« “森の中”を下見 | トップページ | 「主体者」の自覚について »

地方講師の試験が各教区で行われています

 1月の終わりから毎週末出張しています。生長の家のボランティア講師である地方講師の試験が行われているためで、その試験官として色々な教区に伺っています。受験される方々が真摯に試験に取り組んでおられる様子を拝見して、感動で胸がいっぱいになります。

 受験される方との何気ない会話から、そして面接をさせていただいた方との会話からは、受験のための勉強をして、教えの奥深さ、そして素晴らしさに感動した、ということをよく耳にします。それは、これまで教えを受ける側だった方が、教えの内容を説明する勉強を通して、これはこういうことだったのか、と新しい発見があったのではないかと思うのです。私も数年前に本部講師の試験を受けたときに沢山の新しい発見がありました。

 また、自分のために学ぶときと、人様にお伝えするために学ぶのとでは、後者の方がより多くのことが身につく気がします。それは「自他一体」の気持ちが深まるからではないかと思うのです。

「自他一体」と言えば、今年の本部講師の試験の前に説明に立たれた目等泰夫・教化部長が受験者に、「自分のことはさておいて、他の受験者のために祈りましょう」と呼びかけ、「他の受験者のための祈り」を行いました。私はこれはとても素晴らしい事だ思いました。なぜなら、受験前は誰でも気持ちが委縮して緊張するものですが、他の人のために一心に祈るとき、「生命」が広がり、萎縮していた気持ちが溶けていくと思うからです。私自身も、英語の試験を受ける機会が以前にはよくありましたが、そのときに、他の受験者のための祈りをよくしました。

 これまで滋賀、函館、そして青森の各教区へ伺いましたが、それぞれの教区で教化活動上の責任者である教化部長の皆様がわが子の受験を心配する親のような表情をされていたこと、そしてその期待に応えるかのように、日頃の成果を出そうとされている方の真剣なまなざしには、いつもこちらの姿勢が正される思いになります。そして、試験が終わったときの安堵の表情に、こちらも癒されます。

 ちなみに一昨日と昨日は初めて、青森新幹線に乗りました。私は上野から乗車しましたが、行きは3時間半、帰りは3時間20分でした。感覚としては東京から岡山に行く感じです。

 生長の家では、「自然と共に伸びる運動」を進めており、職員が出張する際に二酸化炭素をどれだけ排出したかを報告することにしています。(そうしないと旅費の精算をして頂けません。。。)すると、飛行機での出張は電車の出張と比べて一桁、排出量が違うのです。そういう意味では、新幹線が青森まで開通したのはとても良いことだと思います。

 阿部 哲也 拝

※写真は新幹線の車窓から見た美しい伊吹山、滋賀県教化部の掲示板、函館教区の講習会のポスター(写真は教化部事務局長が撮影したもの。カレンダーが組み込まれていて)、教化部から撮影した函館山、雪の青森県教化部、青森県教化部の太陽光発電装置(装置の下を雪を取り除かないと発電装置にのった雪が下りないので、ここの部分の雪かきは欠かせないそうです。ちなみに雪かきをされているのは田中・教化部長)、ホテルから撮影した青森市内と青森港

1_shiga_1
2_shiga_2
3_hakodate_1
4_hakodate_2
5_aomori_1
6_aomori_2
7_aomori_3

|

« “森の中”を下見 | トップページ | 「主体者」の自覚について »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

阿部さん、先日は青森にお越しいただきありがとうございました。
ちょうど晴れている日でよかったです。
受験された皆さん、勉強できたことをとても喜ばれていました。今回は9人の受験者でしたが、来年は是非二桁を目指したいと思いました。
ありがとうございました。

投稿: 田中道浩 | 2011/02/16 16:52

 青森の皆様の真摯なご姿勢に、とても感銘を受けました。日頃のご指導の賜ですね。帰りの車の中で、田中教化部長がご年配の方にはとりわけ“人気”があることを嬉しくお聞きしました。ますますのご活躍をお祈りしています。
 Thank you very much!

 

投稿: 阿部 哲也 | 2011/02/16 17:29

阿部さんも試験管として出向かれているのですか。

愛知には昨日、辻田さんがお越しくださいました。
私は同時間に、合同生命学園でしたので、

「今日は試験をしているので静かにします」
「は~い足も抜き足さしあしね」

などということばかり言っていましたが、

青年会からも4名ほど受けたと聞きなんだかとっても嬉しいのでした。


そういえば、3月からラジオ放送と伺いました。
大活躍ですね!楽しみにしています。 (^人^)


投稿: うっち~まま | 2011/02/21 21:32

うっち~さん、

 先週末まで4週連続で各教区に伺っていました。受験者の皆さんと一緒に緊張したり、ホッとしたりしています。

 3月の放送なんですけど、ちょっと早口だったと思います。内容が多かったものですから。。。

 阿部 哲也 拝

投稿: 阿部 哲也 | 2011/02/22 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “森の中”を下見 | トップページ | 「主体者」の自覚について »