« 幼な子の信念について | トップページ | サンノゼ1日目 »

尊重される本人の意志

 今朝、日本語のラジオ放送を聞いていたら、ハワイ大学の外科医の先生がガンの告知について話しておられました。

 日本でも最近はガンの患者さんに告知するケースがほとんどですが、中にはお年を召した患者さんのご家族が「言わないで欲しい」という場合もあるようです。が、ここアメリカ(あるいはハワイもしれません)では、本人に告げることは医者の義務なのだそうです。

 では日本人の患者さんで、家族からどうしても告げないで欲しいと懇願された場合どうするか――と言うと、病院内の倫理委員会に諮り、許可を得れば良いのだそうです。ところが事情は複雑なのだそうで、もし患者さんが英語が分かる人の場合、医者はもちろん身の回りのお世話をする看護師さんを含めたその患者さんと関わる医療関係者に、本人にガンのことを告知しない、ということを徹底しなければなりません。

 しかしそもそも倫理委員会で許可を得るためには、本人の同意が必要、というのです。つまりご家族がどんなに懇願してもダメ、本人が「私はガンの告知をされたくない」と文書でサインをしてあることが必要、とのこと。まぁ現実問題としては、とても可能性の低いことだと思います。

 それにしても本人の意志がこれほど尊重するとは……。逆に言えば、意志を持っていないとその人は尊重されない、とも言えるかも知れません。

 確かに日常生活の中で意思表明が重んじられているなぁと思うことに出くわすことはよくあります。私が面白いと思うのは、Subway(サブウェイ)のサンドイッチ。日本にもあるこのサンドイッチ屋さん、私は日本のお店に行ったことがないので知りませんでしたが知り合いの方によると、日本ではパンの中に挟むものがいくつか決まったセットがあって、ABCDEとかいくつかの中から選べば良いのですが、こちらはパンの種類、パンの大きさ、中に入れるもの、ドレッシング、何から何まで全部自分で選びます。好みがうるさい人は良いでしょうけど、いちいち「どれにするの?」と聞かれるとちょっと面倒くさい気もします。

 私は日本では意志がハッキリしている方かもしれませんが、こちらでは大人しい羊のような存在です。周りの人はそうは思っていないかもしれませんけど……。

-TA

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

|

« 幼な子の信念について | トップページ | サンノゼ1日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですか~
選択肢程度でなれている日本人が、
「適当に・・・」などと言ったら「なんて奴だ!」・・・と呆れられそうですね。
でも、意志をもち、かつ、表現してもらえるとありがたいなあ、このごろ思うことが多いです。絶対そうしろ!といわれると難しいけれど、相手がどうしたいのか、解りにくいと、どうしてあげたらよいのかも、よくわらないですものね。
旦那様でも、運動でも・・・・!


>私は日本では意志がハッキリしている方かもしれませんが、こちらでは大人しい羊のような存在です。

スミマセン!爆笑していまいました。

見てみたいです。羊のようなTAさん・・・・・(*≧m≦*)

投稿: うっち~まま | 2008/09/26 09:12

Dear Ucchi-san,

Thank you for your comment.

>> 選択肢程度でなれている日本人が、「適当に・・・」などと言ったら「なんて奴だ!」・・・と呆れられそうですね。<<

 そういう場合もありますが、必ずしもそうとは限りません。私は美容院で髪の毛を切ってもらっていますが、「全体として短めに。後はあなたが良いと思うようにやってください。あなたを信頼してお任せします」と言います。だって、髪の毛を切られていると眠たくなってくるし、小さな声で、ここをどうするとか聞かれても聞き取れないこともあるし、どっちでも良いことが多いので、「好きなようにカットしていいです。あなたを信頼しているから」というと笑いながらやってくれます。そうはいいながら、鏡を見せられたとき、ここをもう少し、とか注文をつけていますけど……。

>> 相手がどうしたいのか、解りにくいと、どうしてあげたらよいのかも、よくわらないですものね。旦那様でも、運動でも・・・・! <<

 ははは。そのご様子、目に浮かびます。が、あまりにもストレートに表現される場面に多々出くわすと、そういう表現が奥手な人が懐かしく思えたりもします。

>> 見てみたいです。羊のようなTAさん・・・・・(*≧m≦*) <<

 それではどうぞ見にいらしてください。少々、飛行機代が以前と比べると高くなりましたが、見るのは無料です。(笑)

-TA

投稿: TA | 2008/09/26 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幼な子の信念について | トップページ | サンノゼ1日目 »