« サンパウロから | トップページ | 国際教修会第1日目 »

サンパウロ2日目、3日目

 昨日はイビウーナの練成道場の見学と日本人街で買い物、今日は午前中、伝道本部で幹部の懇談会がありました。

 イビウーナ練成道場ではISO14001の取得を目前に控え、環境に負荷のかからない建物にすべく、改築されている最中でした。同練成道場には、宝蔵神社、流産児供養塔、そして出来たばかりの老人ホーム(最大28人収容。そしてさらに28人が入れる施設を建設予定)などがありました。特に、これまで見た練成道場と大きく違うことはありませんが、流産児供養塔のデザインが日本の宇治別格本山のものと全く違っていたのは新鮮でした。頂いたお食事は、伝統的なブラジルの豆料理で美味しかったです。

 同練成道場までは車で1時間半ぐらいかかりましたが、気になったのは、道にでこぼこが多く、バスがものすごく揺れること、そして道が狭いのにスピードを出して車が走るのでぶつからないか冷や冷やしてしまうことです。ものすごい至近距離を隣の車が走っていくので、何度も身をかわしてしまう場面がありました。(意味のないことですが)

 今日は午前9時から11時半まで、幹部の懇談会がありました。13カ国から79名が参加。すべての発言に対して、日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語に同時通訳されました。炭素ゼロをどのように実現するか、インターネット講師について、そして、植林について、熱心なディスカッションが行われました。

 夕食は日本食のコース料理。とっても美味しかったです。

 写真をいくつかご覧に入れます。

Graffiti_on_the_street

 これは壁に書かれている落書き。これはなかなかの秀作です。

City_street

 日本人街の陸橋から撮った道路

Group_photo_at_ibiuna

 イビウーナで集合写真。アメリカからは27名が参加していますが、第一便の方だけなのでその一部です。

Miscarried_children_statue

 これが流産児供養塔。2本の曲線の棒は男性と女性を、球は魂を現しているようです。

Recycling_bin

 しっかりとリサイクルされています。

Brazil_hqs

 伝道本部の建物

Hqs_book_sale

 書籍売り場はとても充実していました。

Masaharu_street

 伝道本部から歩いて5分ぐらいのところに、「谷口雅春通り」という名前の通りがあります。

 阿部 哲也 拝

※この記事の英語版はこちら(対訳になっていない部分もあります)

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

|

« サンパウロから | トップページ | 国際教修会第1日目 »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

>老人ホーム
生長の家が老人ホームを経営しているのでしょうか?
それとも長寿練成会を年中開催するところとか・・・?

>インターネット講師

勅使河原先生のように、動画で講話をされる先生のことなのでしょうか。宇治の楠本先生のようにメールで個人指導される講師なのかな。
インターネットの役割は大きくなるのでしょうけれど、どのようなやり方をしようとされているのか、興味があります。


おお!壁のらくがきとは思えない素晴らしい絵!


流産児供養塔といい、各道場といい、生長の家はその地の方が受け入れやすい形にされるのですねえ。


なんと、カラフルなゴミ箱!


伝道本部は、原宿の本部と似ていますねえ。


「谷口雅春通りflair」・・・・・私は、生長の家通りだと思っていました。


発見や驚きが一杯のご報告ありがとうございます。

投稿: うっち~まま | 2009/08/03 22:16

うっち~さん、

 昨日の夜11時頃に飛行機に乗り、12時間のフライトで朝、7時にロサンゼルスに到着しました。(ということは時差4時間です)乗り継ぎに時間があるので、伝道本部に寄っています。夕方6時のフライトでハワイに戻ります。(6時間かかるのですが時差が3時間あるので9時頃に着きます。

 さて、老人ホームですが、生長の家が経営する老人ホームで、名目上は誰でも入れますが、基本的には生長の家の活動をしていた人で年をめされて身よりの無い方のために作られたそうです。長寿練成会とは関係ないと思います。

 インターネット講師とは、ウェブサイトやブログなどで生長の家の、み教えを布教することを目的にサイトを実名で運営する講師のことで、本部講師(補)、教務、準教務のうち、所属長を通して申請し、許可された講師を指します。通常、講師は教階によって布教範囲が決められていますよね。地方講師の方は教区内、本部講師も所属地域の教化総長が指導する範囲の外にでるときには、国際本部の認可が入ります。しかしウェブサイトは世界中誰も見ることができるので、例外的にその布教の範囲が世界全体になります。そういうことで、色々ルールを設けて(そうしないとネットの世界は無法地帯になりやすいですから)、しかしこのツールを最大限活用しようという試みです。

-TA

投稿: TA | 2009/08/05 03:49

多用な中で、時間の合間をぬって、丁寧に回答頂き、ありがとうございます (^人^)

インターネット講師、もしかしたら、あしかびさんがされているブログがそうなのでしょうか。TAさんも申請したら、そうできるということですね。
個人的に、普段の生活などを書いていらっしゃる方は、沢山いらっしゃいますが、そこで指導して頂ける・・・・・とっても、嬉しいかもしれません。

無法地帯にならないようなルール作り、そこが大変なのでしょうけれど、救われる窓口は広くなりますよね。
最近、部屋から出られない人やうつの方の話を身近な所でよくききますので、そのような方に、真理に触れて頂ける機会になりますね。

投稿: うっち~まま | 2009/08/05 21:51

うっち~さん、

 インターネット講師については、つい最近の最高首脳者会でそのようなルールが決まって、これから実践されていく段階ですので、どういうものか、というのは私もよく分からないです。そのうち教区の方で、説明があると思います。確か、愛知は木場先生でしたね。

 昨日の夜遅く、ハワイに戻ってきました。

-TA

投稿: TA | 2009/08/06 02:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンパウロから | トップページ | 国際教修会第1日目 »