« フットボールに熱狂 | トップページ | 嬉しいこと »

今年の人、の推薦

『TIME』誌では毎年末、"Person of the Year"(今年の人)を選んでいます。その年で色々な意味で、世界に影響を与えた人、ということだと思います。(たしか)昨年は、鏡のような銀色のカバーを表紙にかけ、「今年の人はあなた!」と粋な選択をしたのを覚えています。

 同誌には“今年の人”が選ばれる前に、著名人が私が選ぶ“今年の人”を載せていて、ここの所毎号、4人ぐらいがそれぞれ推薦しています。12月10日号で私の目を引いたのは、NBCのNightly Newsのキャスターを務めるブライン・ウィリアムズ(Brain Williams)氏の推薦文でした。以下引用です。

~~~~~~~~~~~~(引用始め)~~~~~~~~~~~~~

My nominee for 2007 Person of the Year is a woman ---- a woman with a history of abuse, a woman who has never run for elective office, someone we all know, someone who makes her presence known on a daily basis in all our lives and, for my money, is better than any male alternative. That woman is Mother Earth. I think the environment is the compelling issue of our time.

私が推薦する2007年の今年の人は、ある女性です。彼女は、虐待を受けており、一度も選挙に出たことはないのですが、私たちみんなが知っていて、私たちの生活の場において日常的によく知られており、私の考えではどんな男性でも代替できないのです。その女性とは、母なる地球です。私は環境問題は、どうしても何とかしなければならない現代の問題だと思います。(拙訳)

~~~~~~~~~~~~(引用終り)~~~~~~~~~~~~~

 通常は推薦文の最初に名前が出てくるのですが全然出てこないので「あれ~?」と思って読み進めていたら、「母なる地球」を推薦するとは……。発想の素晴らしさに感動してしまいました。そしてお説、ごもっともです。

-TA

|

« フットボールに熱狂 | トップページ | 嬉しいこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ああ~!!ブライン・ウィリアムズ氏に拍手喝采~!!
座布団10枚
ハワイ旅行もさしあげたい! 


今年どころか、ずっとずっと、あらゆるいのちをはぐくんできてくれた地球ですものね。「ありがとう」の気持ちを最大限に表現して生活したいです。

投稿: うっち~まま | 2007/12/08 20:18

 うっち~さん、座布団10枚ありがとうございます。しかし、アメリカには座布団はあまりないかもしれません……。

 ところで世の中の動きは全体として環境保全に進んでいますが、「ありがとうの気持ち」で取り組むところはまだ少ないでしょうから、生長の家の使命も大きいですね。いつもありがとうございます。

-TA


 

投稿: TA | 2007/12/09 03:18

先生!・・・・いえTAさん、質問です!
この「座布団10枚さしあげます」にあたるコトバは、アメリカにはあるのでしょうか?

近所のヨシズヤさんでは、ワンガリーマータイさんの「もったいな~い♪」を歌にして、店内で流していますが、もう少し進化&深化して、「ありがとう~♪」にしたらいいんですよね~

・・・・と最近とくに、あちこちらに流れることばについて思うのでした。

投稿: うっち~まま | 2007/12/11 16:56

>> この「座布団10枚さしあげます」にあたるコトバは、アメリカにはあるのでしょうか? <<

 さぁ??? あるかもしれませんけど、思いつきません。英語と日本語に精通している人はアメリカにはあまりいないんです。プロの通訳者のほとんどは“国産”です。海外に留学したり、海外で働いたことのない人もざらです。それだけ日本語を理解し、それを英語の表現に置き換えることは難しいのだと思います。

 と言い訳で逃れさせてください。(笑)

>> ワンガリーマータイさんの「もったいな~い♪」を歌にして ……<<

 確かに「もったいない」より「ありがとう」の方が語感が良いですね。しかしそういう歌がスーパーで流れていて世の中もなんとなく、谷口雅春先生が提唱された「日時計主義の生き方」に向かっているような気がしませんでしょうか?

 私は秋季大祭の谷口雅宣先生のご挨拶をブログで何度も拝読して、日時計主義の生き方と地球環境問題への取り組みが初めてひとつにピッタリとなりました。「今ある恵みに感謝すること」それをしないから環境問題が起こるのであり、それは日時計主義を実践によって初めて解決するのである、と。谷口雅春先生が説かれた奥の深い教えが、谷口雅宣先生によって現代という時代に合わせて説かれていることは、本当に有り難いことですね。

-TA


-TA

投稿: TA | 2007/12/12 05:15

>日本語を理解し、それを英語の表現に置き換えることは難しいのだと思います。

そうなんですね~。日本語も、英語も、どちらも深く理解していないと、表現できないんですものね。なら、外国の方より、日本人が通訳になった方が、もともとの語彙が多いからいいのかな~。でも、語彙だけじゃなくて、それぞれの文化の違いもあるから、なお難しいですよね。

>「日時計主義の生き方」に向かっているような気がしませんでしょうか?

