« 裾野を広げること | トップページ | 裾野を広げること(2) »

古池や……

『理想世界』7月号(日本教文社刊)にのっていた、作家の呉善花さんの「古池や……から広がる不思議な世界」、とてもためになりました。

 その中で松尾芭蕉の有名な一句、「古池や 蛙飛びこむ 水の音」の英訳が3つほど紹介されていました。

 Old Pond ― Frogs jump in ― sound of water.   
 小泉八雲 訳

 The ancient Pond ― / A frog jumps in / The sound of water
 ドナルド・キーン 訳

 An old quiet pond, / A frog jumps into the pond / Splash!
 Silence again.

 カエルが1匹なのか2匹なのか、日本語では問題になりませんが、英語は明確にしないといけません。しかし、「古池や……」の句を聞いて(見て)、何匹ものカエルが一斉に飛び込む姿を想像する日本人はあまりいないと思います。「現在は単数で訳すのが一般的である」(同誌、p32)のも頷けます。そして善花さんは3つ目の訳に関して、次のようにコメントしておられます。

  ~~~~~~~~(引用始め)~~~~~~
 日本語原文には、「静かな(quiet)」も「[パシャンと]水がはねる(Splash!)」も「再びの静寂(Silence again)」も見えていない。いずれも、日本人の心性では「言うまでもない」ことで、「あえて言わないこと」で示されている。それらを訳文に入れるのはよくないという意見もあるかと思う。それでも、予備知識なしに西洋人がそのまま味わうには、こういうやり方はよいのではないかと思う。
  ~~~~~~~~(引用終り)~~~~~~

 善花さんがおっしゃっていること、よく分かります。日本人だったら説明しなくても良いこと、説明するとうるさく聞こえてしまうことでも、詳しく説明しないと伝わらないんだぁ~と思うことがしばしばあるからです。しかし、その説明する部分が何かが、なかなか分からなかったのですが、今少しずつ理解しかけてきました。
 
 ところで、上の訳文の1つ目だったらいくつものカエルが、ピョンピョンジャンプして池に飛び込む姿を思い浮かべるかもしれません。文に説明を入れると、原文のニュアンスがかえって損ねることもありますが、この3つ目の入れ方は、表現が簡潔で、上手に日本人の感性を表現してくれていると思います。とくに、最後の「Silence again」に気がつき、入れた方、すごいと思います。最後に静寂がこないと、この場面は完成しないと思うのです。

 日本語と英語と両方の世界に今住んでいて、少しずつ“英語の世界”に住んでいる人たちの感覚が分かりかけてきたところにいますが、言葉や文化は奥が深いなぁと思います。

-TA

にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ


|

« 裾野を広げること | トップページ | 裾野を広げること(2) »

異文化コミュニケーションに関すること」カテゴリの記事

コメント

私もこの記事では、そういうことか~!と発見した気持ちになりました。

TAさんが、日々感じていらっしゃる驚きを垣間見た気持ちがしましたし、

・・・何匹ものかえるが、池に飛び込む姿を想像して・・・・ぷっ、っと吹き出してしまいました sign03

投稿: うっち~まま | 2008/06/30 17:47

 うっち~さんは語学のセンスをお持ちなんだと思います。いつもこういう話題に敏感に反応されますものね。

 子育て、そして心理学、その他、今おやりになっていることが一段落したら(もちろん一段落される前でも良いでしょうが)、英語の世界に突入されるのも一つの手、かもしれません。はまってしまっても知りませぬ。。。

-TA


投稿: TA | 2008/07/01 06:51

hello~です。(英語力はディスイズザペンの私)
お元気にご活躍のご様子、すばらしい〜
え?私?
私は小次郎の妻です。
そうなんです、この蛙の話!私も興味深く読みました。
で小学生の我が子にテストしてみました。
「蛙何匹だと思う?」
「一匹なんじゃないの〜」
そっか。
駅前3分のコンクリートジャングルに住む我が子ですが、日本人の感性はなんとかキープ?
でもやっぱり自然に触れる機会を増やしてあげないといけないですね。
最近はゲームを卒業し毎日公園で虫取りなどして、「よしなかなかいいよ〜」という放課後をすごしてます。
夏休みも“昭和の子”を目標に(?)沢山遊んでほしいです〜日本人としての感性を磨いてほしいな。
では〜

投稿: りんご | 2008/07/15 11:40

りんごさん、

 はじめまして。書き込み、ありがとうございました。ええと、どちら様でしたでしょうか? というのは冗談で、大変ユーモアのある方であることをよく知っています。

 放課後は子供さんと虫取りですか。。。いいお母さんをされているご様子、微笑ましく拝見しました。「日本の夏」というか、蚊取り線香の香りがしてきました……。

 私は明日からNYにリーダーのための練成会に出張です。都会の中の都会のNYですが、練成会が行われるところはリスや鹿が出てきそうな、自然満喫の中で行われます。

-TA

投稿: TA | 2008/07/16 04:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 裾野を広げること | トップページ | 裾野を広げること(2) »