« 「Yes」「No」の意思表示 | トップページ | ご無沙汰していました »

地元紙への寄稿

 今日は早朝から、来週の金曜日から始まる国際練成会で使用する実相センターのお掃除に、沢山の人が来てくださっています。年末の大掃除のときよりも、熱心に、誠心込めて行われているような気がします。

 私はバスルーム1箇所と、バスルームとシャワールーム1箇所を担当した後、お葬式の先導がありましたのでそちらに行き、埋葬も行いました。

 今日付で、地元紙『Starbulletin』に原稿を書きました。バレンタインデーにちなんで、愛念を送りましょう、という主旨です。こちらでは、恋人同士がお花や、ケーキ、そしてギフトカードを送ったりする習慣ですが、娘の kindergarten では、何人かの父兄がカップケーキなどを用意して、子どもに配りました。今回はわが家もドーナツを人数分(22人)用意して、持って行きました。

 来週の木曜日に、練成会で指導される講師の先生方が来られます。

 阿部 哲也 拝

Starbulletin_20100213_2

|

« 「Yes」「No」の意思表示 | トップページ | ご無沙汰していました »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

いよいよ明日から、待望の“国際練成会”!!!
英語だから。。。
と、思わずに、無我になって、神様と対面し、御声を拝聴したいと思います(*^_^*)
“耳ある者はきけ”を自分の合い言葉に、五感をフルに使って、誠心で、参加させていただこうと思います。

投稿: manamama | 2010/02/19 15:30

Manamama-san,

 共に、“聴く耳”を持って受けましょう、というか、もう昨日から始まりましたね。

-TA

投稿: TA | 2010/02/21 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「Yes」「No」の意思表示 | トップページ | ご無沙汰していました »