« 祖父の旅立ち(3) | トップページ | 電気自動車に試乗 »

九州ブロックの講師会長会議

 少し前のことですが、先週末、福岡に出張しました。九州ブロックの地方講師会長会議の運営のためです。九州会場は今年度、全国7会場で行われるブロック別地方会長会議の6会場目でした。今回は対象となる全ての教区から地方講師会長が集まられ(1教区代理を含む)、8教区の事務担当者も加わり、目等泰夫・教化・講師部長による、「今年度、地方講師会は何を目指すか」と題した説明に耳を傾けたほか、「技能や芸術的感覚を生かした誌友会」を出講する講師に対してどのような研修会をしているかなどについて全ての教区から発表があり、活発な意見交換が行われました。

 九州ではすべての教区で同誌友会に出講する講師のための研修が行われており、とりわけ宮崎教区は「技能や芸術的感覚を生かした誌友会」の開催率が全体の2割を超えていて、大変素晴らしいのですが、これは同教区の阿部圓・会長の同誌友会に対する並々ならない思いがあることを感じました。ご自身が、左脳的に物事を理解するだけではなく、右脳もよく働かせて、物事の真象を見る(観る)という考え方に魅了され、それを自らも実践し、人にも勧めておられることを、心を込めて話しておられました。

 会場を提供してくださった福岡教区でも、今回は都合で参加されませんでしたが、永田良造・会長が率先して同誌友会を開催されている他、同誌友会でヨーグルトの空箱を使ってフラワーアレンジメントをされたり、色々工夫をして取り組んでおられる旨の発表がありました。

 どの教区も新しいタイプの誌友会を盛り上げていこうという気概が満ちておられ、各教区の発表に対しても質問が寄せられるなど、少しでもご自身の教区の運動の参考にしようという真摯なご姿勢に大変感動しました。

 ところで私は、平成4年から9年まで所属していて青年会部(当時の呼称。現在は「組織運動部青年会事務課」)においては九州ブロックを担当していて、九州ブロックの行事の事務局的な役割を担当することが多かったので、福岡教区にはよく出張しました。しかし平成8年を最後に伺っていなかったので、今回の同教区への出張は15年ぶりです。とても懐かしかったです。

 現在、教化部事務局長をしておられる松岡明彦さんは、その当時は光明実践委員会議長をされていたので面識があるのですが、短い時間ではありましたが、その間に起こった色々な出来事をお話くださいました。教化部長をはじめ、人の入れ替わりがあり、運動の形態が変わったりと変化する部分もありますが、相変わらず、教えの素晴らしさに感動し、それを伝える努力をして下さる方々が沢山いることに改めて、有り難いこととと感謝いたしました。

 阿部 哲也 拝

|

« 祖父の旅立ち(3) | トップページ | 電気自動車に試乗 »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祖父の旅立ち(3) | トップページ | 電気自動車に試乗 »