« 「考えよ!」 | トップページ | 太陽の力 »

“攻撃的読書”

 ロシア語の通訳者・翻訳者で作家でもあった米原万里さん(故人)が、『言葉を育てる』という本の中で、俳優の児玉清さんとの対談で次のように述べている箇所があります。

~~~~~~~~~~(以下引用)~~~~~~~~
米原 ロシア語学校に行って、国語の授業の違いに愕然とした
   んです。日本だと「よく読めました」でおしまいだけど、
   プラハでは「よく読めました。では今読んだところをか
   いつまんで話しなさい」ってやられるの。毎回。
児玉 要点を言いなさいと。
米原 これやられると、読みながら中身をつかまえるのが習性
   になるんです。受け身ではない攻撃的読書。
児玉 今のお仕事にすごく役に立ったでしょう。我々は勝てな
   いですね、その人たちに。
米原 脳は出力モードだから、話すという形で出した方が、読む
   時の吸収力も増すと思うんです。
                   (『同書』54~55頁)
~~~~~~~~~~(引用ここまで)~~~~~~~~

 この中の“攻撃的読書”という言葉がとても印象に残りました。確かに、読んだ内容、あるいは聞いた内容を伝えるという目的があると、読む姿勢、聞く姿勢も違ってきます。確かに生長の家の布教活動においても、教えをただ学んでいるときと、伝えようとして学ぶときとは、教えの吸収の仕方に大きな違いがあるのと同じだと思いました。

 情報源を失念してしまいましたが、次のような話を聞いたことがあります。それは、小学生か中学生のあるお子さんが塾も行かないで常に成績がトップだというので、どういう勉強をしているか調べてみたところ、その子のお母さんが色々な事情で学校へ行けなかったので、息子さんに「学校で習ったことを教えてほしい」と頼んだというのです。それで親孝行の息子は学校で習ったことを母親に伝えるために、授業中、必死で先生の言うことを聞いていたため、習ったことを驚異的に記憶していた、ということでした。

 先日もABCテレビのニュースを見ていたら、レポーターの人が小学校に入っていって小学生に質問している場面がありました。メキシコ湾で起きている原油流出の事故について、色々質問しているのです。そして小学生が意見を言うと必ず「Why?」と言って理由を聞きだし、その答えをもとにさらにディスカッションを上手に発展させていっていました。

 娘もプリスクールの時代から(3歳、4歳から)、意見を言って、理由を聞かれて、「because」で始まるセンテンスを話していたように思います。ただし、その頃はほとんど理由になっていませんでしたが。。。しかし、そうやって自分の意見を言い、その理由を話す習慣をつけていれば、身の回りで起こることも色々と考えながら、積極的にとらえることができるようになるのだと思います。

 生長の家の書籍や雑誌の一部を読んで感想を述べあう「輪読会」はどの国でも行われていると思いますが、日本の方は一般的にシャイだと思います。ハワイ教区では、日頃よく話す人はもちろん、普段はそれほど話さない人も意見を求められると堂々と、その文章に関連する自分自身の体験や疑問を投げかけたり、実に積極的に意見交換が行われている場面をよく目にしましたが、これはそういう教育を受けてるからだと思いました。ちなみに、日本語の母親教室に参加されていた若いお母さんたち(日本人)も、初めて参加された方でもご自身の意見をしっかり言われるのに感動したことがよくありました。

 私もアウトプットを意識した読書をしていこうと思います。
 
 阿部 哲也


|

« 「考えよ!」 | トップページ | 太陽の力 »

異文化コミュニケーションに関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「考えよ!」 | トップページ | 太陽の力 »