« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

震災から1週間

 今日で震災が発生してから1週間が過ぎました。谷口雅宣・生長の家総裁は、今回の地震についての「お祈りの言葉」を発表されました。

http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue/2011/03/post-6f4f.html#search_word=自然と人間の大調和を観ずる祈り

 今から10年以上も前から、人間は自然の一部であることを訴えられ、人間中心主義的なものの考え方を批判され、人々の欲望を正しくコントロールする生き方を人々に伝えるのが宗教の役割であると説かれててきた生長の家総裁の思いがこのお祈りに凝縮されていると思います。とりわけ、愛である、全能である神がいるのであれば、なぜ、このような残酷な出来事が起こるのか、と疑問に思われている方にはぜひ、読んでいただきたいと思います。私自身もこの素晴らしいお祈りを毎日実修して、一日も早く、復興がなされますよう、できることにまい進したいと思います。

 震災が発生した時点では神戸にいた私はその後、長崎で仕事をして、14日のお昼過ぎに帰京しました。私が住んでいる千葉県北西部には常磐線で帰宅するのですが、その日は松戸までしか電車が通っていなかったので、つくばエクスプレスに乗り、運転打ち切りぎりぎりで「流山セントラルパーク駅」に着き、妻に車で迎えに来てもらい、帰宅することが出来ました。

 私が住んでいる地域では15日から計画停電が実施されていて、昨夜はゴールデンタイム(午後6時50分から9時まで)に停電となりました。今日は、多くの方の節電の努力により、停電が回避されたようです。今、人々が一つの目標に向けて努力をする、尊い姿が現れていると思います。他にも指摘しておられる方もいますが、現在供給できる最大の電力容量と現在の使用量をテレビやツイッター等で目に見えるようにすれば、人々の節電意識はさらに高まるのではないか、と思います。

 さて幼稚園の年長だった娘は一昨日、大好きだった幼稚園を卒園しました。ハワイから日本に戻ってきて、3歳から2年半、ずっとハワイで教育を受けてきたため、日本の習慣やリズムに最初は戸惑っていましたが、幼稚園の先生や友達、そして多くの方々のご愛念ですっかりと溶け込み、毎日楽しく通園していました。

 この幼稚園は、海外に住んでいる人で短期間でも日本の幼稚園を経験させたいという場合でも受け入れてくる大変、包容力のある幼稚園です。また娘の担任もとても良い先生で、毎日帰る前に、「今日は○○ちゃんがこんな良いことをした、あんな良いことをした、こんなことが出来た、あんなことが出来た」というように、先生が見つけた子ども達の良い点を発表していて素晴らしい、と園長が賛嘆をされていました。

 卒園式の日、担任の先生は、「このクラスは、縄跳びができない子がいればみんなで頑張って、と応援するし、失敗する子がいても、大丈夫だよ、と励まし合っていける、素晴らしい子供たちでした。そんな子ども達と一緒に過ごすことができて幸せでした」と言っておいおい泣いていたのを見て、先生と子ども達の気持ちが通い合っている、素晴らしいクラスだったことを感じました。そして、この幼稚園は、「日時計幼稚園」だと思いました。また、幼稚園の最後の最後で、大地震が起こり、先生のお宅に初めて1人で一泊するという、忘れようにも忘れられない経験をしたのも、何かのご縁だと思います。

 何かから卒業することは寂しいものですが、また新しい出会いの始まりでもあり、これまでを振り返って有り難いこと、恵まれていることに感謝をして、新しい出会いへの準備とできたら、と思います。

 阿部 哲也

| | コメント (0)

今回の大地震

 はじめに、この度の東日本大地震で亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げ、また負傷、あるいは被災に遭われた方が一日も早く立ち直られますよう、心からお祈り申し上げます。また、復旧作業のために働いて下さっている方々、有り難うございます。

 ITの技術が普及している時代を反映して、色々な国の方が応援やお悔やみのメッセージを送って下さっているのがとても有り難いことと思います。ツイッターでは、「Pray for Japan」というタグが貼られ、多くの方が書き込んでくれています。これも新しい技術の素晴らしい活用法だと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110311-00000061-zdn_n-inet

 私はその日、地方講師試験のため、神戸へ出張中でした。埼玉に用事があって出かけていた妻から電話が受験者の方との面接中にあったため、面接が途切れたときに電話をかけ直したのが午後2時30分頃でした。「後で用件をメールを送るから」と妻が言ったので「分かったよ。待っているから」と言って電話を切ったのですが、地震が起きたのはその直後です。しかし、神戸では全く揺れを感じなかったのでそのような大地震が起きたとは知るよしもありませんでした。

 数人の方の面接が終わり、ホテルにチェックインをして、市内の大手書店に立ち寄った際、携帯電話のメールをチェックしたのですが入っていません。それで電話をしたのですが、何度かけても「接続ができません」と出てきます。これは電話回線がおかしいのだろうと思い、本屋を出て通りを歩いていると何となしに地震とか、津波とかいう言葉が聞こえてくるのでした。私は、そんなに大きくもない地震が関西地域で起きたので自分は揺れを感じなかったが、一時的に電話の回線の使用が増え、回線がつながらないのだろう、などと思っていました。

