« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

生長の家前総裁・谷口清超先生2年祭

 昨日は生長の家前総裁・谷口清超先生の2年祭が生長の家本部ホールでありました。谷口清超先生の奥様で、白鳩会前総裁、谷口恵美子先生もご臨席になり、生長の家総裁、谷口雅宣先生とともに、ご挨拶を述べられました。

 12月なみの寒い気候だったので行くのをためらった方もおられたと思いますが、篤信の方々がお集まりになり、皆で谷口清超先生から頂いたご恩に感謝申し上げ、伝道への決意を新たにいたしました。とりわけ、谷口恵美子先生のご挨拶は圧巻で、谷口清超先生が作られたアルバムをご覧になっいて、それは嬉しいこと、楽しいことばかりが収められている「日時計アルバム」だということに気づかれたことなど、ご日常の気づきについてお教えくださり、最後に、谷口清超先生のご著書『新世紀へのメッセージ』の中の「夕焼け」と題したご文章(93~95頁)を紹介してくださいました。私はそのご文章にものすごく胸を打たれました。一部ですが、以下にご紹介します:

(前略)私たちは美しい夕焼けを望むように、人生の晩年も、美しい夕焼けでありたいと思います。しかしそのためには、死ぬ時だけを美しく、安楽に、しかも尊厳死を、というわけには行かないものです。
 何故なら、人生は一貫して連続しているからです。死ぬずっと以前から、美しく生きていってこそ、はじめて美しく死ねるというのが本筋ではないでしょうか。だから、今すぐ、正しく生き、愛を行い、どんな小さなことでも、人々や国や社会のためになることを行いましょう。人に知られようが、知られまいが、そんなことは全く問題にしないで……。

 私がまだ大学生で愛知県に住んでいたとき、谷口清超先生が三重の講習会にご指導に行かれた際、名古屋駅で新幹線に乗り換えられるので、先生が待合室でお座り頂けるよう、席を確保するよう、教化部事務局長から依頼されたことがありました。先生と秘書の分ということで、そのとき活動していた女子大生と私とで、行きました。ほぼ時間通り、三重教区の幹部と愛知教区の幹部とともに待合室に谷口清超先生が入ってこられたとき、私はふと、あるアイディアが思いつきました。私は名古屋駅に行くまでの間に、谷口清超先生が出された新刊書を読んでいたので、そのご本にサインをしていただけたら、と思ったのです。

 それで、「先生にサインしていただけないでしょうか」と伺ったら、秘書が持っていた先生の鞄を手元に寄せられ、ご自身の万年筆を取り出され、「何て書けばいいの?」とお尋ねになりました。不意を突かれて一瞬戸惑いましたが、「神は愛なり、とお願いいたします」とお答えしたら、「神は愛である」とお書きくださいました。そのときは、「神は愛なり」ではなく、なぜ、「神は愛である」とお書きくださったのか分からなかったのですが、先生はご自身の言葉でお書きくださったのではないかと、今は思います。

 それを見ていた、当時の岡田淳・教化部長(故人)が非常に喜ばれ、多くの幹部が集まった集会で私がしたことを紹介され、「阿部君は図々しくて、素晴らしい! ふと思いついたことをすぐに実行したから先生からサインを頂けたのだ」と皆さんの前で賛嘆してくださり、とても嬉しかったのを覚えています。今も大切に保管してあります。

 谷口清超先生は、サインをしてくださった後、握手をしてくださり、「頑張ってください」とおっしゃってくださいました。先生の手がとても柔らかく、温かかったことと、先生の目がとてもきれいに澄んでいらしたことを覚えています。

 先生の2年祭にあたり、先生のご恩に報いることができますよう、業務にまい進していきたいと思います。

 阿部 哲也

| | コメント (0)

行き届いた幼稚園

 現在娘は、千葉県柏市にある「ホザナ幼稚園」という名前の幼稚園に通っています。ホザナとは、キリスト教で神を称える言葉として、典礼の中で歌われる言葉だそうです。「ホザナ幼稚園」という名前の幼稚園は全国にあるようです。

 娘の場合は、今年の4月までハワイに住んでいましたので、年長の途中から入園していますが、園長先生をはじめ先生方が皆、行き届いていて、時々文化の違いに戸惑う娘も安心して通わせることができます。

 娘が日本に来て戸惑ったことの一つは、友達との距離感でした。ホザナ幼稚園でも仲の良いお友達が出来て楽しく遊んでいたそうですが、娘と昼休みに遊ぶ約束をしていた子が、娘が食べるのが遅くてずっと待っていて、結局遊べなかったことをとても残念がっていた、というのです。

