« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

WBC

 昨日(22日)は、こちらに来ておそらく始めて、テレビでスポーツ中継をライブで見ました。ハワイにはメジャーリーグの球団がないので、西海岸や東海岸で行われているナイトゲームの試合は生では見られないですし、サッカーの試合もないし……そもそもテレビを見ることもほとんどないので、スリルを味わいながらテレビを見るのはとっても久しぶりです。

 今回は日本とアメリカがWBCの準決勝で対決する絶好の機会であり、22日の午後は有り難いことに時間が空いたため、めでたくスリルを味わえたわけです。と言いましても、日本の放送ではなく、アメリカの放送です。日本の試合をアメリカ側から見るのは何か不思議な気がしました。

 試合そのものはアメリカが先行したものの、先発の松坂が調子がそれほどよくないなりにも踏ん張ってゲームを作り、日本の打線が相手のミスをつき、細かく繋ぐ“お家芸”で勝利を収めました。が、アメリカが本気でこの大会のタイトルをねらっているようには思えません。一流の選手達は出ていますが、チームとしての結束がなく、肝心なところでエラーが出るなど、緊張感を欠いているように思いました。

 前回のWBCで問題となった審判の質については、今回は経験豊かな、大リークの審判が担当したとのことで、微妙な判定はなく、公正で的確なジャッジは見ていてとても安心しました。アメリカと日本のゲームをアメリカ人が審判をするのは不公正な感じがしないではありませんが、それでは韓国や中国、イタリア等の人たちが審判をしたらどうなるか……と思うと、やはりオールスターやワールドシリーズを経験しているメジャーの審判の方が、現時点では信頼を置けると思いました。

 そもそもアメリカではあまりこの企画盛り上がっていません。選手も辞退者が続出していますし、監督も、昨年の優勝監督や、長年ヤンキースで指揮を振り、今年からドジャースを率いているトーリ監督など実力者が候補に挙がってこなかったと思います。

『The New York Times』の記事を2本読みましたけど、「日本はチームとして習熟していた」「アメリカは取り組みが遅い」「日本や韓国は野球の基本に忠実だ。アメリカは筋肉増強剤の使用に象徴されるように『力』に頼った野球に偏っている」「メジャーリーグは世界最高のリーグだが、それはもはやアジアや中南米からの一流選手が来ているからではないか」「昨日の負けは準決勝という一試合に負けたのか、それとも野球というゲームそのものに負けたのだろうか」などの意見が書かれていました。

 また、色々な事情でこうなったのでしょうが、日本が行った10回ゲームのうち5回が韓国戦とは、ちょっと興ざめです。が、韓国の底力はたいしたものです。韓国でプロ野球が始まったのは1982年だそうですから、歴史は至って浅いのです。当時は、日本で活躍できなくなった選手が韓国に行って十分プレーが出来ましたから、それを考えると、素晴らしい躍進力。きっと、韓国では「デーハミングック」の大合唱が行われていることでしょう。

-TA

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

| | コメント (2)

“寒い”冬から学ぶこと

 今年のハワイの冬は“寒い”です。現地の人が皆、そう言います。コーテーションマークを付けたのは、「冬の寒さ」の基準が日本とは全然違うからです。とはいえ、年中温暖な気候に慣れている人たちには堪えるようで、先日子供の風邪が治らなくてお腹をくだしてしまったので病院に連れて行ったらものすごく混んでいて、「今年は風邪が流行っていますから」ということでした。

 昨年と比べて確かに気温は低いです。そうですねぇ、朝は17、8度ぐらいまで下がるでしょうか。昼間も長袖のワイシャツでちょうどいいです。昨年は2月の終わり頃からもう夏のような気候で、1月に何度か“寒い”日があったぐらいでしたけど、今年はずっとこの気候が続いています。

 38年間日本で暮らした私たち家族にとっては、1年のうちで「寒さ」を感じる季節がないと、何か大切なものが足りないような気持ちになります。それは毎年の季節を通して体に染みこんだ習慣だからだと思うのです。

