し方にとっても魅力を感じ、ここなら安心して預けられる、と感じたところでした。保育園に行った日の寝る前には子どもの口から、「お友達、楽しかったね」と言う言葉が出て来るので、本当に楽しんでくれているようです。

 また、今回赴任をするにあたり、沢山の方々のご愛念で生かされている、ということを改めて感じています。わがことのように喜んで下さる方、心配して下さる方、必要なときに必要な情報を下さる方、etc... どんなに忙しくても、心の中まで焦らないように心がけたいもの、と思っています。

-TA

| | コメント (2)

ハワイに行くことになりました

 前回の書き込みから、ずいぶん間があいてしまいました。と言いますのも、私は7月1日付でハワイへ赴任することとなり、ハワイにおける生長の家の教化活動上の責任者(ハワイ教区教化部長代行)という重責を担うこととなったため、これまでの業務の引き継ぎ、パスポートの申請、ビザの申請準備、運転免許の期限前延長、引っ越しの準備などで頭の中がいっぱい一杯です。7月1日付の異動ではではありますが、渡米はもう少し早まりそうです。正確な日にちはまだ決まっていません。

 数年前にハワイとNYで開催された、生長の家国際練成会に参加して、民族を超え、言語を超えて魂の喜びを分かち合うことの素晴らしさに感動して以来、いつかはこういう日が来るかも知れないと思ってはいましたが、いざ、その立場になると期待とともに不安も大きいのが正直なところです。

 しかし、これまでもそうでしたけど、与えられたことに感謝しながら、今できることを一つ一つこなしていくことに集中していきたいと思っています。また、この異動が決まってから、沢山の方が励ましたの言葉をかけてくださいました。この場をお借りして、感謝申し上げます。

-TA

| | コメント (10)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »