« 電脳紙芝居 | トップページ | 温暖化ガスに課金 »

“グリーンカラー”

 最近新聞で、“green collar”(グリーンカラー)という言葉をよく目にします。事務職のことを「white collar(ホワイトカラー)」と言いますが、それから連想して、環境関連の仕事につく人のことを“green colllar”と呼ぶのだと思います。

 と言いましてもこれは私が知らなかっただけで、「yahoo.com」で検索したら300万件以上もヒットしました。ずいぶん定着している言葉なのですね。

 インターネットのフリー百科事典、「Wikpedia」の英語版にはちゃんと説明がのっていて、「A green-collar worker is a worker who is employed in the environmental sectors of the economy, or in the agricultural sector.」(グリーンカラーは、経済活動の環境部門に属するか農業に従事する就業者」とあります。“”で括って使われる場合は、主に環境関連の仕事を指すのではないかと思います。

“green collar”がドンドン増えることで景気が良くなり、環境保全と経済活動が両立する社会が実現すると良いと思います。

-TA

|

« 電脳紙芝居 | トップページ | 温暖化ガスに課金 »

地球環境問題に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電脳紙芝居 | トップページ | 温暖化ガスに課金 »