« お盆(2) | トップページ | ハワイの風景(3) »

「エコ」なエレベータの使い方

 私の職場である生長の家本部、教化・講師部講師課では、毎月月末に行われる課内会議において、職員の環境に対する意識向上のための勉強会を開催しています。担当講師は9人の課員が1人ずつ順番で担当することになっていて、今月は課長補佐の本間勝さんが担当しました

 今回、本間さんが紹介されたのは、北見工業大学の学生が研究した、効率的なエレベータの乗り方についてでした。私がとても興味を引かれたのは、一度に乗る人数の違い、あるいは一度に移動する階数の違いによる、エレベータの電力消費量(およびCO2排出量)の変化です。同大学の環境保全学生委員会のウェブサイト(http://kiteco.web.fc2.com/index.files/Page1482.html)には、エレベータの仕組みの図とともに、下記のデータが乗っていました。

                平均消費電力 平均CO2排出量
                   (kw)        (g)
 1. 満員(750kg)1F→7F   149.8        21.6
 2. 満員(同)  7F→1F    12.4          1.8
 3. 4割(300kg) 1F→7F    20.8          3.0
 4. 4割(同)   7F→1F    45.8          6.6
 5. 空  (0 kg) 1F→7F    11.5          1.7
 6. 空  (同)   7F→1F   133.1         19.1

 この表で驚いたのは、1.の満員時、1階から7階に昇るときの電力消費量と、6.の空の状態で、7階から1階に降りる際の電力消費量がほぼ同じ、ということです。最初これは何かの間違いだと思いましたが、前述のウェブサイトにはエレベータの構造の図が載っているのですが、どうやら軽いものを下ろす際には、おもりをあげる動力が大きいため、電力が必要なようです。分かったような分からぬような。。。

 あと面白いと思ったのは、1階から7階に上がる際、4割を乗せているとき(3)の電気使用量が、満員のとき(1)と比べると7分の1ですむということです。

 ということで結論は、上りは少人数で利用する、上の階から「空のエレベータ」を呼ぶことを控える、ということがエレベータの「エコ」な利用法のようです。

 今の生活ですぐにできることは、5階から下におりるときには(事務所が5階ですので)人が多くないときを除いてはエレベータを使わない、ということです。こういうことは知っていれば、少なくとも意識をするので、有り難いデータだと思います。

 阿部 哲也

 

|

« お盆(2) | トップページ | ハワイの風景(3) »

地球環境問題に関すること」カテゴリの記事

コメント

阿部さん、有り難い情報をありがとうございます。
先日、家内がエレベーターを使うとどれだけ電気が使用されるのだろう、と言っていたところなので大変有り難かったです。
早速、家内にも伝えてエレベーターの乗り方について考えます。

投稿: 田中道浩 | 2010/08/27 15:00

田中さん、コメント有り難うございました。
奥様、とても環境に対する意識が高いのですね。
よろしくお伝えください。

 阿部 哲也

投稿: TA | 2010/08/29 11:23

お久しぶりでございます(=^▽^=)

この結果には・・・意外でした。

7階でエレベーターが止まっているときは、何人かと一緒の時なら私も乗って重くした方がエコになるということ?でも、動かさないならその方がいいから、やっぱり歩くのが一番かな~などと、ぐるぐる考え、面白いです(^^;)


>職員の環境に対する意識向上のための勉強会

とは、さすが本部ですね~!

意識したり考えたりすることで、行動がかわってきますものね。次の勉強会のネタ?も楽しみにしています。


投稿: うっち~まま | 2010/09/09 23:52

うっち~さん

 私は単純なので、上から降りるときには使わない、下からは2段階あがるときまでは使わない(つまり1階から3階までは使わないけど、4階以上になるときには使う)、ということにしています。これだと5階に止まっているエレベーターを1階に呼ぶとエネルギーの浪費ですが、5階まで歩くのはやっぱり厳しいです。。。

-TA

投稿: TA | 2010/09/10 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お盆(2) | トップページ | ハワイの風景(3) »