« 最近のこと | トップページ | Graduation Ceremony »

5月の母親教室

 今日は毎月恒例のハワイ教区での母親教室の日でした。今日はお母さんが10人(生長の家に初めての方2人を含む)、チェルブ(天使、つまりお子さん)が10人、私を含めて合計21人で賑やかに行われました。小さい子を連れて、定刻までに出かけるのは簡単なことではないですし、その日が折角のお仕事のお休みの方もいらしてくださったりして、とても有り難いことだと思います。そして毎回のことながら、とても温かい、そしてオープンな雰囲気で行われました。

 小さなチェルブ(天使)たちは、色々なものに興味を示すので、会館内にある目に付くものは手の届かないようにしておくのですが、実際には、「それを見つけたかぁ!」とこちらの思いも付かないところに手がいったりして、毎回、チェルブたちの観察眼の鋭さに驚かされます。

 今回は、生長の家ハワイの地方講師の方で、ご自身のお孫さんをベビーシッターし慣れている方2人に子供預かりをお願いしました。これまでは絨毯の敷いてある「祈りの間」で、親も子も全てが一緒にやっていたのですが、割合沢山の方が来て下さっているので、今回は初めての試みとしてやってみました。お2人ともさすがベテランで、とても上手に子供を遊ばせてくださいました。

 結果としては、お子さんを預けて集中して参加できた方と、お子さんの方を見るのにとても忙しくなってしまった方がいて、皆さんの意見を聞きながら次回のことを考えようと思います。

 あと今回は、前回参加して学んだことを実際に生活に生かして、子供さんがとっても穏やかになった体験を話してくださった方もいて、相互に学び合うとても有意義な会だったと思います。

 毎回、参加者の皆さんの案内と出欠の確認等をしてくださっている美保さん、ベビーシッターをしてくださったJune Takemoto and Lillian Sugitaの両講師、参加者の皆さん、そして飲みものなどの用意をしてくれた家内に感謝したいと思います。ありがとうございました!

-TA

Msc_blog_

       参加された皆さんと


にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

|

« 最近のこと | トップページ | Graduation Ceremony »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

母親教室の充実されているご様子に
こちらまで嬉しくなり、ここの所、読ませて頂くばかりでしたが、
ちょろちょろと出て参りました。(^^;)

>「それを見つけたかぁ!」

はっはっは!
ありますねえ、こういうこと。
このごろ、あまり小さいお子さんと接する場がないので、
そのような状況に出くわしていませんが、託児をさせて
頂くと、そういうスリルがあって、こちらがわくわくいたします。


私も、7月からやっとこさ、母親教室を発会します。
(9ヶ月もリーダーをお休みしたのは初めてかも・・)
どきどきしながら、祈りながら誘い文句を考えてる日々。
もうすぐ友達とランチ会をするのです・・・!


前の記事の、日本語がおかしくなるお話は、なんとなく、方言と
重なってしまいました。

私の実家の母は、岸和田出身ですが、名古屋弁はかなり独特で

「ぞうさん」を「どうさん」としか発音できないことを
(これは方言云々ではなく、母独自のものかもしれませんが)
孫達に「ねえねえ、おばあちゃん、ぞうさん、っていって!」と
からかわれています。


かといって、岸和田弁も微妙におかしく・・・・大阪人にも、名古屋人
にもなりきれない言語を使っています。

でも、しらないうちに英語で話されていた、とコメントを書かれた方が
ありましたが、それは、心の中も英語だということなんですよね。

想像もできませんが、すごいですねえ。


投稿: うっち~まま | 2009/06/01 00:25

うっち~ままさん、

 ごぶさたしています。コメント、ありがとうございました。

 うっち~さんが発会されたら、若いお母さんたちが沢山来られるでしょうね。こちらでは日本人の子持ちのお母さんのネットワークが充実しているのと、色々な教会が子供を遊ばせる場を提供してくださっているので、そこで情報交換をして、生長の家の母親教室のことを知って来て下さっている方もいます。

 名古屋弁、懐かしいです。(岸和田弁という言葉があるとは知りませんでした)ちなみに、私は仕事でカリフォルニアに行くときにはいつも、日本食屋さんで「味噌煮込みうどん」を食べています。

-TA
 

投稿: TA | 2009/06/01 13:38

>岸和田弁という言葉が

なかったかもしれません(笑)
多分大阪弁なのだと思いますが、関西の芸人さんが話されているのそれとも、ちと違う感じだったので、つい、岸和田弁にしてしまいました。

カリフォルニアとみそ煮込みうどん

・・・・うう~ん、この組み合わせは、不思議なかんじです。

投稿: うっち~まま | 2009/06/01 22:06

うっち~さん、

「岸和田弁」という言葉を“ググる”と、76,000件ほどヒットし、泉州弁の中の一つの方言として岸和田弁があるようです。情報の信憑性のほどは分かりませんが、7万6千件ヒットするところを見ると実際に使われている言葉だと思います。

 私が伝道本部の会議で行くガーデナ(カリフォルニア州)で宿泊するホテルのスタッフはほとんどが日本人、寿司の出前のチラシまであり、その向かいには日系のスーパー(同じ系列のスーパーがハワイにもありますが、ハワイのはものすごくローカナイズされています)があり、日本食屋、日本にある洋食屋さんなどがあり、それだけ見ると日本に来ていると勘違いしそうです。ただし会議は英語なのでそういう気にはあまりなりません。

 こちらに来てちょうど2年になりましたが、短い期間ならともかく、「生活」するとなると、生まれ育ったところの食べ物を食べないと精神的に不安定になるし、体調にも影響してくるので、日本と同じような食生活をしています。これは人によるでしょうけど、そういう日本人は割合多いと思います。

 ちなみにハワイには日本食が現地の文化にとけ込みすぎていて、現地の人の味に合った味で売っている場合がよくあるので、お店の品定めをしっかりしないと味の違いにがっかりしてしまうことがあります。

-TA

投稿: TA | 2009/06/02 04:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近のこと | トップページ | Graduation Ceremony »