« ハワイで国際練成会! | トップページ | 感謝祭の後は…… »

英語の教区練成会

 先週末の11月13日(金)から15日(日)にかけて今年3回目の教区練成会(英語)が行われました。今回は生長の家を全くあるいはほとんど知らない方が、なんと4人も参加してくださり、しかもそのうち2人は20代の参加者という、とてもフレッシュな参加者に恵まれての開催となりました。

 生長の家に来られる方はだいたい、実際のお年よりもずっと若く見える方が多いのですが、その傾向はアメリカでは一層強まります。見た目も、心もとても若い方が多いので、“お年寄り”と呼ぶのが申し訳ないくらいです。

 どの行事でもそうですが、新しい方が来られると、とても活気が出ます。幹部や長年の信徒にとっては当り前の行事でも、初参加者にとっては「???」となることが多いので、色々質問が来ます。こちらの人は分からないことは遠慮無く質問するので、それもとても雰囲気を良くしてくれます。

 国際練成会は、教化総長をはじめ本部講師の先生方が指導してくださり、メインランドや他の国からの参加者もあるのでハワイの人にとっては迎える立場ということもあり、結構盛り上がって推進・運営に当たるのですが、教区の練成会はどちらかというと、暇があったら行こうかという雰囲気がなきにしもあらずでした。

 しかしここ数回、内容が徐々によくなりつつあり、祭式・儀式も国際練成会で使用しているものに改め、新人が参加しやすい状況が整いつつあることもあって、練成会に人を誘って参加したいという雰囲気が出てきたことはとても有り難いことでした。

 20歳の若い男性は最初、自分よりも遙かに年上の人ばかりで緊張したけど、すぐに馴染むことができて、神想観の雰囲気にとても感動したので、ぜひ毎日続けたいと決意を述べてくれました。また、母親が今回ブラジルでの国際教修会に参加した際に、一緒に付いていった娘さんが今回初めて行事に来てくださり、最初から最後まで真剣に行事を受け、これからもどんどん生長の家の行事に参加したい、と決意して帰ってくれたのもとても有り難いことでした。彼女のお母さんは、伝道本部の理事でもあり、当教区の青年の活動の責任者なのですが、ここ数年、若い参加者がいない現状もあり、娘さんの参加を心から喜んでいるのを見て、私もとても嬉しくなりました。

 家内と娘も、すべてではありませんが行事の一部に参加したのですが、休憩時間などで笑い声が起きているので近くに行ってみると、若いお兄ちゃんの参加者と娘が話をしているのです。そのお兄ちゃんは子供の相手をするのがとても上手で、娘に色々と質問をしていって、娘がまた面白く返していてテンポが良いので、皆を笑いに引き込むのです。

 あと、韓国人の女性の方も前回に引き続いて参加してくださったのですが、最近、彼女にときどき、日本語で話しかけそうになるときがあります。それを言ったら、その女性も私に韓国語で話しかけそうになることがある、と言っていました。日系アメリカ人の人に対しては、顔がどんなに日本人のようでも、日本語が分からない人に日本語で話しかけそうになることはないのですが、教化部の台湾出身のパート職員にもときどき日本語で話しかけそうになるときがあります。彼女の場合は日本語がある程度分かるので問題はないのですが。

 日本にいるときにはアジア人ということをあまり意識する機会がありませんでした。もちろん欧米人に比べて顔は似ているし、お箸を使ったり、お辞儀をしたり習慣も日本人に近いのですがあまり意識することはなかったのですが、こちらに来て、アジアの人たちは同じ民族だー、という意識がとても強くなりました。

 阿部 哲也

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

|

« ハワイで国際練成会! | トップページ | 感謝祭の後は…… »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハワイで国際練成会! | トップページ | 感謝祭の後は…… »