 ハワイではご飯を食べる時間は決まっていて、食べ終わらなければそこで全部捨ててしまうよう指導されていたので(これもどうかと思うのですが……ちなみに担任の先生はそこにいませんで、食事を担当する職員の人がいるのですが、あまり指導していないみたいでした)残って食べること自体も戸惑っているのですが、ただでさえ食べられなくて焦っているのに、友達に待っていられて、さらに戸惑ったようです。

 アメリカの子ども達は日本の子ども達に比べ、独立性が高いので、「私は私、あなたはあなた」という付き合い方をします。ですから日本のウェットな関係は慣れるまで時間がかかるかもしれません。

 ところで、娘の幼稚園で去る、10月11日(月)に運動会がありました。元々の予定では9日(土)のはずだったのですが、9日、10日とも雨で順延となりました。その運動会でいくつか感動したことがありました。

 まず、競争などの競技のとき、スタートの前に出場する子供の名前をマイクで皆、読み上げるのです。そして、遅い子がいると、マイクを持った先生や父兄が応援して(周囲もしますが)、盛り上げるのです。この幼稚園は障害を持った子でも普通の生活ができれば受け入れるので、他の幼稚園で対応してもらえなくて来る子もいます。そういう子は走るのが大変だったりますけど、皆で応援して、とても素晴らしい雰囲気を醸し出します。

 あと、年長さんによる、大きな布を使ったバルーンという出し物と組み体操も見事でした。先生の笛に合わせて、ハンバーガーの形をしたり、打ち上げ花火を模したり、色々な出し物を一糸乱れず(とはいきませんが……)、やり遂げました。組み体操も幼稚園生とは思えない出来映えでしたが、感動したのはその後日談です。

 このバルーンと組み体操は長い間をかけて練習したそうで、毎年の運動会で最も好評を博しているものだそうです。私も見ていてうるっときましたし、多くの父兄が感動して泣いていました。しかし中には、当日、体調が悪くて参加出来ない子もいました。娘も9日に開催していたら参加できなかったかもしれないところでした。

 ところが幼稚園では、休んだ子の親と連絡を取って、後日その親に幼稚園に来てもらって、その子の組だけですが、バルーンと組み体操を行った、というのです。その話を聞いたときには、とても驚きました。

 園長さんが熱心なクリスチャンで、幼稚園全体に、1人1人を大切にするという雰囲気に満ちていますが、障害者を受け入れたり、出場する子供の名前を読み上げたり、休んだ子と親のフォローまでしっかりするのは、信仰の土台があることを感じずにはおられませんでした。

 所属する団体の名称が異なれども、神様を真摯に信仰し、実践している人の素晴らしさを実感する、嬉しい出来事でした。

 阿部 哲也

 写真はバルーンの出し物と組み体操の様子です。


Photo
Photo_2


| | コメント (0)

国際共通語としての英語

 今日の『朝日新聞』のオピニオン覧に、立教大学教授の鳥飼久美子さんのインタビュー記事が載っていました。鳥飼さんと言えば、同時通訳者のアイコンとして、異文化コミュニケーションの大家として活躍されている方です。

 犬飼さんは学校英語について、以前は学校で英語を習えば「読み書き」は出来るようになったが、「会話中心」になった今は「読み書き」も、そして「会話」も出来なくなってしまった、と嘆いています。そして、「私に言わせれば、これまで企業人が外国に放り出されて何とか英語でやってこられたのは、読み書きの基礎力があったからなんです」と述べています。

 なるほど。私はこの意味がよく分かる気がします。毎日英語で会話をしていると、ある程度スピードには慣れるし、スムースに会話ができるようになりますが、あるポイントまで来るとそこからは全然上達しないような気がします。ところが本を読んだり、文章を書くということを続けていると、以前より英語の運用能力が上がっていることを感じることがあります。

 鳥飼さんは、コミュニケーションを重視すべきか、文法・訳読を重視すべきかという問いに対して、両方が大切で、「日本人の特性に合った、最大限の効果を出すような教育方法を皆さんで考えませんか、と言いたいですね。ある程度の基礎力を身につけたら、学校教育としては使命を果たしたと思っていいのでは。あとは本人の努力です」と述べています。

