« 娘の日時計日記(2) | トップページ | 地方講師の試験が各教区で行われています »

“森の中”を下見

 現在生長の家では、2013年(平成25年)から北杜市に本部の建物と機能を移す、いわゆる「“森の中”のオフィス」構想が進行中ですが、1月14日から16日までの3日間のうちの1日、本部職員と家族(希望者)を対象に“森の中”のオフィスと職員寮予定地の下見が行われました。私は妻と娘と共に、14日に参加しました。

 ※“森のオフィス”構想については、下記をご参照ください。
 http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue/2010/12/post-c4a7.html#search_word=なぜ“森の中”なのか? 
 http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20100124.html

 私の家ではケーブルテレビを引いていて、その中のお天気チャンネルで、自宅とともに北杜市の天気をよくチェックしています。海抜1,100mから1,300mの高地ですから、気温が低いだろうことは予想していましたが、予想に違わず、底冷えのする気候でした。しかし、海抜1,300mにある「オフィス」建設予定地あたりにはいくらか雪が残っていましたが、道路にはほとんどなかったのには驚きました。現地で説明してくださった方によると、「雪は積もるほどは降りません」とのことでした。

 私は娘に、「雪があるからね」と言ってしまっていたので娘ががっかりするかと心配しましたが、道ばたや林の中にある雪を見つけて「雪だ、雪だ!」と喜んでいる様子を見て安心しました。娘は1歳半のときに雪に触れたのを最後に、これまで雪を見たことがないのです。昨年までハワイにいましたから。ですから雪を見たときの喜びようは相当のものがありました。

「百聞は一見にしかず」とは良く言ったもので、実際に見てみるとこういう所に住むのだな、というイメージが湧いてきます。

 以前、ハワイに赴任しましたときには事前に、海外で暮らすということ、そしてハワイで暮らすということがどういうことかが分からず――海外暮らしが初めてでは分かるはずもないのですが――色々大変だったので、今回はよく調べ、よく考えを巡らして、そのときに備えようと思います。

 色々な点で都会と比べて不便なこともあるでしょうし、自然は人間にとって都合の良い面だけではないということもありますが、やはりきれいな空、空気、水に囲まれ、雄大な富士山を臨める“森の中”の生活は、これまで経験したことのないことを感じ、学ぶことができるような気がします。

 阿部 哲也

Hokuto_1
Hokuto_2
Hokuto_3
Hokuto_4

|

« 娘の日時計日記(2) | トップページ | 地方講師の試験が各教区で行われています »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 娘の日時計日記(2) | トップページ | 地方講師の試験が各教区で行われています »