 先日、GMやクライスラーの重役達が、連邦政府に緊急援助をお願いするためにワシントンに行った際、自家用ジェット機を使ったことで大変な非難を受けました。また、連邦政府から再建のための援助を受けている金融機関等の重役の給料を年俸約5千万円に抑える大統領令が出されたところ、当該の重役達は、「そんな端金では仕事ができない」と言っているのだそうです。

 私たちの常識からしたら税金を大量に投入してもらっていてなお5千万円も給料をもらっておいてがたがた言う方がおかしいと思うのですが、彼らはこれまで10億円も場合によっては100億円ももらっていたのですから、それに比べれば5千万円が端金に見えてしまうようです。ちなみに、財政再建にあたっている日本航空の社長は年俸を1千万円以下に抑え、電車で通勤されているそうで、CNNがそれを取材して放映されたものがYoutubeで話題になっているのだそうで、「かの社長たちも見習え」的な論調のコメントがあるのだそうです。

 私はこれらの人たちの「非常識」ぶりの根底には、習慣を変えたくない心があるのだと思います。一度手に入れた利権や奢侈な生活、こういうものを手に入れた人がそれらを手放すにはそれなりの勇気が入るのでしょう。

 宗教の活動に携わっていると、「過去は良かった」というふうに考える人がいます。そして「自分がこれが正しいと信じている過去が正しい」と固く信じてしまっている人もいます。そのほか、何か変化をしようとすると、理性では理解できても感情で反対してしまう人もいます。自分が正しいと信じこんでいる人は手強いですが、理性では理解できても感情は、という人の気持ちはがよく分かる気がします。長い間日本人として日本で暮らしていた習慣を突然変えなければならないときに味わった違和感は、とても日本にいたときにはとても想像できないものでした。何がどうと説明できないのですが、精神的なストレスとなって、ことある毎に襲ってくるのです。しかしある一定の期間が過ぎるとそういうストレスは薄らいできますが、やはり外国語で仕事をすることはとても神経がすり減ります。

 しかし自分がこういう経験をしていることは、変化に反対する人と相対するときにはプラスに働きます。なぜなら相手の立場がよく分かるからです。そして、ある一定の期間が過ぎると反対していた人も含めて、ほとんどの人は変化をしたことも忘れてしまいます。変化にはある程度の痛みも伴いますが、それが神意に基づいたものであり、無理をせず、一つ一つその変化の理由を説明していって浸透していくと、全体の中から正しく変化したことに対する喜びの声が上がってきて、やって良かったという気になります。

 いずれにせよ、今年は肌寒い日が続いてくれているおかげで、夏に向かう気構えができて、有り難い“冬”を過ごすことができました。

-TA

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

| | コメント (0)

“胎話”の成果

 先月27日に行われたマザーズクラス(母親教室)はこれまでで最多の、大人8人、子供7人(すべて2歳以下)の合計15人が参加した、とても賑やかなクラスでした。しかも生長の家が全く初めての方が3人も参加。ほとんど毎回、生長の家が初めての方が来てくださるのですが皆さんとても、生長の家の教えを喜んで聞いてくださるので、先日も書きましたように“見えざる同志”の存在を強く感じます。家内はこちらに来てからずっと、母親教室が盛会になるように自分で祈りの言葉を作って神想観の中で祈り、さらには母親教室をはじめてからは、参加された方のことを祝福しているのだそうで、祈りの素晴らしさをますます実感しています。

 今日の母親教室で私がしたお話の最後の方で、わが家で実践した“子宮胎話”のことを紹介しました。いわゆる“胎教”ですが、ある本で産婦人科の先生がお腹の中の子供に教えるというよりは、「一緒に会話を楽しむつもりで“胎話”してみては?」と提案されていたのにとても感銘を受けたので、私はこの呼び方が気に入っています。

