« Very Happyな職業 | トップページ | フットボールに熱狂 »

ケータイ

 ドイツはフランクフルトにお住まいの先輩、ユージさんのブログ(http://yujio1957.cocolog-nifty.com/blog/)に携帯をなくした後、感動の再会を果たしたお話が載っていて興味深く拝見しました。あって良かったですね!

 私は携帯についてはドジ話があります。それは、こちらに赴任してきて間もなくの頃、教化部から真新しい携帯を買っていただいたのです。それは公用ですから本来なら前任者のものを引き継ぐハズなのですが、前任者の方が紛失してしまい、私はめでたく真新しい携帯を買っていただいたのでした。

 ところが、です。買ってもらって1週間しか経っていないのに、「携帯がない!」のです。探しましたよ、あちら、こちら。その当時、前任者との引継中でまだホテル暮らしだったので、ときどきホテルから歩いて15分ほどのアラモアナパークに散歩に行ったので広い公園内を暗くなるまで探したのですが一向に見つかりません。気分は落ち込み、幹事長と教化部事務局長になんと言えば良いか思案に思案を重ねましたが、よい言葉はみつかりません。「すみません、弁償しますので」と言って謝りましたが、事務局長は「使われたら大変だから」とすぐに電話を止める手続きをしてくださり、今度は気をつけてくださいね」と言って次の日には全く同じ番号の同じ携帯を下さったのでした。幹事会でも、「えぇっ、1週間で無くしちゃったんですかぁ?」と言われましたが、全体として「まぁそんなこともあるさっ」という雰囲気で、アメリカの人々の懐の広さを実感した出来事でした。

 それでどうして無くしちゃったんだろう??? と色々考えました。実は日本にいたときから携帯はあまり好きではなかったのです。何かしているときに突然かかってきたら出ないわけにいかないし、プライベートを邪魔されるしと思い、長い間持っていなかったのですが、妊娠した妻が「携帯をもってくれないと連絡取りたいときに困る」とおっしゃるので、8年目に初めて授かったわが子のためとあらば、と携帯を持つことにしたのでした。しかしプリぺード式で主に家族として連絡するだけの限られた用途として、でした。

 つらつら考えるに、私の携帯嫌い、まだ健在だったのです。確かに仕事上なくてはならないものですが、その当時はまだあまり頻繁に幹部やメンバーの方と連絡を取っていなかったのと、携帯電話の通話はただでさえ聞き取り辛いのですが、それが英語でかかってくるので、正直申し上げますと、携帯を持ちたくなかったのだと思います。

 もちろんその後、決してそういうことがないように感謝を込めて使わせていただいています。が、それでもかかってくるとやっぱり冷や冷やドキドキで、携帯にかかってきた場合は事情が許す限り固定電話から掛け直しています。

 こんな所にも日本にいては経験できない貴重なレッスンが与えられているのであります。ありがとうございます。

-TA

|

« Very Happyな職業 | トップページ | フットボールに熱狂 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Very Happyな職業 | トップページ | フットボールに熱狂 »