« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

プリスクール(2)

 さて初日はと言えば……8時半に連れて行き、お昼に迎えに行ったのですが、行ったら大泣きして先生に抱っこをせがんでいるところでした。ありゃりゃー。やはり子供とは言え、全くコミュニケーションが通じないのは辛かったようです。

 それに加え、ハワイは常夏の島、1年中温暖な気候のため、今の季節でも太陽が出ると瞬く間に夏になります。朝晩は寒いのですけど。したがって衛生面には特に気を使い、子供も手洗いは非常に厳しくしつけられます。

 先生に聞いたら、「手を洗うときには大変だったみたいけど、音楽に合わせて踊ったり、外で遊んだり、とっても楽しそうにしていましたよ。ただ本を読んでいるときは飽きちゃったみたいですね」との言葉に少し安心。それで先生から、「立つ」「座る」など、動作をするときに必要な日本語(ローマ字)と英語の翻訳表を作ってください、とリクエストされました。何とも深切な先生です。日本人は、すべてのクラスを通じて娘1人。他のクラスに日本語を話せる先生が1人いますので、「どうしても」というときは、その先生に頼んで話しかけてもらうのだそうです。その日本語の分かる先生もとても深切で、入学前に妻が色々と聞きたいので説明をしてくださいとリクエストしたところ、その先生は3時間もかけてじっくり説明してくださったそうです。

 翌日、学校に連れて行った際、別れるとき泣くかと思いましたが、「パパ、バイバイ!」と手を振っていたので、学校自体は楽しんでいることが分かります。そして、先生に子供が分かる言葉を書いた表を渡しました。「wash your hands → お手々を洗う」「come on! → おいで!」「put on your shoes → おくつはきはき」などなど思いつく限り書きました。次の日、妻が迎えに行くと先生が流ちょうに「Manami, Oide!」と言っていたそうです。後から分かったのですが、先生はちゃんと家で練習してくれていたのでした。

 先生が日本語が分からないので家での様子を報告したり、先生から前日の様子を含めた説明を受けるため、朝は私が勤務前に娘を学校に連れて行きます。学校は、通勤路からそれほど外れていない場所にあるため、それが可能なのです。そして妻が迎えに行き、その日の様子を聞きます。しかし込み入った話はできないので、その日のことを簡単に紙に書いてもらうようにしています。最初からそうしたわけではありませんが、通い初めてから4週間のうちにそういうスタイルができあがりました。

 子供の反応を見ていて思うのは、学校側が娘をとても温かく受け入れてくれていることです。大変なこともあるでしょうが、家では学校の様子を楽しそうに話してくれます。「今日はAunty Shyanne(シャイアン先生)に抱っこしてもらったの」「Aunty Shyanneとtwinkle(英語の「きらきら星」)歌ったよ」「お友達と遊んで楽しかった!」などなど。そして食事の前後に手を洗うのも「Aunty Shyanneとのお約束だからね」と言うと、喜んで手を洗うようになりました。そう、先生のことが大好きなのです。それもそのはず、毎朝連れて行くと必ず、「Manaamiiiiiiiiiiiii!」と言ってギューッと抱きしめてくれるのですから。

 最近では、家で鼻歌を歌っているときに少し英語の歌が出てくるようになりました。私たちには聞き取れないのですが、少しずつ覚えてきているみたいです。また、こちらでやっている子供用のテレビも好んで見ています。ただ、学校に行くと猛烈に疲れるみたいで、帰ってくると死んだように寝ています。

 今は少し大変かも知れないけど、私がどんなに頑張っても身につかないナチュラルな英語感覚とリスニング力が身につくのだから、とても有り難い環境と言えるでしょう。夫婦で別居をし、多額のお金を使ってまで子供をこのような環境に置いて教育を受けさせる人もいると聞きます。そういう意味では、大変有り難いことだと思います。

 娘の学校は今のところ火、水、木の週3回を午前中ということにしていますが、少しずつ伸ばしていく予定です。

-TA

| | コメント (6)

プリスクール(1)

 昨年の7月にこちらに赴任してから、同年8月に3歳になった娘をどのようにすべきかはわが家における大きな課題でした。幼稚園のシステムも日本とは違い、幼稚園は小学校入学前の1年間で、しかも義務教育に入ります。

 もともと外遊びが大好きで活発に走り回るのが性に合っているため、家にじっとしていることができません。それで家の目の前の公園で同じぐらいの年の子たちが遊んでいたのでそこで遊ばせてみたところ、向こうが入れてくれようとしません。本人は入る気満々だったのですが。それにショックを受けたようで、公園では遊べなくなりました。

 プライベートの車を買ってからは、近くのショッピングセンターに行ったり、また次第に妻の交友関係(日本人)が出来てからは、知り合ったおうちの子供と遊ばせたり、ママ会に参加したりという日々が始まりました。そしてそこで知り合った人から、私の職場の近くで日本語のデイケアー(1日3時間で週1日から3日)を紹介して頂きました。予算の都合で週1回にしたものの、他のお友達とも遊ぶ機会が増え、少し落ち着きました。

 しかし、こちらに何年かは住む以上、英語の環境になるべく早く入れてあげないと本人が後から苦労することになりますし、期間限定で来ているのですから、あまり得策ではありません。それでプリスクールの情報をあちらこちらから集め、インターネットで検索して電話をしてみましたが、3歳児はことごとく空きがありません。聞くところによると良いスクールでは、生まれてすぐに申し込みをしないと入れないのだとか。

