« 祖父の旅立ち(2) | トップページ | 九州ブロックの講師会長会議 »

祖父の旅立ち(3)

 弔辞で述べた以外で、私の記憶にある祖父は、自転車に沢山、生長の家の月刊誌を積んで人々に配る愛行に出かける場面と、ロッキングチェアに座って、『生命の實相』や『真理』などの聖典を読んでいる姿です。祖父は、「真理」そのものがズバっと書かれている本が好きで、とりわけ『生命の實相』第21巻を繰り返し繰り返し拝読していました。

 私が生長の家を勉強し始めたのは18歳のときで、郷里の静岡を離れて名古屋で下宿して浪人生活を始めたときでした。それから祖父と会うと、祖父は『生命の實相』第21巻(経典篇)を読むよう、勧めてくれたものです。その本は生長の家の経典である聖経『甘露の法雨』を創始者、谷口雅春先生が解説されたもので、人間とは何か、神とは何か、人生とは何かについて、詳しく説かれています。私は祖父の助言に従って、『生命の實相』全40巻の中でも経典篇は何度も拝読し、み教えへの理解を深め、感動を新たにしたのを覚えています。

 それでこの度、祭壇に飾られた祖父の写真を見ていると、『生命の實相』第21巻を読みたいという気持ちが湧いてきたので、早速読み始めました。確かに、人間とは深淵な真理が、分かりやすい言葉で書かれていて、読み応えがあります。毎日、何頁かを紐解いています。

 この本の中には、念が既に肉体を離れてしまってからも肉体は生きているが、その念の投影が終わると臨終ということになる、それが1カ月以上も前に念がこの世を去っていても肉体が生き続けることもある、と書かれたところがあります。(54~65頁をご参照ください)

 祖母によると、祖父が亡くなった日、祖父がそれまでとは全く違った表情をして空の一点を見つめ、それを何度か指さしたのだで祖母が「どうしたの? 何か見えるの?」と聞いても何も答えなかったそうです。その後、祖父はぐったりとしてしまい、ほとんどの時間寝ていたそうです。そして、看護婦さんが気づいたときには既に息をしていなかった、とのことでした。祖父の念がいつ去ったのかははっきり分かりませんが、何事にも几帳面に取り組んだ祖父のことですから、この世での課題を全て成し遂げて、準備万端で霊界に移行したのだと思います。

 私はハワイにいたときに、生長の家の信徒の遺族の方からご葬儀を依頼されたことが何度もありました。海外では生長の家の本部講師がご葬儀を執り行うことは珍しいことではありません。そして、ご葬儀とセットで50日祭(仏教では49日ですが)を行います。最初は葬儀をするなんて、ととても負担になりましたが、何度も何度もご葬儀と50日祭をして、約50日の間に、この世で起こった出来事を映画のように見て、反省すべき所は反省し、この世の成績に従って一番相応しい霊界に行く、ということをご遺族に説明していると、心の底から、「この御霊様は生きておられる。往生とは生きて往くことである」という感を自分自身が深くしたものでした。祖父は生前、神想観や聖経読誦が大好きで、生長の家の雑誌を配ったりして伝道したのはもちろん、人知れず深切を行ずる人でしたので、とても幸せな境涯に置かれると思います。

 祖父の葬儀があった日、娘は遠足の日でした。それまでペアを組んで、入学以来、毎朝のようにお世話をしてくれた6年生と一緒に遠足に行くことを心待ちにしていた娘にとって、遠足に行けなかったことはとても残念なことでした。しかし、身近な人の死を経験することは、とても大切なことで、娘にとってはとても貴重な機会となったと思います。人が死んでしまうと、冷たくなってしまうこと、肉体は焼いてしまって、骨だけをお箸で拾って骨壺へ入れ、お墓の下にしまうこと、そして家族や縁のある方が集まって葬儀をし、故人を偲ぶこと。。。これらは、人生では避けて通れない課目であり、娘にとっては、死んだ人の肉体が焼かれてしまうことにとても衝撃を受けたようでした。ご先祖様から受け継がれているいのちの尊さを、少しずつ娘に話していこうと思っています。

 阿部 哲也

|

« 祖父の旅立ち(2) | トップページ | 九州ブロックの講師会長会議 »

家族に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祖父の旅立ち(2) | トップページ | 九州ブロックの講師会長会議 »