はい、そうですね~。
「もったいない」も、物への感謝がこめられたコトバなのでした。


>今ある恵みに感謝すること

そうだわ~!生長の家の環境への取り組みは、問題があるから取り組むのではないんですものね。
感謝から、始まるのでした。やっぱりすごいな~、生長の家。

投稿: うっち~まま | 2007/12/13 22:58

>> でも、語彙だけじゃなくて、それぞれの文化の違いもあるから、なお難しいですよね。<<

 生長の家の行事での通訳や書籍の翻訳となると、さらにそれらに加えて教えの理解度がとても大きなウェートを占めるので、私はそれらをすべて兼ね備えた人を見ると「化け物」と思ってしまいます。

 うっち~さんのブログを拝見していていつも思うことは、幼子の心で、良いことをそのまま実行し、そしてその結果を真象も偽象も正直にオープンにされ、自己反省してより良い方向に進んでおられる、ということです。まさに幹部・信徒の鏡! だと思います。

-TA

 

投稿: TA | 2007/12/14 09:51

身に余る讃嘆のお言葉、ありがとうございます。
そのように生きていきたいと常日頃思っておりますが、あららら~どうしたことかしら?と悪い面に視線が集中してしまうという状況に陥ることもたびたびです。(ああ、丁度今しがた・・・・・汗)
TAさんの力強いお褒めの言葉で「ああ~!!その通り、そうだったわ!」と又やる気がわいてくる単純&素直なうっち~です。

さあ、中高生練成会、がんばるぞ~!ありがとうございます。(^人^)

投稿: うっち~まま | 2007/12/19 00:01

>> あららら~どうしたことかしら?と悪い面に視線が集中してしまうという状況に陥ることもたびたびです。<<

 悪い面に視線がいくこと自体は構わないと思います。「偽象」を見て、ああこれは実相が出ていない、だから実相が現れるように努力しようと思うのが良いのですから、悪いことを悪いと言えるのがうっち~さんのよいところだと私は思います。生長の家の人はなかなか言えない人が多いですよ。だから言うことも勇気が必要です。それができるのだから素晴らしいじゃありませんか! と思うのですがいかがですか? 

 ただ、長いこと心がそれに引っかかるとよくないですから、お祈りして全託して……云々は、既にされていると思いますので、いつものようにされれば良いと思います。

-TA


投稿: TA | 2007/12/19 02:46

>悪いことを悪いと言えるのがうっち~さんのよいところだと

良かったね、ココが良かったね。と讃嘆しあうのは大事なことだと思うのですけれど、それと同じくらい、改善すべき点を出し、改善案を練っていくことが大事だと思って、行事のあとなど、必ず良かった点・反省点・改善点を出すようにしています。だから、これはまずいと思う点がでてきたら、ちゃんと検証して、どうしたらよりよくなるのか、を話し合い、対策を出していくように・・・・と言っているのですが、他の人の反応をみていると、批判しているようにとられてるな~と感じるときがあります。

そういう時は、私の表現がたりないのか、私が引っかかりすぎなのか、もっともっとと、私は求めすぎなのだろうかと、ぐるぐる回ってしまうのでした。


・・・・ああ、でもこのような私の思いを、お祈りして神様に全託しなさいということなんですよね。

>云々は既にされている・・・・
のかしら・・・・(;^_^A  でも、確かに、ちゃんと祈りつづけていないと、あっという間に自分の思考の中でぐるぐるしてしまうので、祈りって本当に大事なんですね。

投稿: うっち~まま | 2007/12/21 00:15

>> ・・・・と言っているのですが、他の人の反応をみていると、批判しているようにとられてるな~と感じるときがあります。<<

 色々な考えの人が会議に出席しているのでそれはある程度やむを得ないと思いますが、会議の責任者あるいはその団体(組織)の責任者は、うっち~さんの発言の主旨を納得されているでしょうか? 会議の責任者に、改善すべき点を話し合うのは実相をより一層現すために必要なことで、それも大切なことなのですよ、ということを会議の冒頭で言って頂いたら反応が少し違うかもしれません。また、ご自身で発言する前になぜそういう提案や改善案を出すのかを少し詳しく説明してもよいと思います。

 私のように海外に派遣されている場合、現地の責任者である幹事長に私の考え方をしっかり説明しておくことがとても重要になります。そうすれば会議の中でなぜ、これまでとやり方を変えるか等を幹事長が分かりやすく参加者に説明してくれるので、私の考えが伝わりやすくなります。逆にそれをしないと、相手が理解したくても、言語や文化の違いもあり、大変苦労することになります。

 あと恐らく、うっち~さんはベテランの部類に入ると思うので、ご自分では当然知っているだろうと思っていることでも、若い人たちは知らないこともあると思います。うっち~さんがなぜ、そのような提案をするかについて、少しくどいぐらい、教えと照らし合わせて説明されたら皆さん喜ばれるのではないでしょうか?(状況がうまくつかめていないので、外れていたらあまり気にしないで下さい)

-TA

投稿: TA | 2007/12/21 02:30

アドバイスありがとうございます。
練成に日帰りで通っていたのでばたばたしてコメントできませんでしたが、合間にTAさんのコメントを読ませて頂いて、

>あるいはその団体(組織)の責任者は、うっち~さんの発言の主旨を納得されているでしょうか?

