« ファミリサンデーサービス | トップページ | 季節は秋 »

パールハーバー

9月20日にハワイに来た義父は毎日元気に過ごしています。「80歳を過ぎてまさかハワイに1か月も滞在するなんて夢にも思っていなかった」との義父の感想は、分かりすぎるほどよく理解できます。私もまさか海外に住むなんて数年前までは考えても見ませんでしたから。

ところで昨日の3日、義父のたっての希望でパールハーバー(真珠湾)に行ってきました。戦争の時代を生きてきた義父ですが、「日本人として見ておかなければならない」との確固たる信念に頭が下がる思いがします。

午前10時に家を出て、途中少し迷いましたが、午前11時前には無事到着。湾を一望できるところから、こんなに美しい場所に爆撃が落とされ、多くの人の命が奪われたかと思うと、そして、今なお戦禍に苦しむ人々がいるかと思うと、平和のために何ができるのだろう、と考えてしまいました。

日本軍の真珠湾攻撃で撃沈したアリゾナ艦隊は今なお、海の底にあり、重油が流出し続けているとのこと。その上に記念館が建てられ、亡くなった兵士の名が刻まれています。そして、記念館に行く前にチケットをもらい、当時のことを記録した約25分ほどの映画を見て、船で行くことになっています。

私自身は、7年前にハワイを訪れたとき、当時ハワイに駐在しておられた高義晴・本部講師に連れて行っていただき、その映画を見た後、アリゾナ記念館を見学しましたが、日本人としてはかなり心の痛む、辛い経験でした。

映画の上映場では小さな子は静かにしていないと入れないため、妻と娘は外で待機。義父と私で映画を見ることにしました。前回見たときはあまり分からなかった部分も、今回はほぼ、理解することができましたが、当時の日本の軍隊の行いは、残念ながら神のみ心から大きく逸脱した、とても正当化できる行為ではないことをまざまざと見せられた気がしました。

当時の日本軍の行動のもととなった考えが、満州の利権を守るという領土への執着、天皇のお心を無視した「中心不帰一」ということからすると、唯物論的なものの見方をやめ、正しく神を信仰することが大切であることを強く感じます。絶対善なる神への信仰を通して世界平和の実現を目指す、生長の家が進める国際平和信仰運動の大切さを深く認識した一日でした。

-TA

|

« ファミリサンデーサービス | トップページ | 季節は秋 »

世界平和に関すること」カテゴリの記事

コメント

合掌 ありがとうございます。 先の戦争は仰せの通り、軍部が天皇のお心にそむいて強引に突っ走ったことにあります。大事な局面では常に日本はやはり天皇陛下の御意志を確認する必要があると存じます。

投稿: 生尾秀夫 | 2012/12/05 21:23

生尾さん、コメントありがとうございます。
本当にその通りだと思います。
日本国民はもとより、世界の平和をいつも願っておられる陛下のみ心を、私も生きたいと思います。

投稿: 阿部 哲也 | 2012/12/06 14:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ファミリサンデーサービス | トップページ | 季節は秋 »