 よく聞くのは、日本人が英語が話せないのは文法、読解を重視する学校の英語教育のせいだということですが、学校の勉強だけで英語をものにしようというのはそもそも無理だと思います。他の教科だって時がたてば忘れてしまうのですから、英語だけ覚えているはずもありません。ましてや語学は使わなければ上達しないのは、当然です。

 さて、グローバル化しているといわれる現代に学ぶべき英語について、「英語はもはや米英人など母語話者だけの言葉ではありません。彼らは4億人程度ですが、インドやシンガポールのように英語が公用語の国の人たちと英語を外国語の人たちを合わせると十数億人。みなさんが英語を使う相手は後者の確率がはるかに高い。英語は米英人の基準に合わせる必要はない時代に入りました」。

 これはもちろん、場合によりけりで、英語圏で仕事をする場合には、母語の話者にとって不自然にならないような英語を話す能力が必要ですが、それをするには、ものすごい時間と労力が必要、ということです。ところが、英語でコミュニケーションを取れば良い、ということだったら、難しい言葉を知っていなくて良いし、文法的に多少変でも、通じれば良いと言うことになります。「大事なのは米英人のような発音やイディオムではなく、わかりやすさです。文法も、共通語として機能するための基本を教え、使うときには細かいことを気にせず使えばいいのです」と、犬飼さんは言います。となると、英語に対する敷居はだいぶ低くなってくると思います。

 日本語を話す人種はほとんどが日本人という立場からすると、ネイティブではない話者がネイティブより多く、話している言葉も文法的に正しくないものも少なくない、というのは奇異に感じます。逆に言うと、英語を母語にしている人は、色々な国の人が話す英語を聞かなければならないので、言葉に対する包容力が磨かれるのだと思います。

 そして鳥飼さんは次のような言葉で締めくくっていました:「国際共通語としての英語に、もう一つ重要な要素があります。それは自分らしさを出したり、自分の文化を引きずったりしてもいい、ということです。『アメリカ人はそうは言わない』と言われたら『アメリカでは言わないでしょうが、日本では言うんですよ』。それでいいんです」「日本人は日本人らしい英語を話し、相手は例えば中国人なら中国人らしい英語を話し、でも基本は守っているから英語として通じる、コミュニケーションが出来る。これが、あるべき国際共通語としての英語です」。

 このような「国際共通語としての英語」をマスターするというように目標を設定すると、出来ないことをしようとすることもなく、努力を続けられる人も増えてくると思います。ちなみに、欧米の映画やドラマを字幕なしで楽しむ、ということは、あちらの文化、生活習慣をも知らないと出来ないので、「国際共通語としての英語」がたとえ話せたとしても、必ずしもできるわけではありません。私はハワイに住んで3年目にしてようやく、映画館で映画を見て、だいたい理解出来る程度になりました。でも、皆が笑っているところで笑えなかったり、映画の種類によっては半分も分からなかったりもしました。なかなか奥が深いものだと思います。

 阿部 哲也

| | コメント (0)

感動の贈り物

 数日前、ハワイから贈り物が届きました。送り主は、Communities in Schools(CIS)のハワイ支部のある方からでした。CISというのは、フリー百科事典「ウィキペディア」(英語版)によると、アメリカの約30の州にある独立機関で、子供が学校で落ちこぼれないようにするなど、必要な援助を差し伸べるものです。ハワイの場合は、ハワイの文化を継承する目的もあるようです。

 その人たちが、合宿してセミナーをするに際して財政的に余裕がなくて、生長の家ハワイの実相センターを使わせて欲しい、という依頼があり、使わせて差し上げたことがありました。実相センターでは、毎月1回、生長の家の信徒の方がお掃除をしてくださる日があるのですが、CISの皆さんは、ご自分達が使った月の前後の月のみならず、その後も継続して、お掃除の日には何人かの方がお掃除に来てくださり、感謝の気持ちを表してくださったのでした。

 その中に、学校の先生を志している、レイラニ(Leilani)という若い女性がいて、大人が掃除をしている間、娘の面倒をよく見てくれていました。娘も彼女によく懐いていて、彼女が来るのを楽しみにしていました。

 今年の3月に私の帰任が決まり、家内と娘は学校等の事情で4月はじめに帰国したので、お掃除に来てくださっていたCISの皆さんにお会いできなかったのですが、それを知ったらレイラニはとても悲しんで、娘と一緒に過ごした時間がどれだけ楽しい、幸せな時間だったかを写真のフレームの中に書き込んで、写真とともに送ってくれたのでした。

 CISの方とは、実相センターのお掃除以外でお会いすることはほとんどありませんでしたし、組織的なつながりもありませんのでお会いする機会はあまりなかったのですが、このように出会った喜びと別離の悲しさを表現してくださったのを見て、涙があふれて仕方がありませんでした。

 何事も表現することが大切であることを学ばせていただきました。
 Thank you Leilani! We never forget you.

