« 最後の授業 | トップページ | 任せるということ »

見積もり

 今職場では、生長の家全国大会を5月1日から3日に控え、準備真っ盛りです。

 昨日の早朝、白鳩会全国大会で体験を発表されるエリザベス・ギューベルさんと通訳者の民子・ファゲットさんがウィーンから元気に到着され、発表の練習に励んでおられます。私も3年前の青年大会で壇上通訳をしたことがありますが、日頃使わない技能であるため大変緊張したのを憶えています。また、明日30日には、2日の相愛会・栄える会合同大会で体験を発表されるジュ・チャン・ホさんと通訳のキム・ジョン・ホさんが来日されることになっています。お2人とも異国の地で生長の家の教えに触れ、数々の感動を味わい、またその感動を伝えつつ今日に至っています。発表がとても楽しみです。

 そんな状況ではありますが、私の身辺では実は今、引っ越しの準備真っ盛りなのです。今日は引っ越しの業者の方が見積もりに来られたので、荷物の整理に精を出す毎日が続いています。日頃なかなか整理することができなかったものが次々に分類され、また不要となったものを処分するなどして少しずつですが今日の日に備えてきました。

 見積もりはお昼ごろ無事終了。書類、写真を色々と整理をしているうちに、小さい頃の写真や記録が出てきて懐かしく思い出に浸ったり、新婚当時の写真を見て、「こんな頃もあったなぁ~」などと(ちなみに今年で結婚10年目です)感慨に浸ることもしばしばありました。改めて、父母や祖父母をはじめ、多くの方の愛念で生かされていることを実感し、新しい環境に飛び出していく決意を新たにしているところです。

-TA

|

« 最後の授業 | トップページ | 任せるということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に「日本語」の聖典を読める事が、どんなにありがたい事か!!
もっともっと「感謝」しなくてはいけないと思いました。

お引越し、大変ですね~~!!そんな大変さをも、『感謝』に変えてしまう TA様に、感動しました!!!!わたしも宇治の感動がまだ続いていますし、いまだに心が異空間にあり、なにがあっても「穏やか」なんです!!本当に宇治の伝道練成会は凄いです☆

投稿: keiko | 2007/05/02 19:27

Keiko-san,

>> 本当に「日本語」の聖典を読める事が、どんなにありがたい事か!! <<

 海外の行事から帰ってくると、その思いがふつふつと湧いてきます。そして、日本語を読めない人たちのために何か役に立ちたい、という気持ちも湧いてくるのでありました。日本にいながらにしてその事に気づかれるなんて、本当に素晴らしいです。

>> わたしも宇治の感動がまだ続いていますし、いまだに心が異空間にあり、なにがあっても「穏やか」なんです!! <<

 そ、それはやはり心の影と言いますか、ご自身がその波長をお持ちだからなのだと思います。そのお話を聞いて私も感動が甦りました。良い言葉は伝染しますね。

-TA


投稿: TA | 2007/05/02 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後の授業 | トップページ | 任せるということ »