 ところが昨年10月、一度断られたところに間違えて電話をしてみたところ、12月からクラスを新設するのだそうですぐに見学に行きました。家から車で10分ぐらいなところで雰囲気もいいし、どこも入れてくれるところがなかったので、一通りの説明を聞いて、すぐに入学の手続きをいたしました。キリスト教の教会と隣接した、おそらく教会が運営するスクールです。昨年のクリスマス前まで家内と娘は日本に一時帰国していたので、入学は1月からにしたのでした。1月2日が娘にとって初スクール。ちゃんと慣れてくれるだろうか……。

 娘はスクールに通うのは初めてではありません。このように海外に赴任するかもしれないと思っていた私たち夫婦は、娘が1歳半になったとき実は日本にいながら英語で保育をするスクールに入れたことがあったのです。しかしそのときはまだ年齢が幼かったこと、学校側があまり丁寧に日誌を書いてくれなかったり、様子を聞いても受け答えを簡単にすまされたこと、こちらの根性が座っていなかった(どうしても今、ここで入れなければ、という気持ちではなかった)ことなどもあり、1か月ほどで止めてしまった苦い経験があるのです。

 その後、こちらへ引っ越しをする際、子供がいると作業が捗らないので、日本語でのデイケアーに午前中2時間通っていたことがあり、前述したように日本語のデイケアーにこちらでも通っていたので、親と離れることへの不安はそれほどなかったのです。(続く)

-TA

| | コメント (2)

家族で神想観

 いつかできたらいいなぁと思っていたこと。それは家族で丸くなって神想観をすることです。娘は妻の膝の上に座ってやっていたので、丸くなってできたわけではないのですがここ1週間ほど、3人で夜の神想観をしました。3歳の娘も手を合わせて、私が唱える招神歌、念じる言葉、世界平和の祈り、大調和の歌を一緒に唱え、短い時間ですが一緒に実修しています。私の中ではこれはとても嬉しいことです。年齢が年齢ですから、そういう日ばかりではないでしょうけど、出来る日は是非、やっていきたいと思います。

 まだスクールに通い始めたばかりですから、英語を話すことはできませんが、毎日子供向け番組を飽きずに見ていますので、英語を聞く耳はかなりいいものが身につくと思います。妻としきりに「いいなぁ」とうらやんでいます。

-TA

| | コメント (2)

瞬く間に正月は過ぎ。。。

 年が明けて10日が経つのですが、毎日生活するの精一杯で気づいたら瞬く間に10日が過ぎていた、というのが実感です。年末の31日にも教会でやることがあったし、元旦は神想観、聖経読誦の先導(英語)があり、式典での講話(日英両語)あり、2日から娘のプリスクールが始まり先生に色々説明したり、話を聞いたり、3日から通常業務ということで、お正月は信徒さんから頂いたお餅をありがたく頂いたぐらいであっという間に過ぎてしまいました。

 以前、青年会のお仕事をしていたとき、30日まで出勤して、1日に式典に出席し、3日の早朝から出張という生活を何年かしていましたので、何となくそのときのことを思い出した感じです。

 妻と一緒に11月半ばから1ヶ月ほど帰国していた娘は、飛行機を見るたびに、「ママとこの飛行機に乗ったんだよ。今度はパパも一緒に乗ろうね」と言います。そういう娘の言葉を聞き、来たばかりの頃は飛行機を見るたびにこの飛行機に乗れたら…と思っていたことを思い出しました。過去形ですから、今は全然思わないのですけど。

 アメリカの人たちの良い点と思うのは、細かいことをぐちゃぐちゃ気にしないこと、です。ここに長く住んでいる日本人の方も似たような発想をされます。はじめの頃はそういう考え方を、いい加減、と思ってしまったことがありましたが、今はとても救われる気になります。思ったことをそのまま表現することも最初の頃はあまりにストレートすぎて引いていましたが、今はハッキリ言わない人がいると水くさいなぁと思うので、自分ながら面白いと思います。

 家族ともどもここの環境にだいぶなじんできました。妻も近々ブログを始めるのだそうです。
 とりとめのない話で失礼しました。

-TA

  

| | コメント (7)

国際練成会

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

 月並みですが今年1年、今与えられていることを一つ一つ、誠心こめて取り組んでいきたいと思います。ありがとうございます。

 なお、2月22日から24日まで、生長の家ハワイの実相センターで「第44回国際練成会」が開催されます。

 私も2000年2月にハワイでの国際練成会に参加して、国や言葉が違っても、谷口雅春先生の説かれた生長の家の教えにより多くの人が感動していることに感動を覚え、現在行われている国際平和信仰運動の役に立てれば、と思ったのがきっかけで、このような立場にたどり着きました。

 海外の行事に興味のある方、お時間が取れる方、一度いらしてみてはいかがでしょうか?

-TA

| | コメント (2)

ご挨拶

 今年もあと僅かとなりました。ハワイは日本よりも時計の針が19時間遅れて進むため、まだ年末の朝です。

 今年は大きな変化の年でした。当初は「地に足が着かない」とはこのことか、と思われるような精神的、物理的な困難に直面しましたが、周囲の皆さんの温かい励ましやサポートをいただきながら、少しずつ適応しているところです。

 そんなとき大きな助けになったのが今年のはじめから付け始めた『日時計日記』でした。言葉が通じなかったり、分からないことが多かったり、判断に困ったりしているとき、嬉しいこと、有り難いこと、賛嘆すべきことを見つけ、願いや希望を書いていると、知らず知らずのうちに解決していったことの連続でした。

 日本語グループの方だけではなく、英語グループの方にも書き方を説明したところ買って下さった方がいましたので、2008年は『日時計日記』を皆さんと一緒につけて、「日時計主義」の生活を一層推し進めていきたいと思います。

 2008年もどうぞよろしくお願いいたします。

-TA

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »