« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

梅雨に入って

 梅雨に入りました。今年はずいぶん早いようです。5月に入って暖かい日が続くようになり、ハワイのことを思い出すようになっていました。昨年の5月22日に3年間のハワイ滞在を終えて帰ってきて、ちょうど1年が経ちました。とても早く時が過ぎていったような気がします。

 その間、仕事面では新しい部署に移って、色々と新しいことに遭遇してはいますが、内容的にはこれまで積み重ねたものを生かすことができることもあり、大きな変化はなかったのですが、私生活の方はかなり変化に富んでいました。

 海外からの引っ越しは、大きく分けて航空便と船便があり、航空便は10日ほどで到着しますが、船便が到着するまでは早く1カ月ぐらい、遅いと3カ月ぐらいかかることもあり、わが家の荷物が到着したのは私が帰国してから2カ月後ぐらいでした。それから荷物を出し、段ボールを片付け、などとしているうちに、あっという間に半年が過ぎてしまいました。そしてその間に、娘の受験について話し合いを重ね、受験の準備をして(親も含めて)受験をし、住む場所を検討し、その間、大震災が起こり、そして再度の引っ越し……。とても目まぐるしかったです。

 それでも最近はだいぶ落ち着いてきて、家族共々徐々にペースをつかめるようになってきました。

 梅雨はじめじめしてうっとうしい面もありますが、3年間、日本の梅雨を味わっていなかった私は、昨年の梅雨はことのほか、新鮮に感じました。たっぷりの水を浴びて、伸び伸びと葉を茂らせている新緑を見ていると、生きる力をもらっているような気持ちになったのをよく覚えています。梅雨というと、谷口清超・前生長の家総裁の次のご文章を思い出します:

 雨がふる日は、天気が悪い――と、一体誰がきめたのか。カラカラにかわき上った畑は、雨がふる日は天気がよいのだ。そのような「よい天気」にめぐまれたといって、感謝する人も多いのである。では、晴れた日は天気が悪いのか――というと、決してそうではない。雨の日も、風の日も、晴れた日も、秋も冬も夏も、いつも天気がよいのである。いや、よい天気なのだ。それが分れば日々是好日、毎日毎日がよろこびの連続である。(『伸びゆく日々の言葉』204頁)

 今年の梅雨も、雨の恩恵を数え、味わいながら過ごしたいと思います。

 ところで先日の土曜日は初めての授業参観がありました。どの子も、最初は緊張していましたが、先生からの質問に元気よく手を挙げて答えていて、とても微笑ましく思いました。娘も45分の授業中に3回も指してもらって、伸び伸びと授業を受けている様子を知り、嬉しく思いました。

 娘の通っている学校では毎朝20分間、礼拝の時間があります。賛美歌を歌ったり、聖書の一節を朗読したり、そこに書かれている人生訓を先生が説明をします。小学校1年生に説明をするのは難しいことだと思いますが、人生に起る困難をどのように受け止めるかについて、とても上手に話されていたのに感心させられました。

 阿部 哲也

| | コメント (0)

広島への出張

 先週末(5/15)は、広島県教化部で中国・四国ブロックの地方講師会長会議が開かれたので、その運営のため、広島教区へ出張しました。広島県を訪れるのは15年ぶりぐらいです。呉の道場には2回ほど伺ったことがありますが、教化部は初めてでした。

 今回の会議には、対象教区の講師会長、事務担当の方が全員集まって下さり、和やかな雰囲気の中で、今年の運動方針に基づいた、「技能や芸術的感覚を生かした誌友会」をいかに教区内で盛り上げていくか等について、積極的な意見交換が行われました。

 私は当日、司会兼事務局を務めさせていただいておりましたが、ある教区の地方講師会長の方が、何らかの理由で活動に参加していない地方講師宅を丹念に家庭訪問され、足かけ4年で、40名もの、これまで活動に参加していなかった講師が活動に戻ってこられた、というお話を聞き、深い感動を覚えました。

 他の教区の皆様も、本部の意図方針をよく理解してくださり、教化部長先生のご指導のもと、明るく運動を伸ばそうという気概にあふれておられ、皆様のご多幸とご活躍をお祈りせずにはいられませんでした。

 また会場を提供してくださった広島教区では、池森ヒロ子・地方講師会長をはじめ、多くの職員の方が献身的にお世話をしてくださり、とてもやりやすい環境を整えてくださいました。心から感謝、お礼申し上げます。

 阿部 哲也

| | コメント (0)

自然食に舌鼓

 今日は木曜日で、妻と実家のある流山に行き、家の掃除を行いました。なるべくきれいに保ち、次に住むときに気持ち良く住めるようにしたいからです。

 2時ごろ埼玉に帰ってきてから、少し遅めの昼食を家から徒歩5分のところにあるレストランで頂きました。Onion Jackという自然食のレストランです。注文したのは、水菜のかき揚げがメインの日替わり定食+コーヒーです。味噌汁のお出汁に煮干しが使われているの以外は動物性のものは使われていない、健康食だそうです。

 私は以前は玄米が苦手でしたが、年齢とともに、体に良い食事を体が求めるようになり、玄米を美味しく感じるようになりました。普段は食べるスピードは速い方なのですが、玄米はよく噛んで、味わって食べるものですから、食べる速度は遅くなります。おかげでおかずも、味噌汁も、漬け物も、有り難く、美味しく頂きました。

 カメラを持っておらず、写真を撮らなかったのは片手落ちでした。。。

 以下は食べログの情報です。この写真に載っているカレーを次回、是非、味わってみたいと思っています。

 http://r.tabelog.com/saitama/A1101/A110102/11003089/

 阿部 哲也

| | コメント (0)

新緑がまぶしい季節

 新緑がまぶしい季節になりました。私は原宿にある生長の家のオフィスに通っているのですが、昼休みに東郷神社の脇を通ると、瑞々しい木々の迫力に圧倒されてしまいます。昨年5月、ハワイから戻ってきて、日本の木々の美しさに目を奪われて、しばし呆然としたことなどを思い出しました。春夏秋冬と、季節がはっきりしていて、それぞれの季節の美しさを堪能できるのは、本当に有り難いことだと思います。

 新しい場所で生活を始めて1カ月が経ちました。小学校1年生になった娘は幼稚園のときよりも、遙かに早い時間(6時20分頃)に起床し、7時過ぎには家を出ます。私たち家族の住む家は最寄り駅の東口側にあるのですが、スクールバスは西口から発着するため、娘は毎日、駅を越えて西口まで行きます。ですので家を出てから、私が通る改札口までは娘と一緒に行くことにしています。

 ハワイ滞在中に通ったプリスクールは職場に行く途中にあり、出勤時間とも重なっていたため、毎日車で送っていきましたし、キンダーガーテンも家から至近距離にあったため、送っていきました。日本に戻ってきて、幼稚園の年長時代の1年間を挟んで、思いがけず一緒に通勤(通学)することになりました。これは貴重な機会だと感謝しています。というのも、娘と2人で話す時間というのはあるようで、意外と少ないので、歩きながら色々話をするのは、良いスキンシップになるのです。

 私自身もこれまでに比べて家を出る時間が早まり、さらに通勤時間が少し短くなったので、職場にも早く着くようになりました。始業までの朝の時間を、有効に活用しようと色々と考えています。新しい生活に慣れるまでは色々と大変なこともありますが、これまでとは違う発見や感動があり、新鮮な気持ちになることができます。

 これまで住んでいた家は、木造で、とても丁寧に作られた家なのですが、夏がものすごく暑くなり、冬はものすごく寒く、光熱費がかさむのが玉に瑕でした。ところが今度の家は軟骨鉄筋で、断熱材がしっかり入っているようで、光熱費が減りそうな感じです。

 これまでよりも市街地に移ったため、自然に触れる機会が減ってしまったのは残念ですが、この場所の良い点を多く見つけて、「日時計主義の生活」を実践してきたいと思います。

 阿部 哲也

| | コメント (2)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »