« ハワイの日本食 | トップページ | CO2ラベル »

インパーソンミーティング

 ご存知のようにアメリカ合衆国は非常に広いため、国内を旅行するのに時間とお金がかかります。従って、生長の家アメリカ合衆国の理事会は毎月電話で行われ、1年に2回顔を合わせて行います。そのミーティングのことをインパーソンミーティング(in-person meeting)と呼んでいます。今回は、10/12から10/14にかけて開かれました。

 会議の場所はロサンゼルス(LA)近郊にあるニューガーデナホテル。驚いたことにスタッフも日本人、宿泊客も多くが日本人、表示もすべて日本語付き、新聞も日本語の新聞がほとんどで、日本の食料品店も至便の場所にあり、とここは日本かと見まがうばかりでした。日頃の生活は英語を使うことを余儀なくされている私にとってはちょっと感動。

 ところで参加者は地元南カリフォルニア、北カリフォルニアをはじめ、ニューヨーク(NY)とハワイ(HI)から。今回は総勢、22人。NYとLA、そしてLAとHIはそれぞれ時差が3時間ずつあり、飛行時間も約5時間30分。HIの場合で言えば、日本に行くのと距離的にはあまり変わりません。HIのメンバーが金曜日の夕方に到着するためには、朝7時台の飛行機に乗るため、私も家を4時45分に出て空港に向かいました。7時半の飛行機に乗ってLAに到着するのは3時30分。1日があっという間に終わってしまう気がしました。

 圧巻だったのは土曜日の会議で、朝9時に始まり、途中に昼食、夕食の休憩等はありましたが、終わったのは午後9時半。ストレートな意見が飛び交う中、アメリカ合衆国教化総長の説得力ある、愛情あふれた指導により、参加者が納得し、コンセンサスが得られた際には感動が一同を包みました。

 私が発言する機会は少なかったですが、やはり英語での発言は緊張するもので、2、3日前からなかなか眠られませんでした。まだあまりうまくはしゃべれませんが、言っていることは理解していただけたようで、ホッと胸をなで下ろしています。

 今日の午後8時過ぎにホノルル空港に到着したのですが、これまで涼しく感じていた夜の風が生温く感じます。ここはハワイだぁ~と実感した瞬間でありました。明日からはいつもの通りたまっている仕事が私を温かく迎えてくれます。

-TA

|

« ハワイの日本食 | トップページ | CO2ラベル »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハワイの日本食 | トップページ | CO2ラベル »