« State Association Meeting | トップページ | 教化部周辺を愛行 »

リンゴダイエット

 2、3日前の地元紙、ホノルル・アドバタイザー(Honolulu Advertiser)に、食前にリンゴを食べると、食事全体のカロリー摂取量が減る、という実験結果を解説した記事が載っていました。実験結果は、体重のコントロールをする科学者と教授の集まりである団体(Obesity Society)の会合で公開されたそうです。
 記事によると、ペンシルバニア州立大学の研究者が、59人の普通の体重の男女を5週間にわたって研究室に呼び、その人達をいくつかのグループに分け、昼食の前に、何も与えない、大きめの皮をむいたカットされたリンゴ(約125カロリー)を与える、同じカロリーのアップルソースを与える、繊維を含んだアップルジュースを与える、繊維を含まないアップルジュースを与える、という実験をしたそうです。それから15分後、参加者全員は、クリームソースとトマトソースのパスタを食べました。
 実験の結果、生のリンゴ(ジュースではない)を食べた人は、アップルソースあるいはアップルジュースを飲んだ人、何も飲んだり食べたりしなかった人と比べて、リンゴを含めた全体の昼食の摂取量が187カロリー少なかったそうです。実験にかかわった研究者はその理由として、リンゴを食べるのを見るだけで「食べている」と実感するという、心理的な原因があるのではないか、と言っていました。
 そういえば、先日のミーティングで出された昼食に、サンドイッチと大きなリンゴが入っていました。何となくリンゴが先に食べたかったのでリンゴを食べて、サラダを食べたらだいぶ食べたなぁという気がしたので、あとはデザートを食べ、メインのサンドイッチは夕食に廻すことにしたこと思い出しました。おかげで夕食代も浮き、帰ってからも体調がよかったです。リンゴダイエット、いいかもしれません。

-TA

|

« State Association Meeting | トップページ | 教化部周辺を愛行 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« State Association Meeting | トップページ | 教化部周辺を愛行 »