« 日本語の見真会 | トップページ | インパーソンミーティング »

ハワイの日本食

 前にも少し触れさせていただきましたが、ハワイの人たちはお箸を使い、日本食を好んで食べます。従って、いわゆるローカルなスーパーでも豆腐、納豆、漬け物などの日本食には事欠きませんが、しかし、味の方は、微妙に違います。「微妙に」はかなり控えめな表現で、全然違う場合も珍しくありません。

 外食でも日本食は色々ありますが、やはり、からっとあげた天ぷらやシャリが小さく生きの良いお刺身が載った寿司は、その辺のレストランではお目にかかることができません。

 今日は、地元の方に家族共々、アラモアナショッピングセンターにある築地魚河岸に連れて行っていただきました。ビュッフェスタイルですが、天ぷらも揚げたてで、寿司のネタも美味しく、肉じゃがあり、かぼちゃあり、日本で食べていたときの味を「そうそう、この味、この味」と、懐かしく思い出しました。ケーキも、ローカルのものはかなり甘いのですが、このケーキは甘さ控えめで、家族もろとも大満足でした。

 旅行で来ているときには日本食レストランには目も向けませんでしたが、住み着くとなると、“日本の味”が恋しくなるものです。時々、どこかのフードコートなどで天丼を注文するとタレの味が全然違っていてがっかりすることがあります。おそらく「天丼」という言葉に暗黙裏に「何か」を期待していて、それが裏切られた気がするのでしょう。(大げさですが、そう感じます)

 今日は、そのような疑心暗鬼がすべて裏切られ、大満足で食事をいただきました。ただし、ベルトがきつく、午後は眠気と戦っています。

-TA

|

« 日本語の見真会 | トップページ | インパーソンミーティング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本語の見真会 | トップページ | インパーソンミーティング »