« 習慣の力/Tree Planting | トップページ | 引っ越しをして思うこと »

カウアイ島で見真会

 昨日の土曜日、カウアイ島にある生長の家カウアイセンターで英語の一日見真会が行われました。生長の家ハワイ教区では、離島の活動を支援するため、1年に1回、オアフ島やその他の島からもメンバーがかけつけて、練成会や見真会をすることにしています。昨年は3月にハワイ島ヒロで練成会を行いましたが今年は、カウアイ島で見真会を行いました。

 現在ハワイには、離島に行く手段は飛行機しかありませんので、ずいぶんと前から計画が練られ、推進や準備が行われ、オアフ島からの参加者には旅費の補助も出すなど、沢山の方の協力で開催することができました。見真会には約20名が集まり、終始和やかに、そして真剣に真理の研さんが行われました。テーマは、"Happiness Is Found in Gratitude"(幸せは感謝の中に)で、私は見真会のテーマで35分間英語で講話を行いました。

 オアフ島からは12名が参加しましたが、皆さんはカウアイ島に一泊し、日曜日はサンデーサービスに出席し、午後観光してから帰ってきます。私は日曜日、教化部でのサンデーサービスの日本語の担当になっているのでその日のうちに帰ってきました。カウアイ島は「グリーンアイランド」と言われるだけあって、センターはまさに「緑の中のセンター」です。

 私は在職中、4回同島を訪問することができて信徒の皆様と信仰の喜びを分かち合うことができて、大変有り難いことでした。

 話は変わりますが、先日個人で所有している車を売却しました。アメリカは日本と比べて中古車が割合高く売れます。私は移動用として公用車を使わせていただいておりましたが、カネオヘは田舎でどこに行くにも車が必要ですので、家族の分は車(中古車)を購入していました。インターネットでも評価額は調べられますが、中古車を取り扱っているディーラーに詳しく説明して、いくらで買い取ってもらえるか聞きました。実際はそれよりも高く売るでしょうから、その価格で買う人がいるかどうかメンバーの人に聞いて誰も買う人がいなかったらディーラーに売ろうと思っていました。すると、「買いますよ」と即決する人がいました。こちらの人は即決してしまうんです、高い買い物でも。

 ちょっと試乗して、すぐにチェック(小切手)を持ってきてお金を渡してくれて、市役所で簡単な手続きをして売買完了。しかし驚いたことに購入された方は、91歳のおじいさん。その人は、実相センターのプロパティーのメインテナンスをしているれっきとした生長の家ハワイ教区の職員で、今なお現役で、30分ぐらいの距離を運転してこられます。90歳を過ぎた人に車を売るとは思いもよりませんでした。

 アメリカでは免許証はIDとして頻繁に利用されます。飛行機に乗るとき、ホテルのチェックインで、銀行で、その他色々な場面で利用されます。またハワイは観光地なので、観光客には少し高い値段を設定している場合がありますが、ハワイ州に住んでいることを示すIDがあると、地元民の料金(これをカマアイナと呼んでいます。ハワイ語だと思います)で利用することができます。

 さて、車とはいえ、家族3人で出かけるときにはいつもこのプライベートカーを使っていましたので別れるのは寂しいものです。最後にお掃除をして、家族に楽しい思い出を作ってくれたことに感謝して、お別れをしました。。。でも、この車は引き続いて、実相センターに来ていますし、光明化運動のために使われるので、とても有り難いことだと思いました。

 写真は、飛行機の窓から、カウアイ空港で(のどかな所です)、カウアイセンターの庭からセンター(右の建物)を写したもの、見真会の様子です。

 阿部 哲也

Kauai_1
Kauai_1_2
Kauai_2
Kauai_3
Kauai_4


|

« 習慣の力/Tree Planting | トップページ | 引っ越しをして思うこと »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

great post as usual!

投稿: MarkSpizer | 2010/05/03 16:16

Thanks!

投稿: TA | 2010/05/04 02:52

阿部先生が乗っておられた車はどんな車種ですか?ちなみに僕はフォルクスワーゲンのツーランという車種です。

投稿: Yuji Otsuka | 2010/05/05 15:04

 大塚先生、お久しぶりです。ISTC の Newsletter に原稿を書いておられましたね。英語でのご講話もますます順調にされていて、素晴らしいと思いました。

 私(というより家内)が乗っていたのは 2005年式カローラのセダンです。ハワイは日本車がとても多いです。2007年の春にドイツに伺ったときに乗せて頂いたのもワーゲンだったと思いますが、今も同じ車でしょうか?

 阿部 哲也

投稿: TA | 2010/05/05 16:49

そうです同じ車に乗っています。この車のお蔭でいくつか忘れられない思い出ができました。
英語の講話は阿部先生の講話に比べれば子供みたいなものです。語学は時間がかかりますね。

投稿: Yuji Otsuka | 2010/05/07 03:42

 大塚先生の車は、光明化運動にも沢山貢献されて、徳を積まれていることでしょう。私も3年間お世話になった公用車に間もなくお別れです。およそ 50,000km 走ったことになります。こちらとの別れも寂しいです。

 それにしてもドイツ語と英語で講話をされるのですから、他の人にはわかり得ない、数々のご努力と苦労がおありだと思います。またお会いしたときに、色々聞かせてください。

投稿: TA | 2010/05/07 08:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 習慣の力/Tree Planting | トップページ | 引っ越しをして思うこと »