« インパーソンミーティング | トップページ | トレーニング »

CO2ラベル

『International Herald Tribune』の電子版のサイトで、「Business of Green」(副タイトルはA Global Dialogue on the Environment)というブログがあって時々見ていますが、興味深い記事がよく掲載されています。

 10月11日の記事(http://blogs.iht.com/tribtalk/business/green/?p=104)は、「Do you want to see a carbon label on your food and drink?」(自分が食べたり飲んだりする製品にどれだけCO2が使われているか知りたいですか?)と題したもので、イギリスにおいてペプシコ(PepsiCo)のような大手食品会社がその製品が作られるためにどれだけのCO2を使ったか――記事によると原料を育てるところから、空になった袋を処分する所まで含めて――をラベルを貼っているのだそうです。たとえば、ペプシコの傘下にあるウォーカーズ(Walkers)では、標準的なポテトチップスには75グラムのCO2が必要、とのことです。

 しかし問題は、それが消費者にとってどんな意味があるか、ということですが、ある専門家の試算によると、1日に1人あたり消費してもよいCO2は、22kgなのだとか。興味アル方は下記のウェブサイトをどうぞ。(http://www.innocentdrinks.co.uk/us/?Page=working_out_footprint)その専門家は、「30年前までは1日に必要な栄養のカロリー計算など誰も知らなかった」わけだから、将来においては1日に制限されるべきCO2計算だってカロリー計算のように人々の認識に入るはずだ、と言っています。

 フランス政府は、2、3年以内にCO2排出量のラベルを貼ることを義務づけるのだとか。ずいぶん進んでいるのですね。

 ところで今日のお昼を教化部の皆さんと頂いていたところ、サラダの下に引いたチップスのパッケージに、こんな表示がありました。Sunchips_3
そして裏に説明があって、「We buy green energy credits to match 100% of the electricity needed to produce SUNCHIPS*SNACKS.」(この製品をつくるために使用した電力は100%グリーンエネルギーを使用しています)と書かれていました。

 先日、アルゴア・元米副大統領がノーベル平和賞を受賞して今、話題になっていますが、温暖化対策はそれぞれが出来るところから協力してやっていく意外に解決の道はなさそうです。

-TA

|

« インパーソンミーティング | トップページ | トレーニング »

地球環境問題に関すること」カテゴリの記事

コメント

TAさ~ん

>>自分が食べたり飲んだりする製品にどれだけCO2が使われているか知りたいですか?

知りたいと思っていました~!
我が家を炭素0にしたいと思っても、そういうことががわからないと、どれだけ減らしたらよいかの見当がつきませんしし、知っていたら食べ物を購入するときに少しは自制心が働く気がします。地元の野菜と遠方のそれとでも当然ちがってくることが目でみてわかるから、表示されたらいいですね~。

でも・・・・ウェブサイトは、ちんぷんかんぷんでした。(泣)
英語ができない自分に「しまった~っ」と思った瞬間です。(T_T)

投稿: うっち~まま | 2007/10/17 22:25

うっち~さん、

 素晴らしいコメントを下さり、ありがとうございます。前半部分についての私のコメントを、次回のブログで少し紹介させていただきたいと思います。

>> でも・・・・ウェブサイトは、ちんぷんかんぷんでした。(泣)<<

 ごめんなさい、泣かせてしまって。(泣)読んでくださっている方の中に英語のエキスパートが何人かいらっしゃるので、一応、参考にしたサイトのアドレスを表示しています。でも、見ているだけでも何となく雰囲気が伝わってきません? 「やってるぞー」ってな感じの……。

-TA

投稿: TA | 2007/10/18 05:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インパーソンミーティング | トップページ | トレーニング »