« オバマ大統領の就任式 | トップページ | 表現することの喜び »

ふと思うこと

 最近よく思うことは、人生においては毎日毎日、判断したり、決断したりすべきことがなんと沢山あるのだろう、ということです。そして、その判断の多くは、ふと思ったことによってされていることが多い、だから日頃からの思いや行いを正しい方向に向けることが大切である、と教えられているのは実に本当だと実感しています。気持ちがポジティブで、自分の中の“スイッチ”がオンになっている状態のときは、次々に判断していって、それが結構当たるし、前に進めるのですが、そうでないときにはその逆の現象が起こってしまいます。

 かつて私がふと、気がついたことで、とても貴重な体験をしたことがあります。それは私が大学生で愛知県に住んでいたとき、教化部の事務局長からあることを頼まれました。それは、谷口清超先生が三重県の講習会でご指導になった後、名古屋駅で新幹線に乗り換えられるのですが、乗り換え時間が少々あるため、先生がホームでお座りいただけるようにホームにある席を確保しておくことでした。

 どんな形であっても先生のお役に立てるのは望外の喜びでしたから、喜び勇んで出かけようとしたそのとき、どうしても先生の新刊書を持って行きたくなったのです。もう靴も履いて、玄関の鍵を閉めようとしたときでしたから、もう一度部屋に戻って新刊書がすぐ見つからなかったらどうしよう、などとも考えましたが、どうしても持って行きたかったので、部屋に戻って探したら、すぐに見つかって出かけました。

 ホームで先生と三重と愛知教区の幹部の方々が来られるまでの間、購入したばかりの『自己完成のために』を読んでいたら、先生と幹部の方々が来られました。無事に先生にお座りいただいて良かったと思ったそのとき、「先生にサインを頂きたい」という衝動に駆られたのです。幹部の方も沢山おられるし、どうしようかとも思いましたが、若気の至りというものでしょう、つかつかと先生の前に進み出て、「サインを頂けませんでしょうか?」と申し上げたのです。

 海外の信徒の方は副総裁先生がご巡錫になると遠慮無くサインを求めて、先生もそれに気さくに応じられるのが普通の光景なのですが、20年前の日本ではまだまだ目立った行為だと思います。

 先生は私の目をご覧になって、少し離れた所にいた秘書にカバンから万年筆を出すように言われ、「何て書くの?」とご下問になりました。私はお名前を書いていただけばそれで十分だと思っていたので、このようなご質問を頂くことは想定していなくて、一瞬たじろぎましたが、「『神は愛なり』とお願いします」と申し上げたら、「神は愛である 谷口清超」とお書きくださいました。

 サインを頂いて周りを見渡すと、皆、満面の笑顔で「良かったね~」という顔をしておられました。

 それから「神は愛である」という言葉を折に触れて考えるようになりました。日常の生活の中では、現象の悲惨な姿、残酷な光景がこれでもか、これでもかと画面や紙面を通して押し寄せてくるし(これもふと選ぶニュースにもよりますが)、「神は愛である」ということと、なぜ愛である神様がこのような悲惨な状態を放っておいたのか、という思いの狭間で悩んだ時期がありました。

-TA

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

|

« オバマ大統領の就任式 | トップページ | 表現することの喜び »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

すてきなお話!shine
私いまだに時に若気の至りというものをさせて頂いております。ふふふbleah

投稿: GEN | 2009/02/02 12:31

Gen-san,

 その席取りに私と一緒に行った女子大生がいるのですが、彼女が私がサインを頂いた後に、自分が持っていた書籍を出して先生にサインをいただけませんでしょうか、と申し上げたのですが、先生はされませんでした。

 その様子を終始見ていた岡田教化部長(当時)は、その後の講話でよくこの話を取り上げられ、なぜ先生が私にはサインをして、一緒にいた女子大生にはしなかったかについてご自身の見解を述べておられました。

 Genさんはどう思われますか? そして同教化部長の見解は何だっと思われますでしょうか?

-TA


投稿: TA | 2009/02/02 17:33

えええええ、なんだろうー?
タイミング?差し出した書籍の著者がご本人でなかった?
えええええええ、知りたいー

投稿: GEN | 2009/02/03 00:31

 私も、出した書籍が先生の著作ではなかった、というのが理由だと思うのですが、それを聞いても、同教化部長は、「いや、どんなことでも、誰も気付かないことをするから尊いのだ。図々しいように見えても彼は誰もがやらないことをした。だからサインをしてくださったのだ」とおっしゃっていました。

-TA


投稿: TA | 2009/02/03 05:54

おおおおおお、すごおおおおおい。!!(゚ロ゚屮)屮私も誰もやらないことやろ~っと。
昨日は地元青年会で講習会推進拡大誌友会があり、良本長老先生より親しくご指導いただいてしまいました。cat とてもありがたかったです。質疑応答で、私自身興味があって聞いてみたかったので、生長の家の青年へ期待することをお聞きしました。永遠の青年の先生は、『御教えに対する純粋な信仰』とおっしゃいました。
私も期待に応えられるよう純粋な信仰をもってやっていこうとあらためて姿勢を正しました。weep

投稿: GEN | 2009/02/03 12:27

Sounds great!

-TA

投稿: TA | 2009/02/03 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オバマ大統領の就任式 | トップページ | 表現することの喜び »