« 幸せの指標 | トップページ | 見出しの魅力 »

ブログと「日時計主義」

 ウェブ世界のオピニオンリーダーの1人、梅田望夫さんのブログ(My Life Between Silicon Valley and Japan)にこんな言葉が紹介されていました。

  最高の倫理観をもって、物事に対してオープンで正直であれ。
  そして隠し事をしてはいけない。

 この言葉は、アップル共同創業者、スティーブ・ウォズニアックが「起業しようとしている天才的技術者に対して、どんなアドバイスをしますか」という問いに対して答えたものだそうです。

 梅田氏の本は、生長の家副総裁・谷口雅宣先生が生長の家の大会で紹介されてから読むようになりましたが、同氏のウェブに対する愛情、そして「人間」に対する愛情に惹かれることが時々あります。

419q5pzghbl__ss500__2
 先日ロスに出張した際、本屋さんで売っていたので買ってみた『ウェブ時代をゆく』には、次のように書かれています。これはネットという技術の持つ性格を5つ上げているうちの一つです。

 ネットが人々の「善」なるもの、人々の小さな努力を集積する可能性を秘めた技術であること。

 これはネットの光明面を端的に言い当てた箴言だと思うのです。また、ボランティアによって編集、運営がされているフリー百科事典「ウィキペディア」の内容は、百科事典の老舗、「ブリタニカ」の記事と比較して専門家が鑑定しても全く劣らない、ということも紹介されていて、1人1人の隠された力が良い方向に働けば、社会全体も良い方向に進んでいくという、期待を抱かせてくれます。

 私がブログを書くようになったのは信仰上の師である谷口雅宣先生による影響が一番大きいですが、梅田氏にもよるところが大きいです。梅田氏によると、「ブログと褒める思考法」は共通している、というのです。

『もともとブログとは、ウェブログ(ウェブの記録)を語源としており、「ネット上で面白かったサイトにリンクを張りつつ感想を書く」ことをルーツに発展してきた』(同書、137頁)のであり、人や本やニュースなどの情報の中からこれは面白い、と思ったことをお互いに紹介し合う、つまりこれは紹介する価値のあるよいニュースあるいは情報だ、と直感してそれを表現することで成立したのがブログだ、というのです。

 同氏は日本人が褒めるのが下手であり、「つまらないことで人の揚げ足を取ったり粗探しばかりしている人を見ると、よくそんな暇があるなと思う。もっと褒めろよ、心の中でいいなと思ったら口に出せよと思うことも多い」(同書、137~138頁)のに対し、アメリカの小学校では誰かの作文にネガティブなコメントが寄せられた場合、「建設的な言い方に直せ」と指導されることなどが紹介されています。

 つまり、ブログの原則は、人を批判することでは決してなく、人の紹介しているものや色々な情報の中から自分の感性とあったもの、賛嘆すべきものを選び出して、それを紹介することが基本なのだ、というのです。つまり、ブログの原則は「日時計主義」の実践ということになるのではないでしょうか?

 褒めるといえば、わが家の子供が通っているプリスクールの先生もとっても褒め上手です。「今日はね、マナミが"Go shishi"(トイレ)と言ったのよ!」と小さなことでも、身振り手振り、そして大きな声と特別な笑顔で教えてくれます。アメリカ人のそういう良いところをもっと見習おうと思います。

-TA

|

« 幸せの指標 | トップページ | 見出しの魅力 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

TAさん;

お元気そうで何よりです。

>ブログの原則は「日時計主義」の実践ということになるのではないでしょうか?

まったく同感。太田ドウカン。

投稿: ハイエコポン | 2008/04/06 19:15

ハイ・エコ・ポンさん

 コメント、ありがとうございました。

 元気になるように、自分を励ますために、『日時計日記』のように書いています。

>> 太田ドウカン。

 ???です。Generation Gapかなぁ?

-TA

投稿: TA | 2008/04/07 01:29

TAさん;

失礼しました。おやじギャグです。
「太田ドウカン」は、江戸城を築城した武将として有名な太田道灌(おおたどうかん)のことです。
「同感、同感、太田ドウカン}などと使います。多分、若い子には引かれると思いますので、使用には十分ご注意を。(笑)

投稿: ハイエコポン | 2008/04/07 18:31

ハイ・エコ・ポンさん

>> 使用には十分ご注意を。(笑) <<

 そういう高度な“ギャグ”を使うほど修行が足りておりませんので使うことはありません。ご安心を。(笑)

投稿: TA | 2008/04/08 04:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幸せの指標 | トップページ | 見出しの魅力 »