 妻が妊娠するだいぶ前のこと、スセディックジツコさんという、アメリカ人と結婚された日本人女性が書いた『胎児はみんな天才だ』という本にっても感動し、ジツコさんが実践されたことを全部ではありませんが、いくつか私たちも実践してみたのです。ちなみに、谷口清超先生のご著書『ステキな生き方がある』(210~212頁)にもこの本のことが紹介されています。

 主に実践したのは妻で、朝起きてから夜寝るまで、身の回りに起きてくる一つ一つを言葉に出して説明するのです。例えば、「○○ちゃん、おはよう。とっても気持ちの良い朝よ」「さあ、朝ご飯一緒に食べようね。今日はね、パンにサラダ。パンにはほんのり甘いジャムをつけて、サラダにはごまだれのドレッシング。それから(カフェインレスの)コーヒーね。コーヒーは今朝パパが入れてくれたとびきりのコーヒーだよ」「さぁ、お皿を洗いましょう。こうやって洗剤をつけてね洗うと、こんなにピッカピカ。気持ちいいね」「これから散歩するね。ほら、太陽さんがこんなに輝いているでしょう。お花さんもきれいね~。これキンモクセイって言うの。良いにおいがするでしょう。ほら、嗅いでごらん」などなど。

 以上はあくまでも実例で、実際こう言ったわけではないのですが、こんな感じで毎日が進んでいきます。そのほか、ジツコさんは「あいうえお」の50音のひらがなとカタカナ、そして「ABC……」のアルファベット26音の合わせて126の音に対して、それぞれ2枚ずつの絵を描いて(合計252枚)、その文字をなぞりながら説明したのだそうです。その結果として――

~~~~~~~~~(引用始め)~~~~~~~~~
 子供たちのIQも全て160以上で、4人そろって生後2週間で単語を発し、3カ月目で会話がしゃべれるようになり、6カ月目でおまるの使い方を習い、9カ月で歩き出したという。つまり胎内の子供には学習能力があり、外から話しかけてやるとその内容を早くから理解し、学習するということである。11歳のときスーザン(長女)はマスキンガム大学で医科大学の予科生となり、9歳のステーシー(次女)は高校1年となり、7歳のステファニー(三女)は中学2年、4歳のジョアンナ(四女)は自宅で小学校の高学年の勉強をしているということである。(詳しくは同書を読まれたい)(後略)(谷口清超先生『ステキな生き方がある』212頁)
~~~~~~~~~~(引用終り)~~~~~~~~~

 いたって普通のご両親(ご主人は確か高卒で、奥様は日本の短大を出て、アメリカの大学で心理学を学ばれた)から4人もそろってこういう飛び抜けて優秀な子が育っているということは、胎内教育が関係していることは間違いないと思いました。それで絵を描くのが得意な妻にこれを提案したところ、彼女は実際に252枚の絵(一部は写真を利用)を描いて、お腹の中の子に、字と絵を説明したりして過ごしました。ちなみにこの252枚の絵は5冊のノートブックになっていて、子供に文字を教えるときに今も使っていますし、もっと物心が付くようになったら、母親がこんなに自分が生まれてくるのを楽しみにしてくれていた、ということをよく理解できて嬉しいのではないかと思います。

 そんな“胎話”の成果なのかどうか、実際の因果関係は分かりませんが、娘の成長の様子を見る限りにおいて、何らかの関係があるのではないかと思っている点をあげますと:

 ・(生まれてから保育器に入っていた3週間後に)帰宅した後
  は、体調が悪いときを除いて最低5時間は連続して寝てくれ
  た
 ・寝かしつける必要がなかった(ベッドに入れると一人で寝ら
  れた)
 ・おもらしをしたことがほとんどない
 ・人を褒めるのが上手
 ・記憶力がいい

 親ばかではありますが、こういう点は“胎話”と何らかの関係がある気がします。これから妊娠される方、この本、ぜひ、お勧めです。写真は2月27日の母親教室でのショットです。

P1020714_2

-TA

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


| | コメント (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »