« ラジオ放送を通して学んだこと | トップページ | 今年1年ありがとうございました »

「つなぎっぱなし」の人生

 NHK「実践ビジネス英会話」の今月後半のトピックは、「Staying Connected」(ネット接続)でした。このビニェット(小話)の中には携帯電話を持つことを意図的に拒否している人が登場していました。そしてその登場人物は、「携帯電話を使わないことで得られる自立感が気に入っている」(I like the sense of independence I get by not using a cell phone)と述べていました。アメリカでは携帯電話を使わない人は、全体のわずか15%だそうで、さらに、意図的にそうしている人はほんの僅かだということです。日本も似たような状況ではないかと思います。

 私もどちらかというと“携帯が好きではない派”ですが、最近は公衆電話が減ってきているので、携帯を持っていないと連絡に困る場合があります。といっても積極的に持っていないのではなく、近いうちに持つ予定です。ハワイ駐在中は仕事柄持たざるを得ませんでしたが、いつでもどこからでも掛かってくる電話はどうも、好きになれません。しかも英語での携帯での会話は私にとってはものすごく大変だったので、それも好きになれなかった理由かも知れません。

 さて、今回のトピックでは、ラップトップを開いて、スプレッドシートに目を通しながら、同時にスマートフォンで別のいくつかのことをしている人のことも出てきました。結局、ネットに常時接続していると、疲れてしまい、結局生産性も落ちるのではないか、と述べている登場人物もいました。

 私もその意見に同感です。現在はネット接続の料金設定では、従量制で契約することはほとんどないと思いますので、休みの日にメールをチェックするのでも、朝と晩の2回、などと決めておかないと、ついつい色々なことに気をとられ、インターネットのサイトをのぞいてしまい、やりたかったことができなかった、ということもあります。私は、ipodにABCニュースを入れたり、NHKのラジオ講座を入れるなどしているので、毎日家に帰ってからパソコンを立ち上げるのですが、目的以外のことに使わないのは、事のほか自制心が必要と感じます。

 その他、新聞やテレビでは、携帯電話を使わないと禁断症状が出てくる高校生が出ていたりして、どのような用途でもネットに「つなぎっぱなし」の人生には弊害の方が多いようです。年末年始は家にいる時間が長いので、気をつけようと思っています。

 道具を使いこなすか、道具に振り回されるのかで大きな違いが出てくると思いますが、自分のやりたいことを明確にして、その中で優先順位をつけておき、ネットには執着しない、という姿勢が大切だと思います。

 阿部 哲也

|

« ラジオ放送を通して学んだこと | トップページ | 今年1年ありがとうございました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184765/50421209

この記事へのトラックバック一覧です: 「つなぎっぱなし」の人生:

« ラジオ放送を通して学んだこと | トップページ | 今年1年ありがとうございました »