« ますますインディペンデントに | トップページ | 谷口輝子先生に感謝を捧げて »

もうじき kindergarten

 娘の充実したプリスクールライフも、実は残るところあと3か月とちょっとになりました。一番最初は、お昼までの3時間預かってもらうところからはじめて、午後3時頃にピックアップすることにしていました。スクールではお昼ご飯を食べてからお昼寝の時間があるのですが、生まれたときからいわゆる「添い寝」をしない方針で育ててきたため、集団で、しかも結構大きな音で音楽が流れている環境では昼寝ができず、帰ってから2時間とか3時間も寝る日もありました。

 ところが最近、家に帰っても寝ないので、午後5時過ぎまで、保育時間のぎりぎりまで預けて帰ってきてご飯を食べてお風呂に入って寝る、というサイクルに変えました。すると、お昼ご飯を食べた後は眠くて仕方が無くなるらしく、お昼寝を1時間とか1時間半するようになってきました。通常の子供は1週間に1回、先生が子供の様子を書いてくれますが、わが家の場合は言語の問題もあるので、毎日短いレポートを書いてもらって、お昼ご飯の食べ具合や、お昼寝の時間、そして誰と遊んだか、一日どういう様子だったかを書いてもらうようにしています。

 そういう環境なので、日本語を話すのは私たち親と、生長の家の日本語グループの人がほとんどであるため、色々なジェスチャーやハッとしたときに出る言葉に英語がよく混じってくるようになりました。「あっ!」とか「しまった!」という場面は必ず「Oooooops」(ウゥッップス)ですし、「分かった?」と聞くと、「O.K.」。あと動物の鳴き声も英語式です。特にニワトリやブタの鳴き声がなんでこんな違うのかなぁと不思議に思います。

 7月の終わりからは kindergartenに行くことになります。しかしこの kindergarten 、通常「幼稚園」と訳されますが、ここハワイの「kindergarten」は日本語で意味するいわゆる「幼稚園」ではありません。なぜなら義務教育だからです。ハワイでは、「K・5・3・4制」と言われていて、この13年間が義務教育です。

 通常は kindergarten は小学校に付随していて、私たちが住んでいる家の目の前に小学校があって、そこに入学することになります。ということで先日、入学の手続きを済ませてきました。と言っても娘はまだ4歳で、入学時も依然として4歳です。この時期の1歳差は非常に差が大きいため、就学時に4歳の子供を junior kindergarten というふうに区別して教育をするのだそうです。

 しかしいくら4歳とはいえ、そこは義務教育。ものの本によると、kindergarten といえども英語、算数、体育、図工などの教科がちゃんとあって、小学校の予備校みたいなものなのだそうです。プリスクールの先生からは、「就学前に自分の名前をちゃんと書けるように教えておいてください」と言われました。ABCは言えるし、日常の子供同士の会話はできても、まだ文字は書けませんので、あと3か月で何とか書けるようにトレーニングをしなければなりません。

 この小学校は公立ですが、雰囲気がとてもよく、事務所で応対する職員も皆、感じの良い人ばかりです。今家内が通っているESL (English as Second Language:第二言語としての英語)の先生がこの小学校の先生をしていたそうですが、それはそれは熱心な、感じの良い先生だそうですので、お金をかけなくてもそういう先生から教育を受けらるのであれば有り難いことです。そして送り迎えが要らない至近距離にあるのも何とも魅力的です。

-TA

Js2fbe

Kindergartenの生徒を受付していますというお知らせ

動画は、動物の鳴き声と英語らしい発音をしている様子です。が、カメラを向けると少し意識してしまっているみたいです。なおフェイスペイントは、学校の Keiki Carnivalで付けたものです。

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


|

« ますますインディペンデントに | トップページ | 谷口輝子先生に感謝を捧げて »

家族に関すること」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
愛知県豊川市の村手です。
娘梨絵がお世話になりまして感謝しています。
すぐにでも飛んで行きたい気持ちですがそうもいかず
ハワイの教化部の電話を教えました。

自分で決めてハワイに行ったのだから、最後まで
有意義に過ごせたらそれにこしたことはありませんが
いつでも帰ってくればいいと話しています。

彼女の力になってやって下さい!
魂の救いが必要なのです。
生きる意味が何かと苦しんでいます。

とてもよい子です。
ピアノや絵、文章がとても素敵です。
元気を取り戻し、仕事や大好きなハワイを楽しんで
欲しいです。

娘が先生ご家族に出会えてよかったです。


投稿: 村手 雅子 | 2009/04/19 19:51

村手 雅子 様

 はじめまして。頂いたコメントへのご返信は、個人的な内容が含まれますので、メールでさせていただきたいと思います。

 阿部 哲也 拝

投稿: TA | 2009/04/20 01:25

ご無沙汰しております(^^)お嬢さんかわいらしいぃいぃ!!ハッピーを振りまく Cherub さんですねぇ。動物の鳴き声は本当に国によって様々、おもしろいものですね。
4歳で自分の名前を書けというのは、ちょっと大変かも?!でも学校が近いのは何よりですね!ハワイの地名を見ると懐かしいです。

投稿: うろこ | 2009/04/20 14:42

うろこさん、

 コメント有り難うございました。最近、更新の頻度が鈍くって……。

 うちの Cherub もだいぶ大きくなり、いっちょまえのことを言うようになりました。

 ところで今年はとっても涼しい日が続いていて、つい3日前からハワイらしい気候になりましたが、それまでは、「ここがハワイ?」という感じでした。ハワイ生まれの皆さんも、「こんな気候初めて」と口を揃えています。私たちにはラッキーでしたけど。

-TA

 

投稿: TA | 2009/04/21 04:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ますますインディペンデントに | トップページ | 谷口輝子先生に感謝を捧げて »