« 明けましておめでとうございます | トップページ | 小林繁さんを偲んで »

地元紙への寄稿

 ついこの前、年が明けたと思ったらもう1月も半ばにさしかかります。時が経つのが早いです。全然お正月らしくない“お正月”も3回目ともなると、だいぶ慣れました。最初の年は、「正月が来ないこと」に、本当に拍子抜けして、しばらく仕事にも気持ちが入らないほどでした。長い間の習慣とはすごいパワーがあるものだ、としみじみと実感したものです。

 それで“正月”が向こうから来ないなら、こちらで(雰囲気を)作ってやると、今回はお節料理も沢山用意(ほとんどは購入)して、あちらこちらから頂いたお餅を食べて、自分たちで“お正月”を作り出し、これで正月気分を味わった、と言い聞かせ、3日からの仕事に向かいました。すると、あまり違和感なく過ごすことが出来ました。練習の成果です。

 さて、地元紙『Starbulletin』へ寄稿した原稿が1月2日に掲載される予定だったのですが、先方の都合で1週間後になり今日、掲載されました。内容は、目標を立てて、自分の中にある神の子無限力を存分に発揮しよう、という内容です。本文(英語)はこちらからどうぞ。

 阿部 哲也

Starbulletin_jan_9_2010


|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 小林繁さんを偲んで »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

cloud
「地元紙への寄稿」そして新年明けましておめでとうございます。先日103才の昇地三郎(しいのみ学園園長)氏の講演会に行ってきました。いまでも氏は「ラジオ語学講座を毎日聴き、忘れないよう色んな国の言葉で日記を書いている」と言われていました。毎年、世界一周講演旅行実施中だそうです。

 明日から「いのちのゆには一般練成会」が始まります。ハワイの様子を練成参加の皆様にプロジェクターで紹介させていただきます。本年もよろしくお願いします。(MH)happy01

投稿: INOCHI NO YUNIWA | 2010/01/12 11:46

MH-san,

 おそらく初めてコメントを下さったのではないでしょうか。有り難うございました。私は104歳でツイッターをしているというイギリス人の女性のニュースを聞いたときにとても驚きましたけど、日本にもそのようなスーパーおじいちゃんがいらっしゃるのですね。心強い限りです。

 ゆには練成会ですか。あの道場はとても懐かしいです。私は本部の青年会のお仕事をしていたときに九州を担当していたので、よく福岡の教化部に伺い、3階の道場をお借りして、行事の運営をさせていただいておりました。しかし平成7年を最後に、ご無沙汰していると思います。

 私の書き込みがお役に立つのであればとても嬉しいです。皆様によろしくお伝えください。

 阿部 哲也

投稿: TA | 2010/01/12 12:09

1月17日PM12:10

本日のゆには一般練成会でハワイの様子をプロジェクターで紹介させていただき、参加者から喜ばれました。ありがとうございました。コメントは初めてですが、何度もお会いしています。(MH)coldsweats01
 昇地三郎氏のホームページもあります。またよろしくお願いします。
http://blogs.yahoo.co.jp/shiinomi100/folder/

投稿: INOCHI NO YUNIWA | 2010/01/17 12:07

MH-san,

 練成会での様子をお知らせくださり、ありがとうございました。ちなみに、MHさんがどなたかは、ハンドルネームから推察できますし、メールアドレスで確認できましたから存じていますよ。また、昇地氏のサイトをご紹介くださり、有り難うございました。とても楽しそうに生きておられる方なのですね。

 阿部 哲也


投稿: TA | 2010/01/17 13:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明けましておめでとうございます | トップページ | 小林繁さんを偲んで »