 阿部 哲也

Group_photo_for_cleaning


実相センターのお掃除をしてくださった皆さんと。左下で、娘と一緒に写っているのがレイラニです。

| | コメント (0)

アルゼンチンとの親善試合

 サッカー日本代表が、親善試合とは言え、10月8日に埼玉スタジアムで行われたアルゼンチン戦に1対0で勝利したのには、本当に驚きました。これまでの6回の対戦では、スコアこそ僅差であっても、実力の差は歴然としており、あちらが一度リードすれば、スター選手はベンチに退き、残りの選手達も無理をしないで、点を取られないように要所を押さえる――という試合運びをされていたと思います。

 もちろん今回はあくまでも親善試合であり、相手は10時間以上のフライトで来日し、モチベーションもそれほど高くはない。それはそうですが、相手の監督は暫定監督で正式な監督になるためにはどの国に対しても取りこぼしたくはありませんし、現在世界のベストプレイヤーと言われるリオネル・メッシをはじめ、世界のトッププレーヤーをそろえたタレント軍団で、最近の親善試合でワールドカップ優勝国スペインを4対1で撃破した強豪チームが、どこが相手でも、負けても良いと思っているはずはありません。

 対する日本はザッケロー二監督の初陣ですからまだ、監督の打ち出すコンセプトもあまり浸透しないだろうし、、ワールドカップで守りの要となった闘莉王、中沢、そしてMFの松井も出ていないということで、私は2、3点取られるのは覚悟していました。

 ところが、結果としてはワールドカップのときの連帯感、連携、そしてモチベーションはそのままかそれ以上で、新しい有能な戦力が加わり、指揮官の適切な指示を選手がだいぶ理解していた、ということのようです。

 そして歴史的な勝利をしたにもかかわらず、監督も選手も浮かれることなく、つまり現在の実力が冷静に見つめていて、次に進もうとしているのに、さらに驚いてしまいました。ザック監督は、選手を称え、感謝をしながらも、次の日には前日の復習のため修正点を集めたビデオを見せて、“猛反省会”をしたそうです。

 これが、ワールドカップ前には、なすすべ無く、韓国、イングランド、コートジボワールに立て続けに敗れた同じチーム(しかも、メンバーは大きく変わっていない)かと思うと、何がこれほど違うのかと、考えないわけにはいきません。

 ワールドカップを戦ったメンバーに、大会後に加わったメンバーに香川真司という21歳の選手がいます。今、ブンデスリーグ(ドイツ)で大活躍中の“ワンダーボーイ”ですが、彼はJ2という、二部リーグだった選手で、大会後にドイツに渡っています。香川選手は、ドイツの指導者が育てかというと、そうではなさそうで、ブンデスリーグという非常にレベルの高い場所で、才能を上手に開花しているようです。

 それで私が思うのは、日本には質の高い選手はいるのだけど、それを見出し、適材適所に配置できる指導者がいない、あるいは非常に少ない、ということだと思います。ザック監督が言っていました、「日本の選手のクオリティはとても高い。ただ日本人はそれを知らないだけだ」という言葉がそれを物語っているような気がします。

 指導者は、単に「自信を持て」というだけでは足りません。どのような選手を選び、その選手が全体の中で生かされ、全体も機能するようポジショニングをし、相手に従って、ゲームプランを立てる。ものすごい複雑な仕事です。

 ザック監督は病気を理由に20歳で選手を引退して、指導者となるための猛勉強を重ねて、下部リーグの監督で実績を積み、ACミラン、インテル・ミラノ、ユベントスという世界に名だたるイタリアのビッグクラブを指揮してきたそうです。選手達は、監督の分析力のすごさにはびっくりしているようです。

 これからどのように指揮をしていくか楽しみですが、指導者の育成という面でも、力を発揮してくれるといいな、と思います。

 阿部 哲也

| | コメント (0)

職員親睦旅行

 去る9月29日、生長の家本部職員を対象とした親睦旅行の日帰りコースに参加しました。全体で約50名が参加されたようです。私は3年間ハワイに行っていて、本部に戻ってきたときにお顔を存じ上げない方がいたので、手軽に参加できる日帰りコースに参加しました。(一泊のコースは10月中旬にあります)

 今回の旅行では東京アクアラインを通って千葉県に入り、南房総国定公園にも指定されている鋸山(のこぎりやま)から日本寺を散策、漁港の目の前にある新鮮なシーフードのお店で昼食、その後、干物か塩辛作りの体験、そして温泉に入浴、というものでした。

 実は、千葉県には東京ディスニーランド以外にもあまり知られていない、見所豊かなところがあります。また、農産物の生産も大変盛んで、全国的に知られている落花生以外にも、産出額全国1位が沢山あります。千葉県のホームページによると、サツマイモ、落花生、だいこん、かぶ、枝豆、さやいんげん、春菊、さといも、などが第1位、ねぎ、にんじん、キャベツ、スイカ、びわ、ししとうなどが第2位だそうです。(いずれも平成20年の数字)ちなみに、伊勢エビの漁獲高も第1位だそうで、そのことを房総のある旅館が宣伝していたのを覚えています。

 千葉県には知られていない見所が一杯あるということをアッピールしたかったのですが、話題がそれてしまいました。

 鋸山へはロープウェイで上がり、下りは散策しながら1時間ほど歩きました。頂上には「地獄のぞき」と言って、断崖から下を見下ろす展望台のようなものがあり、下を見た瞬間立ちすくんでしまいました。高所恐怖症の方は見ない方が良いです。それにしても頂上の景色は絶景で、また、歩く道も雨上がりの、瑞々しい木々と、とても澄んだ空気に癒されました。

 おそらく多くの参加者の印象に残ったのは、干物か塩辛作りの体験コースだと思います。近くで民宿を経営されているご夫婦の指導により、干物コースと塩辛コースに分かれ、実際にお魚やイカをさばいたりして、作ったものを手土産にする、というものでした。

 私はお酒は飲みませんが、塩辛コースにしました。理由は、こちらの方が簡単そうだったからです。そういう理由で選んだ方が他にもいましたが、実際には塩辛の方が難しいそうです。私は塩辛のミソは、イカに含まれるミソを使うということを初めて知りました。なかなか難しく、うまくいかないときには先生のヘルプを頂きながら、何とか無事に作ることができました。(写真を取り損ねました。。。)ちなみに指導された方があまりに熱の入れようで、予定していた時間を1時間近くもオーバーしてしまいました。

 最後は日頃の疲れを癒す温泉でした。ホテル三日月というテーマパークのような温泉で、どこに入るか迷うほどでしたが、スタンダードな露天風呂に出たり、入ったりしました。

 時間が予定していたのよりもだいぶオーバーしてしまったので、帰りはバスで原宿の本部に戻らず、ホテル三日月の送迎バスで木更津まで送ってもらい、そこから電車で帰宅しましたので、午後7時には家に着くことができました。

 この旅行を企画した担当責任者の方によると、「今回は若い人たちのアイディアでねえ。老いては子に従えだよ」などとずいぶんと、お年寄りめいたことを言っておられましたが、確かに、内容といい、時間配分といい、大変よくオーガナイズされていて、素晴らしい企画だったと思います。企画、運営してくださいました関係者の皆様に感謝申し上げます。

 なお、今回はドイツからの研修生のギド・ビュルクナーさん(Guido Burkner、ドイツ人)、パクさん(韓国人)も参加されました。きっとお2人の思い出の1ページとなったことでしょう。私はかつてドイツに2回、韓国に1回、それぞれ生長の家の行事に講師として出張したことがあり、ギドさんともパクさんとも本部にいらっしゃる前から顔見知りです。今回はギドさんとは鋸山の散策の時に、パクさんはバスの中で色々お話をして親交を深めることができて、とても良かったです。ちなみに、ギドさんは生長の家のドイツ法人の前理事長、パクさんは生長の家の韓国法人である「光明会」の初代会長のお孫さんで同法人の職員、お2人とも前途有望な青年です。

 以下、写真です。

 東京アクアライン上にある「海ほたるパーキングエリア」の5階展望台でギドさんと、鋸山からの展望、同山の「地獄のぞき」から撮影したもの、日本寺の大仏(高さ31メートル。日本最大だそうです)、シーフード主体のボリュームたっぷりの昼食。皆さん“マイ箸”を持参されていたのはさすがです。その後は電源切れで、写真がありません。。。残念です。

01_lookout_with_guido
02_nokogiriyama
03_jigoku_nozoki
04_buddhist_statue
05_banya_lunch


| | コメント (2)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »