« 平常心 | トップページ | 「もの忘れ」について »

最も身近な“他人”

生長の家の日本語Twitterに載っていた言葉:
--------------------------------------
(8月)23日の言葉ー「もっと惜しみなく、愛の言葉を与えよう」。あなたの夫(妻)は、あなたが愛することを選んだ、この世でただ1人の人です。親子でもなく、兄弟姉妹でもなく、あなたが選んだただ1人の“他人”にこそ、もっと愛を表現しよう。それは、あなたの選択でもあるのです。
--------------------------------------

 この言葉には「ハッ」とさせられました。そうか、親や子、兄弟でもなく、もともとは他人だったのに、お互いの人生にこの上なく影響力を与えている存在が配偶者なのだと、とても感動しました。生長の家のTwitterは下記のアドレスから。ほとんど毎日、心に響く真理の言葉が発信されています。

http://twitter.com/SEICHO_NO_IE

 またイギリスで104歳のおばあさんがTwitterをしているというニュースを見つけました。104歳とは。。。恐れ入りました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000008-cnn-int

 阿部 哲也

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

|

« 平常心 | トップページ | 「もの忘れ」について »

家族に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平常心 | トップページ | 「もの忘れ」について »