 その後、書店の近くが三宮駅だったので翌日に乗る電車の時刻を調べに駅まで足を伸ばしたところ、新聞の号外が駅の柱に貼ってあったのを見て、初めて大変な事態になっていることを知りました。それで、私の家がある千葉県北西部は震度6弱、と書かれていてさらに驚いて、家に電話をかけ続けましたがかかりません。それで公衆電話で自宅の固定電話にはつながりましたが、妻は出かけているので留守電になっていました。それにしても震度6弱とは尋常ではありませんから、その時間は幼稚園にいるはずの娘の安否が非常に気がかりでした。

 その後、静岡の母から家内にメールを送って欲しい、という電話を受けたので、すぐにメールをして、ホテルに戻ってパソコンを開けてみると、幼稚園の園長先生から「園児は全員無事です。至急迎えにいらしてください」というメールが入っていました。家内もそれは見ているはずなのですが、おそらく携帯からは電話が出来ないのだと思います。と思っているうちに、奇跡的に妻と携帯で連絡がつきました。妻は埼玉に自分の父親といるときに大地震に遭ったのですぐにタクシーで幼稚園にかけつけているが大渋滞で動かない、ということを幼稚園に伝えて欲しい、とのことでした。

 携帯とホテルの電話から幼稚園に電話をしてもつながらないので、近くのコンビニの前にある公衆電話を使ったらすぐに通じました。すると既に妻とは連絡が取れていて、妻が幼稚園に何時に着けるか分からないので娘は、幼稚園から徒歩圏内に住んでいる事務の先生のお宅に泊めて頂くことにしたのでした。1人での外泊は初めてですが、本人は楽しかったようです。

 その後、家内は義父とともに午後9時半頃には無事に帰宅することができ、また、電気、ガスも使うことができたとのことで、大変有り難いことでした。

 私はといえば、通常は地方講師試験の前日は早くて夕方、あるいは夜に現地に着くように行くのですが、兵庫の翌日には長崎で試験があるため、筆記試験が終わったらすぐに移動する必要があり、前日の午後の早い時間から面接をする段取りを取っていたのです。それが功を奏し、兵庫教区では予定通り試験を行うことができました。もし、面接が前日に行われなかったら、今回の試験は予定を延期しなければならず、多くの方に影響を与えるところでした。大変有り難いことと感謝しています。そして、午後10時すぎに長崎駅に予定通り到着しました。

 被災地が一日も早く復興されますよう、重ねてお祈り申し上げます。

 阿部 哲也

| | コメント (2)

「男子弁当」

 最近は弁当を作る男性が増えているとのことで、「男子弁当」をテーマにしたブログも沢山あって、びっくりしました。たとえばこんなブログです。。。

 http://food.blogmura.com/bentodanshi/

 生長の家本部に勤務しておられる男性の中でもお弁当を自ら作っておられる方も何人かいるようですが、私も昨年の10月頃から「手弁当」を持参するようになりました。それは、谷口純子先生のブログを拝見していて、バランスの取れた食事を取ることが大切だと感じたこと、そして節約する必要もあるため、などです。

 そうはいっても朝、時間を多くは取れませんから、残りものや、まとめて作ったものを冷凍したりして、朝は10分ほどで準備できるようにしています。

 料理ははまると結構楽しいもので、最近は木曜日に可能であれば、娘と一緒に夕食を作ることにしています。最近、毎週出張をするのを娘が寂しがるので、一緒に何かできれば、と思い立ちました。娘は食べられない野菜が結構あるのですが、自分で作ったものであれば食べようという気にもなるようで、そちらの効果も大きいです。

 以前は気分転換にもなるので家族でよく外食をしていましたが、最近は妻が料理に目覚め、ウデによりをふるって美味しく作ってくれるので、たまにしか外食をしなくなりました。誠心を込めて作った料理は人の心を幸せにしてくれるのだと思います。

 阿部 哲也

 写真は、アボカドと梅の和え物、かぶと薩摩揚げの煮物、大根の葉と油揚げの煮物です。

Self_made_cooking

| | コメント (2)

代表者会議と立教記念日

 先月末の2月27、28日は東京・原宿にある生長の家本部では、2011年度の運動方針徹底のための会議である代表者会議が行われ、また昨3月1日は同じく生長の家本部会館のホールで立教82年の記念祝賀式が行われました。

 両日とも日本全国はもとより、生長の家の法人がある世界の各国の代表者の方々が集まり、熱気に溢れる3日間でした。私たち本部職員の多くは運営に当たっておりましたが、代表者の方々の真摯な姿勢、そして運動に対する熱意に、深い感動を覚えました。

 私は教化・講師部講師課に所属していますので、28日の午前中に行われた分科会では「全国地方講師会会長会議」に出席し、司会を担当しました。生長の家のボランティア講師で組織される地方講師会の各教区における会長、そして事務担当の方、合わせて約110名ほどが集まられましたが、日頃から多くの方に愛を施しておられる方々ばかりで、3時間の会議は、温かい、そして真剣な雰囲気の中で行われました。

 ということで先週は、地方講師試験はどの教区もお休みでしたが、また、今週末から再開されます。

 阿部 哲也

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »