« 職員親睦旅行 | トップページ | 感動の贈り物 »

アルゼンチンとの親善試合

 サッカー日本代表が、親善試合とは言え、10月8日に埼玉スタジアムで行われたアルゼンチン戦に1対0で勝利したのには、本当に驚きました。これまでの6回の対戦では、スコアこそ僅差であっても、実力の差は歴然としており、あちらが一度リードすれば、スター選手はベンチに退き、残りの選手達も無理をしないで、点を取られないように要所を押さえる――という試合運びをされていたと思います。

 もちろん今回はあくまでも親善試合であり、相手は10時間以上のフライトで来日し、モチベーションもそれほど高くはない。それはそうですが、相手の監督は暫定監督で正式な監督になるためにはどの国に対しても取りこぼしたくはありませんし、現在世界のベストプレイヤーと言われるリオネル・メッシをはじめ、世界のトッププレーヤーをそろえたタレント軍団で、最近の親善試合でワールドカップ優勝国スペインを4対1で撃破した強豪チームが、どこが相手でも、負けても良いと思っているはずはありません。

 対する日本はザッケロー二監督の初陣ですからまだ、監督の打ち出すコンセプトもあまり浸透しないだろうし、、ワールドカップで守りの要となった闘莉王、中沢、そしてMFの松井も出ていないということで、私は2、3点取られるのは覚悟していました。

 ところが、結果としてはワールドカップのときの連帯感、連携、そしてモチベーションはそのままかそれ以上で、新しい有能な戦力が加わり、指揮官の適切な指示を選手がだいぶ理解していた、ということのようです。

 そして歴史的な勝利をしたにもかかわらず、監督も選手も浮かれることなく、つまり現在の実力が冷静に見つめていて、次に進もうとしているのに、さらに驚いてしまいました。ザック監督は、選手を称え、感謝をしながらも、次の日には前日の復習のため修正点を集めたビデオを見せて、“猛反省会”をしたそうです。

 これが、ワールドカップ前には、なすすべ無く、韓国、イングランド、コートジボワールに立て続けに敗れた同じチーム(しかも、メンバーは大きく変わっていない)かと思うと、何がこれほど違うのかと、考えないわけにはいきません。

 ワールドカップを戦ったメンバーに、大会後に加わったメンバーに香川真司という21歳の選手がいます。今、ブンデスリーグ(ドイツ)で大活躍中の“ワンダーボーイ”ですが、彼はJ2という、二部リーグだった選手で、大会後にドイツに渡っています。香川選手は、ドイツの指導者が育てかというと、そうではなさそうで、ブンデスリーグという非常にレベルの高い場所で、才能を上手に開花しているようです。

 それで私が思うのは、日本には質の高い選手はいるのだけど、それを見出し、適材適所に配置できる指導者がいない、あるいは非常に少ない、ということだと思います。ザック監督が言っていました、「日本の選手のクオリティはとても高い。ただ日本人はそれを知らないだけだ」という言葉がそれを物語っているような気がします。

 指導者は、単に「自信を持て」というだけでは足りません。どのような選手を選び、その選手が全体の中で生かされ、全体も機能するようポジショニングをし、相手に従って、ゲームプランを立てる。ものすごい複雑な仕事です。

 ザック監督は病気を理由に20歳で選手を引退して、指導者となるための猛勉強を重ねて、下部リーグの監督で実績を積み、ACミラン、インテル・ミラノ、ユベントスという世界に名だたるイタリアのビッグクラブを指揮してきたそうです。選手達は、監督の分析力のすごさにはびっくりしているようです。

 これからどのように指揮をしていくか楽しみですが、指導者の育成という面でも、力を発揮してくれるといいな、と思います。

 阿部 哲也

|

« 職員親睦旅行 | トップページ | 感動の贈り物 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 職員親睦旅行 | トップページ | 感動の贈り物 »