« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

谷口輝子先生に感謝を捧げて

 生長の家創始者・谷口雅春先生の奥様で、初代白鳩会総裁の谷口輝子先生が亡くなられて今年で21年経ちます。ご命日は24日ですが、メモリアルサービスに凝られる方の便宜をはかってご命日の直前の日曜日に式典をすることが多いです。

 このような式典のときには私は立場上、その式典の意味合いを含んだ講話をすることになるのですが、これはとても有り難い機会で、谷口輝子先生のご聖徳を自分自身が学ぶ良い機会になります。

 先生のご著書も過去には拝読したものでも改めて、ハワイ教区の皆さんに何を伝えたいかと思って拝読しているとあっという間に時間が経ちます。また、生長の家総裁、谷口雅宣先生がご自身が式典で挨拶された内容の多くを、ブログに掲載してくださっているので、先生のブログを拝見して、参考にさせていただいています。

 今回は谷口雅宣先生が2年前の総本山での21年祭で、谷口輝子先生の愛は単なる優しい愛ではなく、間違ったことには毅然として「ノー」とおっしゃったことが書かれていたこと、そして『Truth of Life』4月号に、谷口輝子先生の「いのちを拝んで」の中から、愛にはときとして厳しい側面があるという内容のご文章がありましたので、そういう主旨のお話をすることにしました。

 そして『生長の家五十年史』の谷口輝子先生のご文章を拝読していたらありました、ありました、その主旨に則ったエピソードが。谷口雅春先生、輝子先生が上京されて間もなくの頃、ご自宅開かれていた誌友会に参加したKという30歳ぐらいの青年が、生長の家本部の建物の中にある物を盗み、Kが犯罪を重ねていたことから4年と何ヶ月かの実刑判決を受けたというのです。そしてKが出所してきてから、輝子先生に脅迫状を送りつけ、お前達の部下が通報したために俺は刑務所に入って苦しまなければならなかった、部下のした行為は上司の責任だ、だから賠償金として1万5千円を払え、と請求してきて、その金を用意しなければ家族全員殴り殺す、という内容だったそうです。

 谷口輝子先生は恐ろしく思われましたが、しかし、「私たちは間違ったことは何一つしていない」と、どんなことが起こっても決して要求されたお金を支払わないと覚悟を決められますが、その脅迫状が来てから数日した後、先生が夜の戸締まりをしているとKが太い棒を持って、大きな音を立てて縁側に登ってきた。そのとき先生は、Kの胸ぐらを掴んで縁側に突き落として、「こんな所から、泥靴のまま這入るものではありません」とおっしゃったのです。まさに理不尽なことに「ノー」をおっしゃったのですが、その後先生にはKの母親になったような愛情が湧いてこられて、お国のお母さんが知られたらさぞ悲しむでしょうね、とおっしゃったというのです。

 その後Kは通報で駆けつけた警察官に連行されますが、次の日に調書を作成するために出頭して欲しいと請われて、先生が原宿署に行かれると、主任刑事から「Kがあなたが頭を撫でてくれたと言っていますよ。貴女は偉い人ですね」と言われた。ところが先生は胸ぐらを掴んで庭に突き落としただけなのですが、先生の母親のような愛念がKにそのように錯覚せしめたのだと思ったことでした。

 谷口輝子先生が極めて優れた女性指導者であられたことは存じていますが、このように話す機会が与えられると、それを具体的に学ぶことができるのはとても有り難いことだと思います。

 谷口輝子先生が指導された女性の生き方は、ご著書や「生長の家白鳩会」の行事への参加を通して学ぶことができますが、最近では当教区でも母親教室に沢山の若い母親が参加してくださって、み教えを学ぶことができていることをとても有り難く思います。とりわけ、今の女性たちに向けた、白鳩会総裁、谷口純子先生のご文章は大変好評で、輪読しながら真理を学んでいます。

