« 今、NYにいまーす | トップページ | ロウソクの火で勉強 »

人生を考える

 昨日無事にNYからハワイに戻ってきました。講師の1人としてはもちろん、参加者としても初めて参加したInternational Spiritual Training Semiar(ILTS, リーダーのための練成会)は新鮮で、講話はもちろん参加者からも多くの事を学ぶことができ、大変有り難い機会を与えていただきました。

 それにしても朝6時にホテルを出てラガーディア空港に出発して、カネオヘの自宅に帰ってきたのはNY時間の午前3時。ハワイの時間では午後9時ですのでそれほど遅くないのですが、とにかく眠たくて眠たくて。。。

 行きの飛行機の中では、普段読めないからとひたすら本を読んでいました。一晩を超えるフライトでしたが、時間の関係でほとんど眠られなかったのでこれ幸いとばかり、日頃の鬱憤をはらすように持参した本を次々に読んで爽快でした。

 帰りのフライトでは、ほぼ半分の時間は寝て過ごしましたが、日頃、ゆっくり考え事をする時間がなかったせいか、色々なことが頭に浮かんできて、人生そのものを考える機会になりました。

 もちろん今与えていただいてる仕事は、とてもやりがいのある、それはそれは大切な貴重な仕事であることはよく理解していますし、だれもが経験できることではないことも十分理解しています。そのことに対する感謝は微塵も揺らぎません。が、家族がどういう思いをして暮らしているのかについて、これまで聞いているようでいて、深く認識に入っていなかったことが最近分かってきました。

 あまりに余裕のない生活は、自身にとってもよくありませんが、家族にも周囲にも迷惑をかけ、それは神のみ心に叶わないと思うのです。生活全般について、とりわけ心の比重の置き方についていろいろ考えを巡らしておりましたら、懐かしい(と言ってもまだ5日しか経っていない)ホノルル空港に到着。プルメリアの香りに誘われながら手荷物を受け取り、お馴染みになった道を通って、帰宅しました。

 帰れば家族の笑顔に迎えられ、お茶漬けを軽く一杯。もう1年も会わなかったのでは、と思うほどの歓迎を娘から受け、家族の有り難さを身にしみて床に就きました。

-TA

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

|

« 今、NYにいまーす | トップページ | ロウソクの火で勉強 »

信仰に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今、NYにいまーす | トップページ | ロウソクの火で勉強 »