« このブログ、3年目に入ります(1) | トップページ | 野茂投手の引退 »

このブログ、3年目に入ります(2)

 2つ目は、新聞の記事を口に出して読むというものです。もちろん内容を理解しながら、分かりやすく、人に聞かせるつもりで読みます。私の場合、日本で起きている出来事を知るために、日本のことが書かれている英語の記事を読んでいます。サミットが迫ってくるとサミットのことを集中的に読み、日頃は地球温暖化に関することなど、興味を持っていることを中心に読んでいます。

 これは、本サイトでも時々ご紹介する、外資系PR会社社長で、NHKのビジネス英語の講師を長年しておられる杉田敏先生からのアドバイスをアレンジしたものです。先日も、杉田先生のサイトの掲示板(http://www.ethospathoslogos.com/bbs/wforum.cgi)に、現地の人の言っていることが聞き取れないことがあるが、どうしたらいいですか、と質問を書いたところ、私にとっては意外なお答えが変えてきました。それは、自分自身の発音に気をつけて、姿勢を正して、そして腹筋を鍛えて腹の底から発声する練習を、とおっしゃるのです。

 人の話を聞くのにどうして自分の発声に気をつけるのだろう、と思ったりしましたが、正しい発音を知らなければ正しく発音されているものが認識できないのは確かにその通りだと思います。それでこれも、毎日少しずつ、しっかりとした姿勢で、ハッキリと丁寧に発音するように心がけるようにしています。

 あとは、出来る限り英語の本を読むことを心がけていますが、気持ちはあっても現実の生活の時間配分の中ではなかなか捗らないのが現状です。英語力を伸ばすことにもっと時間を使えれば良いのですが、日頃の生活の中ではそれはままなりませんから、何を優先にしてするかが大切になってくると思います。

 先にご紹介をした方法を採り始めて2か月ぐらい経っていたでしょうか、先日参加したNYのセミナーでは確かに聞き取れる割合が以前に比べてかなり進歩したことを感じて、自分なりにちょっとした感動を味わいました。この2ヶ月間、実を言うと、そんなに英語の放送を聞いたり、とりたててリスニングの練習をしたわけではないのです。興味のある表現を覚えたり、自分の発音に注意を払って音読する練習を取り入れたら、リスニングが以前に比べて伸びた(ような気がする)、というのはちょっと考えると不思議に思えますが、事実です。

 このような貴重なアドバイスをその道の専門家から無料で頂くことができるのは、ネットならではの恩典だと思います。本当に有り難いことです。そのほか、英語学習の仲間同士の励ましや意見交換なども、ときに孤独になりがちな生活においてはオアシスのような潤いをいただいています。

-TA

にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

|

« このブログ、3年目に入ります(1) | トップページ | 野茂投手の引退 »

英語学習に関すること」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

ひょんなコトから、英語版のblog 記事を英検がらみで拝見しまして、関心を持って拝見させていただいておりました。

ここでおっしゃっている、聞き取りたかったら自分の発音を矯正しようというご主旨、とてもよくわかります。
わたしは帰国子女ではあるので、昔から自分の発音に注意しておりました。かすかに残る記憶に頼って、口の中の動きを意識してきたという感じです。
でも、8歳から11歳での滞在期間に過ぎなかったせいか、自分が引っ込み思案だったせいか、およそ現地滞在による語学的な恩恵はほとんど受けていない気がしていました。
しかし、わたしの場合は、聞き取れる内容も読み取れる内容もさほど大差がないように感じます。つまり、TOEIC などの試験でも、聞き取った内容から自信を持って解答できないとき、スクリプトを見てもほぼ変わらず自信がなかったりします。これは、論理的に断定できないのではないかという不安があるときのケースですね。
だけど、他人に同種の助言を求められたとき、わたしもこのようにアドバイスしてきていたので、今回の記事にはとても励まされる思いがしました。
どうもありがとうございます。

投稿: monakamonnie | 2009/01/15 10:35

monakamonnieさん、

 はじめまして! 書き込みくださいまして、誠にありがとうございました。そうやっておっしゃっていただいたら、私もとても嬉しいです。小さい頃、3年間海外に住んでいらっしゃったら、やはりご自身が気付かないところで恩恵をうけていらっしゃったのだと思います。私の4歳の娘は、現地のプリスクールに通って丸一年が経ちましたが、ネイティブのような発音をしていて、うらやましいなぁと思います。

 実はこの2ヶ月間、色々なことがあって「発音の練習」をしないでいたら、話す力も聞く力も目に見えて落ちてしまいました。やっぱり私のように30過ぎてから“外付け”された語学能力では、そういう点で厳しいものがあることを実感しています。

 ところで英語版のブログって、私の英語のブログをご存知ということでしょうか? 現在は私がミニスターをしているチャーチの信徒さんに読んでいただくための記事しか書いていないので、ほとんど日本に住んでいる方には宣伝したことがないのですけど、それがご縁でこうしてお話ができるのも、不思議な気がします。

 もし差し支えなかったら、どちらにお住まいだったかとか、どういう点で苦労されたとか、そしてそれを克服されたとか、教えていただけませんでしょうか? 私たち家族は(娘を除く)、まだ苦労している最中だものですから。

-TA

投稿: TA | 2009/01/15 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« このブログ、3年目に入ります(1) | トップページ | 野茂投手の引退 »