 今月は17日(金)に行われましたが全く生長の家に初めてという方4人を含め11人の大人と11人の子供が参加し、私を含めると合計23人が参加した、大変賑やかな母親教室となりました。妻を除いては皆、生長の家に触れて1年未満のフレッシュな顔ぶれで、今回は妻がこちらに来てから最初に友人になった女性が2人の子供を連れて参加してくれました。彼女は、クリスチャンで洗礼も受けていて毎週教会に通っている方ですが、「生長の家の教えは分かりやすくて良いね。また参加したい」と言ってくれたそうでとても喜んでいました。いつもお友達に幅広く声を掛けてくださっている美保さん、そしてこれまで参加された方で、色々と声をかけてくださった皆様、勇気をもって初めて参加してくださった皆様、ありがとうございました。

-TA

Jsf06

         参加された皆さんと

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

| | コメント (4)

もうじき kindergarten

 娘の充実したプリスクールライフも、実は残るところあと3か月とちょっとになりました。一番最初は、お昼までの3時間預かってもらうところからはじめて、午後3時頃にピックアップすることにしていました。スクールではお昼ご飯を食べてからお昼寝の時間があるのですが、生まれたときからいわゆる「添い寝」をしない方針で育ててきたため、集団で、しかも結構大きな音で音楽が流れている環境では昼寝ができず、帰ってから2時間とか3時間も寝る日もありました。

 ところが最近、家に帰っても寝ないので、午後5時過ぎまで、保育時間のぎりぎりまで預けて帰ってきてご飯を食べてお風呂に入って寝る、というサイクルに変えました。すると、お昼ご飯を食べた後は眠くて仕方が無くなるらしく、お昼寝を1時間とか1時間半するようになってきました。通常の子供は1週間に1回、先生が子供の様子を書いてくれますが、わが家の場合は言語の問題もあるので、毎日短いレポートを書いてもらって、お昼ご飯の食べ具合や、お昼寝の時間、そして誰と遊んだか、一日どういう様子だったかを書いてもらうようにしています。

 そういう環境なので、日本語を話すのは私たち親と、生長の家の日本語グループの人がほとんどであるため、色々なジェスチャーやハッとしたときに出る言葉に英語がよく混じってくるようになりました。「あっ!」とか「しまった!」という場面は必ず「Oooooops」(ウゥッップス)ですし、「分かった?」と聞くと、「O.K.」。あと動物の鳴き声も英語式です。特にニワトリやブタの鳴き声がなんでこんな違うのかなぁと不思議に思います。

 7月の終わりからは kindergartenに行くことになります。しかしこの kindergarten 、通常「幼稚園」と訳されますが、ここハワイの「kindergarten」は日本語で意味するいわゆる「幼稚園」ではありません。なぜなら義務教育だからです。ハワイでは、「K・5・3・4制」と言われていて、この13年間が義務教育です。

 通常は kindergarten は小学校に付随していて、私たちが住んでいる家の目の前に小学校があって、そこに入学することになります。ということで先日、入学の手続きを済ませてきました。と言っても娘はまだ4歳で、入学時も依然として4歳です。この時期の1歳差は非常に差が大きいため、就学時に4歳の子供を junior kindergarten というふうに区別して教育をするのだそうです。

 しかしいくら4歳とはいえ、そこは義務教育。ものの本によると、kindergarten といえども英語、算数、体育、図工などの教科がちゃんとあって、小学校の予備校みたいなものなのだそうです。プリスクールの先生からは、「就学前に自分の名前をちゃんと書けるように教えておいてください」と言われました。ABCは言えるし、日常の子供同士の会話はできても、まだ文字は書けませんので、あと3か月で何とか書けるようにトレーニングをしなければなりません。

 この小学校は公立ですが、雰囲気がとてもよく、事務所で応対する職員も皆、感じの良い人ばかりです。今家内が通っているESL (English as Second Language:第二言語としての英語)の先生がこの小学校の先生をしていたそうですが、それはそれは熱心な、感じの良い先生だそうですので、お金をかけなくてもそういう先生から教育を受けらるのであれば有り難いことです。そして送り迎えが要らない至近距離にあるのも何とも魅力的です。

-TA

Js2fbe

Kindergartenの生徒を受付していますというお知らせ

動画は、動物の鳴き声と英語らしい発音をしている様子です。が、カメラを向けると少し意識してしまっているみたいです。なおフェイスペイントは、学校の Keiki Carnivalで付けたものです。

