« ブログを書くことで得られること | トップページ | 人間には「エンパシー」がある »

ボランティア

 東日本大震災があって、多くの方がボランティア活動をされていて、本当に素晴らしいと思います。現地に行くことがかなわない私も、何かできることはないかと思っていたところ、大変微力ではありますが、あることに思い当たりました。

 私は家内とともに、13年前からある非営利団体を通して、途上国の子供達の自立を支援するプログラムに参加し、毎月いくらか献金するということを続けています。そのときはまだ子供がいなかったので、日本のような先進国ではない国々の子供達の現状を知り、少しでも支援をしたいと思って始めたものです。そのプログラムでは直接、献金したものがある一つの家庭に届くのではないのですが、支援する側と支援を受ける側の顔が見える方が双方にとって良いということで、スポンサーとその受け手を決めて、受け手の方はスポンサーに現状を報告し、スポンサーの方もお手紙や安価なプレゼントをあげたりして交流するシステムを取っています。

 その際、色々な国の言葉に訳すボランティアを募るのが大変だからでしょうか、まず、書かれた手紙はどの国の言葉であってもまず英語にすることになっているようです。現地語と英語の翻訳はできる人を確保するのはある程度、出来るということなのではないかと思います。

 そのことを知った私は2006年から、同団体に翻訳ボランティアとして応募し、同年からスポンサーと受け手が交流するお手紙の翻訳を始めました。だいたい1年間に3、4回、20通の手紙を訳すことになっています。「日→英」か「英→日」かは自分で選べますので私は半々にしてやっていました。ところが2007年6月からハワイに赴任することになったので、翻訳ボランティアは終了することにしました。それをやっている余裕はないと思ったからです。

 それで昨年帰国をしてからは、引っ越しがあり、娘の受験、震災、そして再度引っ越しなどがあって、翻訳ボランティアの事は忘れていたのですが、多くの方々が震災のボランティアをされていることを知り、今、何かできることはないか考えていたときに、このことを思い出したのです。早速、同団体の事務局の方に連絡をしたところ、「すぐに翻訳を依頼する通信文を送って良いですか?」と言ってくださったので、喜んで引き受けることにしました。

 だいたい2、3週間の間に20通の文章を訳すのですが、1枚あたりの分量は短い場合が多いのですが、難しいのは、書いてある英語を判読することです。今回は、「英→日」の通信物が多いということでしたのですべて20通すべて「英→日」だからそんなに大変ではないと思ったのですが、ベトナムの翻訳ボランティアの方が「ベトナム語→英語」に訳した、そのアルファベットが読みにくくて、とても大変でした。それに加えて、ネイティブでは使わないような(ベトナム語的と言いましょうか)表現があり、訳すよりも判読する方に時間が必要でした。それでも何枚か読んでいると似たような表現が出てきて、無事に全部理解できたと思います。

 ベトナムの子供達の手紙では、震災でスポンサーが被害に遭わなかったかどうかを気遣い文面が多く、胸を打たれました。昨年10月、ベトナムで起きた洪水のことに触れてあるものもあり、「日本とベトナムで自然災害が起こりませんように」などと書かれたものもあり、校正しながらうるうるしてきました。

 そうたいしたことはできませんが、出来る限り続けていきたいと思います。

 阿部 哲也

|

« ブログを書くことで得られること | トップページ | 人間には「エンパシー」がある »

ボランティア活動に関すること」カテゴリの記事

コメント

阿部さん、ブログ読ませていただきました。

私は現在プランで来局の翻訳ボランティアをしています。

ボランティア同士知り合う機会がほとんどないので、
Facebookで「プランジャパン翻訳ボランティア」グループを
結成し、ボランティアの皆さんに参加、交流を呼びかけています。

ご参加いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

投稿: 「プランジャパン翻訳ボランティア」グループ管理人Yamaoka | 2011/08/27 08:06

Yamaoka-san,

 先ほどリクエストを送信しましたので、よろしくお願いいたします。

 阿部 哲也

投稿: 阿部 哲也 | 2011/08/27 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログを書くことで得られること | トップページ | 人間には「エンパシー」がある »