これは何とも・・・よく分からないのですけれど、

>改善すべき点を話し合うのは実相をより一層現すために必要なことで、それも大切なことなのですよということを会議の冒頭で言って頂いたら

私はこれを言う必要があるな~と思いました。言葉が足らなかったですねぇ。


>自分では当然知っているだろうと思っていることでも、若い人たちは知らないこともあると思います。うっち~さんがなぜ、そのような提案をするかについて、少しくどいぐらい、教えと照らし合わせて

私はつい相手がわかっているつもりでどんどん話してしまっていました。すごく若い人だと、最初から全部説明するけれど、年が近いと、わかって当然と思うのと、わかっていないように話すことは失礼かな、と思っていました。でも、細かく伝えることは大切ですね。さきっぽだけでなく、どうしてそう考えるのか。
ちゃんとそこを伝えたら、いつの間にか互いの思惑が全然わからなくなる、なんていうことにはならずにすみますよね。

この点を教えていただいたので、心がけて運営をさせていただくようにしました。


そうやってやっていて気付いたのですが、色々提案をする際、私も意外と軽くその時の思いつきでぱぱっと、話してしまうときもあります。でも、相手にしてみたら「先輩」の言葉だったり、「古い人(笑)の重い言葉」だと感じるのですね。自分の位置をちゃんと理解して、この先のことも考えたり、大きな視点からじっくりみすえて、そこから話すように気をつけようと思いました。

秋には卒業ですので、夏に向けて、又がんばります。
あ、でも小学生練成会はなくなるみたいですね。生命学園一本になるとか・・・・・運動自体の変化についても、TAさんがおっしゃっていたことと同じことがいえますね。

ありがとうございました。これからも宜しくお願いしま~す(^人^)

投稿: うっち~まま | 2007/12/27 12:37

 そうですよ、うっち~さんの言葉はとても「重い」のです。教区のスターですから。でも自分のことって意外と分からないものですから、そうやって周りの人が教えてくださるのだと思います。私の周りの人も色々と丁寧に教えてくださいます。(笑)

>> 運動自体の変化についても<<

 運動が変化するときには必ずといっていいほど批判をする人がいますから、どうぞ意図を理解されて、しっかり説明して差し上げてください。それも「スター」の役割と思います。

-TA

P.S.「スター」とは、日々神想観をして、み教えの研さん、実践に務め、愛行、伝道を重ね、それが認められて伝道媒体で頻繁に紹介され、表彰され、ということが繰り返される人のことです。(笑)

投稿: TA | 2007/12/28 04:58

ありがとうございます。
ありがとうございます。

すごいです。スターだなんて、挙動不審になってしまいそうなお褒めの言葉ですわ。どうしたらよかろうか、ときょろきょろしてしまいます。

いつも私は、自分のやったこと以上の評価を頂いています。
ナントモありがたく、そこへ自分もいかなくては、と向上心を起こす原動力ともなっていますが、時々、全然ダメな自分、肝心な部分がおろそかになっている自分に、いたたまれなくなります。

そんな自分も冷静に見て、その奥をみることが、きっとできるようになると信じて、今年もガンバリマス。

あ、遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます。
今年も、どうぞ宜しくお願いいたします。(^人^)

投稿: うっち~まま | 2008/01/01 00:39

>> いつも私は、自分のやったこと以上の評価を頂いています。<<

 1回や2回ならいざ知らず、「いつも」である以上、やはり「自分のやったこと」が評価されているのだと思いますよ。身近なの人の目は厳しいですから、そこに「魂」を感じるから評価されるのだと思います。

>> 時々、全然ダメな自分、肝心な部分がおろそかになっている自分に、いたたまれなくなります。<<

 そういうところがあって、また克服されて、そして向上して行かれるから好かれるのだと思いますけど……。

 日本はもう新年が明けていますね。こちらは日本時間よりも19時間遅れているのでまだ年末の朝です。明日の祝賀式の講話の準備のまっただ中です。

 2008年もよろしくお願いいたします。

-TA

 

投稿: TA | 2008/01/01 04:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フットボールに熱狂 | トップページ | 嬉しいこと »