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


| | コメント (4)

ますますインディペンデントに

 先週末(3/28-29)はハワイ島ヒロで行われた練成会(英語)に出講しました。今回はコナに引き続いて家内と娘も一緒です。ヒロはハワイの中でも雨の多いところで有名ですが、練成中も何度かスコールのようなものすごい雨が降り注ぎましたが、さすが練成会参加者は、「神の無限の生命が降ってきた」と形容するなど、真理を学び、即実践していました。

 ヒロは現在メンバーが少なくなってしまいましたが、今回はオアフから10人、同じハワイ島のコナからも10人がかけつけ、合わせて25人が参加するとても賑やかな練成会になりました。離島でこれだけの人が集まる行事は最近ではなかなかなく、活気に満ちていました。とにかく笑い声があちらこちらで響いていて、朝食の後に食堂で始まった笑いの渦が全然途切れず、10分以上も続いていたのを見て、あちらこちらでも笑い声が起きるなど、終始笑いの絶えない練成会でした。オアフからの参加者は往復360ドルのフライト代と50ドルの奉納金をすべて自分で払うので、かなりの出費なのですが、10人も参加してくださったのはとても有り難いことです。コナの皆さんは車で2時間ぐらいの距離を何台かの車に分乗し、プロジェクターの設備などとともに、明るい雰囲気をそのまま運んでくれました。関係者の皆さんに心から感謝申し上げます。

 私はキャンドルサービスと早朝神想観の先導、サンデーサービスでの講話を担当しました。とりわけキャンドルサービスの先導は、日本語でもしたことがないのでちょっと緊張しましたが、無事に終わったのでホっとしました。

 娘はコナで出会った、お兄さん2人と仲良くしてもらって遊んでいたため、家内も安心して行事に参加することができました。ヒロにはコテージがあり、いくつか宿泊ができる部屋があるため、3人で一緒に寝ることができたのですが、夜10時頃に寝ようとしたら、通りを隔てた部屋で小学生の2人がお話をしているのです。するとおもむろに娘は部屋を出て行き、「Hey guys! I will be sleeping. Please be quiet.」と言っているのです。物怖じしない性格であることは知っていますが、まぁなんとも意志がハッキリしてきちゃったなぁと思いました。それで「お兄ちゃん達何て言ってたの?」と聞いたら、「Sorry, that's O.K.」なのだそうです。

 プリスクールの先生が週末に1週間の様子などをノートに書いてくれるのですが、そのコメントの中に、「マナミはますます『independent』になってきました。というのはマナミが何かしているときに先生達が手助けしようとすると、『No Miss Julie! I'm a big girl. I do that.」と言います」とありました。こちらの人たちにとっては自分の意志がハッキリしていて、自分のことは自分でやることは大切な要素なので、「independent」は賞め言葉だそうですが、見ている方は何を言い出すのか、ちょっとハラハラします。

 ついでに言うと、病院に連れて行くと先生を捜し、先生が誰かの診察を終えるのを見計らって、診察中に自分が嫌なもの(足をとんとんしたりとか、耳を見たりとか)を先生に伝えに行くのです。それで、先生が診察中、「あれ? 耳の中にゴキブリがいるよー」とか色々と話ながら診察をしてくれるのですが、それに対して全部返事をしているのですがそれを聞いていた先生いわく、「この子の言葉とか態度は、アメリカ人の子みたいですね。全然日本人ぽくないですよ」。

 生粋な日本人から生まれても、その子の特性や環境など色々な要素が組み合わさって、こういう子になるんだと、勉強になりました。日本に戻ったら、日本人らしいことをなるべく早く学ばせたいと思います。ちなみに食の好みは、醤油に納豆に漬け魚に卵かけご飯と、純和風です。こちらの子たちが食べている食べ物を見ると欲しがりますが実際に食べさせると、どうも口に合わないようです。

Jseaa

終始明るい雰囲気で行われたヒロの練成会

Jsea6

お友達のライアン君と(この日はライアン君のお誕生日でケーキが振る舞われました)

Jseac

ヒロは自然の宝庫

-TA

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »