« 持続可能な社会 | トップページ | カウアイでの週末 »

第1学期が終了

 娘の通っているkindergartenが今日で第1学期が終わり、来週はお休みです。1年で4学期あるうちの1学期が終わったということです。しかし土日が休みで、12日の月曜日も理由は分かりませんがお休みなので、実際には10日間のお休みです。

 8月からの2ヶ月間、子どもも変化に戸惑いがあったと思いますが、それ以上に親の戸惑いは大きいものでした。前にも書きましたが、毎日宿題が出て、週末には親がサインをして提出しなければなりません。この件に関しては妻が頑張ってくれました。毎日食後、宿題で出される質問の意味を考えながら娘に楽しくホームワークの習慣をつけてくれたおかげで、娘は楽しみながら毎日の宿題をこなすようになりました。

 あと、子ども自身が自己責任を持つ、という方針は良いのですが、先生の目の届かないところで色々なことが起こります。子ども同士では悪気が無くても、体の小さい娘はあるとき持ち上げられて下に落とされたことがありました。悪気がないので本人もあまり嫌だとは思わなかったようですが、私たち親はそれを後から知らされたのと、これがエスカレートしていくと危険ですから、担任に詳しく事情を聞き、分からないところはちゃんと調べてもらい、そして以後こういうことが起こらないようにしてもらうよう、何度も話し合いを持ちました。もちろんこちらはこちらで、嫌なことをされたときに大きな声で「NOOOOOOO!」を叫ぶ練習までしました。悪気がないでやっている分、しっかり意思表示をしないと危険なことになりかねないからです。

 また、スナックタイムには50セントで牛乳を、25セントでジュースを購入できるので、娘に財布を持たせて毎日50セント(25セントの硬貨2枚)入れてあるのですが、あるとき友達がお金を持っていないから(硬貨を)1枚ちょうだいと言われてあげてしまったこともありました。5歳になったばかりの子にで「お金の観念を持て」というのも無理な話で、スナックタイムを担当しているのは担任ではないようですが、しっかりとそういう面も目を光らして欲しい、ということ、そして、まだその他にも色々なことが起こる度に担任に手紙を書き、対処してもらうようにしました。

 担任も誠実な人なのでそういうことが起こると必ず電話を寄こすか、手紙を書いて説明をしてくれるようになり、良い方向に進んでいると思います。

 ところで、ハワイでは州の財政が非常に悪化しているのだそうで、教育費が14%も削られるということが新聞に載っていました。それで10月から公立の学校に務める教師の帰休制度が復活し、年間で金曜日が17日休みになるのだそうです。ここでは「公立に通わせるのはあまりよろしくない」という話をよく聞いていたのですが、こういうこともそのように言われる理由なのだなぁと思いました。

 しかしそうは言っても、学校に行くことのメリットは大きいです。子どもの吸収力は素晴らしく、英語がとても上手になりました。とはいえ、先生が言っていることが全部分かるわけではないですし、誤解をしていることも沢山ありますが、着実に言える言葉が増えてきました。国旗掲揚の後、全校生徒が星条旗に向かい右手を左胸にあてて唱える「忠誠の誓い(the Pledge of Allegiance)」もちゃんと言えます。

  I pledge allegiance to the Flag of the United States of America, and to the Republic for which it stands, one Nation under God, indivisible, with liberty and justice for all.
  (和訳:私はアメリカ合衆国の国旗と、その国旗が象徴する、神のもとに統一され、全ての人々に自由と正義が約束された不可分の共和国に忠誠を誓います)

 もちろん、ここに込められた意味など分かる由はありませんが。しかしこのようにして育てられたら、愛国心(ときとして偏狭なものも含む)が芽生えるのは不思議ではありませんね。また、家内がときどき娘をレッスン相手に英語で話しかけると、「ママそれ違うよ……」と発音の訂正をしています。

 それで10日間の休みの期間ですが、ほぼスケジュールが決まっていて、学校の友達と遊んだり、母親教室に来てくれている家庭の子どもと遊んだりする計画があり、また、11日(日)~12日(月)にかけては私がカウアイ島に出張するので、家族も連れて行って、一泊しようと思っています。きっと良い思い出になるでしょう。

 阿部 哲也

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

|

« 持続可能な社会 | トップページ | カウアイでの週末 »

家族に関すること」カテゴリの記事

コメント

このたびはご心配頂き有難うございました!無事に北の山奥に戻りまして、通常運営に戻りました(思ったよりも時間がかかりましたが…)
先生が誠実に担当してくださっている様子、よかったですね!幼いうちほど、先生の影響も大きいものですし…。観光産業にはいろいろマイナス要素が重なっていますが、教育費の削減は最後の最後にしてもらいたい……と思います。がんばれハワイ財政!
カウアイ旅行が楽しいものでありましたように!

投稿: うろこ | 2009/10/15 15:32

うろこさん、

 生活、落ち着かれて良かったです。私の教会の運営管理の責任者は政府の関係のお仕事をしていて、2週間ぐらい休みなしで、船場で荷物の積み上げやその他の業務をしていて、先日ようやく2日休みが取れた、と言っていました。(現地には行っていません)一日にも早く復興されますよう、お祈りしています。

 娘は学校が大好きで、お休みの間のホームワークも全部やってしまって提出して得意になっていたと思ったら、今週の分もやってしまっていました。ところが、月曜日から木曜日まで読んだ本と分数を書いて親がサインするところがあってパパーっ書いてしまったのですが、よく見たら今週の分で、「めくら判」ならぬ「めくらサイン」をしているのがばれてしまいました……。

-TA

投稿: TA | 2009/10/16 07:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 持続可能な社会 | トップページ | カウアイでの週末 »