« ケータイ | トップページ | 今年の人、の推薦 »

フットボールに熱狂

 と言いましても私のことではありません。アメリカはフットボール(アメフト)、野球、バスケが盛んなのだと聞いていますが、ここの所地元では、ハワイ大学(UH)がフットボールで快進撃を続けているらしく、地元紙『Honolulu Advertiser』では連日、大きな見出しと記事が新聞をにぎわっています。それもスポーツ面だけではなく、1面を大見出しが飾っています。

 私はルールも分からないし、大学のフットボールのどこにそんなに魅力があるのだろうかと思ってしまいますが、「日本で例えれば、人口の少ない地方の公立高校が甲子園で準決勝、決勝に進んだようなものですよ」とハワイ在住歴約20年の職員さんがおっしゃっていて、何か納得できた気がします。

 この前のThanksgivings Dayのときは天王山だったようで、犬の散歩をしているとあちらこちらの家でガッツポーズが見られ、歓声が聞こえてきたのを思い出しました。生長の家のメンバーにもフットボール大好き人間がいてその典型がハワイ教区の幹事長のギャーリータシロ(Gary Tashiro)さん。この前会ったときには、「応援し過ぎて喉がかれてしまった」とのこと。こうなると私も無関心ではいられません。少しルールでも勉強してみようかな、という気がしてきました。まぁ時間があれば、ですけど。

 ところでここの所フットボールで熱狂しているアロハスタジアムになんと、あの「ベッカム」が来るとのこと。何気なく聞いていたラジオでしたが、後でペーパーで確認すると、来年2月、「パンパシフィックチャンピオンシップ」いうのがあってガンバ大阪やオーストラリアのチームなどと共にベッカムの所属する「ロサンゼルス・ギャラクシー」が来るのだとか。行っちゃおうかなぁと思いましたが、折しもそのときは国際練成会という超重要な行事と重なるため、行けません。大のサッカーファンの私としては、全盛期からはほど遠いとはいえ、ベッカムのフリーキックを生で見られるチャンスだったのに残念です。ベッカムは他のことがとかく話題になりますが、あのフリーキックはすごいです。ゴールの真ん中から、グーッと曲がってコーナーに突き刺す技術を持ち合わせているところは、やはりスーパースターです。

 ちなみにアメリカはサッカーは人気がないように思われていますが、そんなことはありません。子供のサッカーは大人気ですし、前出の職員さんによると、シニアのチームも年代別にあるのだとか。草の根レベルで人気があるのだそうです。私はこれまで何で、国民の関心が全然ないのにワールドカップでアメリカはあんなに強いだろう??? と思っていましたが疑問が解けた気がします。やっぱりグラスルートに信仰を広げることが大切と、学んだ次第です。

-TA

|

« ケータイ | トップページ | 今年の人、の推薦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケータイ | トップページ | 今年の人、の推薦 »