« 見えざる同志 | トップページ | “胎話”の成果 »

ハワイ島コナでの週末

 この週末(21-22日)は、ハワイ島コナに伺い、生長の家の仲間と勉強会、そしてサンデーサービスをご一緒させていただきました。今回の離島への旅には妻と娘もはじめて同行し、同島のメンバーの皆さんと一緒にみ教えを学び、実践する喜びを味わうことができました。ハワイにはオアフ島のほか、コナ、ヒロ、マウイ、カウアイの4つの島に生長の家の法人があり、ハワイ島にはコナとヒロがあります。

 ハワイ島はハワイで一番大きい島で、「ビッグアイランド」と呼ばれています。統計によると面積は日本の四国の半分ほど。この島は火山活動が活発で、車で走っていると道路の脇が溶岩で埋まっているのが見えます。また島の中央部には4000メートル級の山が2つあり、今の季節は積雪も見られます。日本との直行便もあり、日本人が割合多いのか、空港では日本語のアナウンスも聞かれて、驚きました。生長の家コナの責任者のゴードン・オギ氏によると、海洋深層水がこの島の沖で取れるのだそうで、そのほとんどは日本に輸出されているとのことです。

 ゴードン氏は、土曜日の勉強会、サンデーサービスへの推進や準備、そして私たち家族の滞在中の世話を一手に引き受けてくださり、沢山の仲間とみ教えを学ぶ機会を作ってくださり、また家族も交流の場を持てましたこと、心から感謝申し上げます。おかげさまで土曜日は約15名ほど、日曜日は20名近い方が集まってくださいました。

 私は土曜日と日曜日にそれぞれ約45分ずつ英語で講話を担当し、未曾有の経済危機において雇用を失うなど影響を受けている方がいるとのことをお聞きしておりましたので、『生命の實相』第8巻における「繁栄の原理」を紹介するとともにその実践事例を、また最近谷口雅宣先生が説いてくださっている「日時計主義」の生き方をやや詳しく説明させていただくなどしました。また、昨年亡くなられた谷口清超先生のご功績や、先生のご講話の一部をテープで拝聴するなど(英語訳をプロジェクターで投影)、谷口清超先生への感謝を捧げる時間も持たせていただきました。

 コナのセンターにはゴードン氏の息子さん(10歳と8歳)をはじめ、娘からすると“お兄さん”“お姉さん”が何人か参加していて、一緒に過ごしてくれたので、家内はこちらに来てから初めて、じっくり会に参加することが出来たようで、とても喜んでおりました。また、現地の方々と英語でコミュニケーションを試みて、交流を深めていました。

 いくつか写真を、そして最後に動画もご覧に入れます:

Kona_01_2

コナのセンターから眺めた海。今回は見られませんでしたが
ここから眺めるサンセットは絶景です。

Kona_02_2

 サンデーサービスに集まってくださった皆さんと

Kona_3

 コナセンターの裏にあるコーヒー園。秋には収穫されます

Kona_04_2

 娘を喜ばせようと、オギさんがヒルトンホテルの中を案内
してくれました。小さなボートやモノレールが走っていて、
ちょっとしたアミューズメントパークのようです。写真はコナ
の功労者で、海外二重光輪賞受賞者のアキノリ・イマイさ
んと。イマイさんの笑顔がとってもステキです

Kona_5_2

 イルカです

 鳥の鳴き声に癒やされます。朝6時半頃に撮影。
およそのイメージとして、日本で言うと1500メートルの
高原の初秋の朝、という感じです


にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

|

« 見えざる同志 | トップページ | “胎話”の成果 »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見えざる同志 | トップページ | “胎話”の成果 »