« 「主体者」の自覚について | トップページ | 代表者会議と立教記念日 »

北海道への出張

 一昨日から今日まで北海道に出張しました。北海道を訪れるのはとても久しぶりです。とりわけ札幌は15年ぶりぐらいだと思います。現在の札幌教化部は平成14年に建てられたとのことですが、建てられたばかりかと思うように手入れが行き届いておられ、温かい雰囲気に満ちていました。

 よく言われることですが、北海道の室内はとても暖かいです。暖房をよく使うからだとは思いますが、家の構造も寒い地域ならでは作りになっていることもあります。2週間前に函館に伺った際、函館教区の谷垣事務局長に伺ったのですが、北海道の十勝地方は冬でも昼間は太陽が出ることが多く、太陽が出ていれば昼間は暖房がいらないのだそうです。ただし、太陽が沈むと一気に冷えるそうですが。それに比べると函館は、昼間もあまり太陽が出ないので、朝晩の冷え込みは厳しくなくても何となく寒く感じる、と言っておられました。

 このようなことは関東地方に住んでいるとなかなか知り得ないことだと思いました。ちなみにハワイも、一年中、貿易風が吹くので、日向を避ければ涼しいこと、朝晩は涼しく熱帯夜などないこと、エアコンがなくても充分快適に過ごせることなどは、ハワイに住んだことがなければあまり知り得ないことだと思います。

 札幌の教化部の最寄り駅は発寒(「はっさむ」と読みます)という駅で、歩くと10分ほどの距離ですので、「駅まで迎えにいきましょうか」とおっしゃってくださった講師会の事務担当の方のお誘いを丁重にお断りし、歩きました。いつ購入したのか分からないのですが、だいぶ前に買った登山靴のような靴があり、冬の雪国に伺うとき以外に使い道がないので使いたかったのと、シェイブアイスのようなパウダースノーの上をぜひ歩きたかったこと、そして歩くと、そこここに色々な「発見」があって楽しいからです。ただし方向音痴の私は、地図があっても迷うことがあり、先方様にご迷惑をかけてはいけないので、あまり周囲の景色に気を取られてはいられません。それでもあちらこちらでシャッターを切りながら、無事に教化部に着きました。途中、歩いていてもなかなか着かないので「間違えたかな?」と不安になったのですが、大型の太陽光発電装置が太陽に当たってきらきら輝いているのがちらっと見えましたので、「大丈夫だ!」と確信しました。札幌の太陽光発電装置の電力容量は31kwです。

 札幌教区の次に伺ったのは空知教区(教化部は滝川市にある)でした。滝川駅に着いたのは午後7時頃でしたが、粉雪が舞っていました。こちらも例によって登山靴で、テクテクと歩いてホテルへ向かい、翌朝も歩いて教化部に伺いました。空知教化部にも立派な太陽光発電装置があります。滝川は札幌よりもさらに寒いのですが、空気が澄んでいて、長く歩くのでなければ快適に歩くことができます。(ただし少し筋肉痛。。。)

 札幌、空知の両教区では地方講師試験が行われました。どの会場でもそうですが、受験者の皆様がこれまで努力して教えを学ばれてきたことが一目で分かる、充実した表情をされていたのに、またまた感動しました。

 ここのところ雪国への出張が続きましたが、いずれもお天気に恵まれて、仕事の緊張感から解放された後には、美しい雪の風景を堪能させていただきました。感謝、合掌。

 阿部 哲也

写真は、ローカル線の車窓から、札幌教化部内にある「技能と芸術を生かした誌友会」発表された作品、札幌教化部外観、滝川のホテルの前にあるライトアップした飾り、空知教化部です。
1_sapporo_1
2_sapporo_2
3_sapporo_missionary_center
4_hotel_miurakaen
5_sorachi_mc

|

« 「主体者」の自覚について | トップページ | 代表者会議と立教記念日 »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「主体者」の自覚について | トップページ | 代表者会議と立教記念日 »