« 明日から第44回ISTS | トップページ | 「第44回国際練成会」終わる(2) »

「第44回国際練成会」終わる

 美しい自然、きれいな空気、輝く太陽、めぐみの慈雨、喜びの渦、感動の涙、真摯な祈り、光り輝く真理の言葉――生長の家ハワイの実相センターで行われた「第44回国際練成会」を形容しようとしたら、このような言葉が思い浮かんできました。参加者は講師やスタッフを含めておよそ55名。

 講師には勅使川原淑子・本部講師(アメリカ合衆国教化総長)をはじめ、ブルースマレリー・本部講師(NY教区教化部長)、岩谷レスリー・本部講師(ハワイ教区)と私(本部講師、ハワイ教区教化部長代行)の4人が担当しました。

 ホスト教区としては準備することが沢山ありましたが、幹事長をはじめ献身的なメンバーの皆様のおかげで、つつがなく終えることができました。

 参加者の多くはハワイからの参加者でしたが、ニューヨーク、ニュージャージー、カリフォルニア、シカゴ、カナダ、そして日本からも参加者がありました。ちなみに日本からの参加者は家内の父です。中にはネパール出身でヒンズー教徒の方、クリスチャンのシスターまた、今回はハワイ教区で日頃は日本語のグループに属している達にもぜひ参加して欲しいと思い、呼びかけたところ3人が参加され、とてもエンジョイし、大いに刺激を受け、広い視野に立って活動をしていきたい、と決意を述べてくれました。

 練成会は、明るく、エネルギーがみなぎり、喜びと笑いの声があちらこちらで響いていました。

 私自身は、2講話と「実相円満誦行」の説明と実修、笑いの力についての説明と笑いの練習を、各30分ずつを担当。演壇に立つと、日頃ハワイでの行事の雰囲気とはだいぶ違ったものを感じました。どちらが良いとか悪いとかいうことはありませんが、様々な地域に住んでいる人、様々なバックグラウンドを持った人が集まると、何と表現すれば良いのでしょうか、豊かさな感じと大きなエネルギー、そしていのちの沸き立ちを感じました。

 私自身が感動したのは、勅使川原教化総長が閉会の挨拶を除いてすべての講話を英語で話されたことです。以前は通訳付きだったそうですが、最近は日程が短縮されたため、英語で話されるようになったとのことです。大変ご多用な中で、教化総長の、アメリカの人々にみ教えを伝えたいとの強い熱意がひしひしと伝わってまいりました。

 また、ブルースマレリー本部講師が先導した「行」にも大変感動しました。早朝神想観の先導、キャンドルサービス、祈り合いの神想観。牧師の家にお生まれになり、根っからの宗教者の雰囲気をお持ちの同講師の祈りの言葉は、英語の持つ、言葉の響き、とりわけ真理の言葉の響きの美しさを心から感じ、感動しました。(続く)

-TA

|

« 明日から第44回ISTS | トップページ | 「第44回国際練成会」終わる(2) »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日から第44回ISTS | トップページ | 「第44回国際練成会」終わる(2) »