« 人間には「エンパシー」がある | トップページ | 視点の違い »

山梨県北杜市に行きました

 去る8月18日から20日まで、山梨県北杜市に行ってきました。北杜市は2013年、生長の家本部が移転する予定の土地で、同年からは家族でそこに暮らすことになるので、行ってきました。今年1月に、本部職員と家族を対象に現地見学会が開かれ、家族と共に参加しましたが、そのときは僅かな時間しか滞在できなかったので、今回は3日間かけて、地元のスーパーに行ってみたり、娘が通う可能性のある小学校を見たり、下見のようなことを行いました。

 さいたま市を出発した18日は同市では36度の猛暑日でうだるような暑さでしたので、北杜市はどのぐらいの気温なのだろう、などと思いながら出かけました。着いたのは午後3時を過ぎた頃でしたが、出発地と比べればずいぶん爽やかな風が吹いていました。ただし家の中はやや、蒸し暑い感じでした。

 今回はホテルとかペンションではなく、貸別荘に泊まりました。リゾート地のホテルやペンションでは、食事がついていることが多く、そのボリュームが多すぎる場合が多いこと、部屋が狭いので朝早く目が覚めたとき、思うように部屋を使えないことなどがあり、食事がついていなくて、広い部屋が使える貸別荘にしました。1軒屋で2LDKの大きさでした。

 翌日はうって変わって肌寒い天候でした。その日は平地でも肌寒いぐらいの気候ですから標高1,000mの山ではなおさらです。昼間に訪れた牧場では気温が18、9度で、長袖を持ってこなかった私は半袖を4枚重ね着をしました。以前、ハワイでかかっていたお医者さんが、夜、寒く感じるときには(ハワイの夜は夏でもかなり涼しいのです)、半袖を何枚でも重ね着するとよい、その方が暖めるべきところが暖められるから、と教えてくれたことがあったのを思い出したのです。確かに肌寒い気候でもばっちりでした。

 その日は、娘が通う小学校の候補である長坂小学校と泉小学校を見学しました。と言っても特に予約してあったわけではないので外観を眺めるだけですが、どんなところにあるかを見ておきたかったのです。長坂小学校は2年後に、4つの小学校が統合して校舎も新しくなり、新しい学校に生まれ変わるそうで、工事が既に始まっていました。冷たい雨が降ってきていたので外からだけ眺めました。

 続いて泉小学校に行ってみると、校門の外に1人の先生が立ってて、実は再来年から北杜市に住む予定になっていて、通う可能性のある小学校を見たいと思って来ました、と伝えたらご丁寧に校内に入れてくださって、色々と学校の特色等を説明して下さいました。色々お聞きして、なかなか行き届いた学校だと思いました。そして驚くのは校庭が広いこと! その先生の説明によると、400mのトラックを引けるとのことでした。

 あと最終日には小淵沢の「絵本美術館」に立ち寄りました。原画の展示があったり、色々な絵本があり、子供と一緒に絵本を読んだりしました。雨が降っていなかったらお庭の木々を眺めながらテラスでコーヒーが飲めたのがちょっと残念でした。しかし雨の中の緑もまた美しいです。

 その他、毎日温泉に浸かり、道の駅でのんびり買い物をし、地元のスーパーでどんなものが売っているかを眺めたり、美味しそうなパン屋さんで次の日の朝食を買ったり、地元のイタリアンレストラン、ソバ屋さんで舌鼓を打ったりと、ゆっくりとした時間を過ごすことができました。有り難い夏休みでした。

 阿部 哲也

 写真は上から今回宿泊した貸別荘、牧場の風景、ヤギと遊ぶ娘です。娘は寒かったようでタオルを巻いています。

1_hokuto_villa
3_hokuto_scenery
2_hokuto_goat


|

« 人間には「エンパシー」がある | トップページ | 視点の違い »

家族に関すること」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私は東京在住の31歳の女です。先日、生長の家の「生命の実相」20巻のうちいくつかをBOOKOFFで見つけて購入し、読みまして、その思想の素晴らしさ、谷口先生の考察の深さに感動しました。以前キリスト教系の他宗教をしていて、今も別の宗教に入っているのですが、そこで云われていることと全く同じ文章が書いてあったりして、きっと生長の家の教えから採って来たんだと思う箇所がいくつもありました。
生長の家のお話をお聞きしたいのですが、直接本部や府中などに行ってもよいのでしょうか。また、「生命の実相」1巻はなくて、今取り寄せ中ですので、それを読んだ後のほうがよいのでしょうか。
また、ネット上で現在の総裁を批判する内容もあり、あまり教会のごたごたには係わりたくないので、行くのをためらう気持ちもあります。

投稿: あき | 2011/09/04 19:55

あきさん

 こんにちは。コメント、ありがとうございました。

>> 先日、生長の家の「生命の実相」20巻のうちいくつかをBOOKOFFで見つけて購入し、読みまして、その思想の素晴らしさ、谷口先生の考察の深さに感動しました。<<

 ありがとうございます。私も、『生命の実相』を読んで大変感動してから、今に至るまでずっと信仰しています。ちなみに、現在、出版している『生命の実相』は頭注版で全部で40巻あります。だいぶ昔に出されたものは20巻のものもあります。(中身は同じです)

>> 生長の家のお話をお聞きしたいのですが、直接本部や府中などに行ってもよいのでしょうか。<<

 生長の家の本部では毎日、聖典講義が行われておりまして、自由にお聞きいただくことができます。(無料です)調布市にある「生長の家本部練成道場」は、行事がある日とない日がありますので、ウェブサイトなどで確認して行っていただければ、と思います。いずれも、本などを読んでおられないで参加されている方も沢山おられますので、お気軽にお越しください。

http://www.jp.seicho-no-ie.org/ (生長の家本部)
http://www.sni-tobitakyu.or.jp/ (生長の家本部練成道場)

>> ネット上で現在の総裁を批判する内容もあり、あまり教会のごたごたには係わりたくないので、行くのをためらう気持ちもあります。<<

 そのお気持ち、よくわかります。古くからの信徒の中には、現在の総裁が創始者の教えを曲げていると主張している人がいるのですが、「形」の上で色々な変化が起こるときには、そのやり方を批判する人はどの団体や組織にもいるのではないでしょうか。

 一度、生長の家の施設に足をお運び頂き、お話を聞いていただくと、本に書かれていた内容をより一層、深く理解するきっかけともなり、また感動を新たにして頂けるのではないかと思います。

 阿部 哲也

投稿: 阿部 哲也 | 2011/09/04 20:59

阿部さま

お返事ありがとうございます。
ずっと信仰を続けておられるのは素晴らしいですね。
私は他宗教を転々としておりましたが、その他宗教でうまくいかなかった原因も、どのような心持で現象をとらえるかということも、すべて「生命の実相」に網羅されておりました。

今このときに私が「生命の実相」に出会えたのも、神様を求める心が導いたわざだと思っています。

>そのお気持ち、よくわかります。古くからの信徒の中には、現在の総裁が創始者の教えを曲げていると主張している人がいるのですが、「形」の上で色々な変化が起こるときには、そのやり方を批判する人はどの団体や組織にもいるのではないでしょうか。

教えをまげているのかどうかはわかりませんし、初代とまったく同じ考えや発想をもつ二代目、三代目はどこの組織にもいないと思います。やはり、そういったモノは出てきてしまうものなのかなと思います。

今はちょうど時間があるので、
飛田給に連絡をとってみることにします。

ありがとうございました。

投稿: あき | 2011/09/05 19:50

あきさん

 続いてのコメント、有り難うございます。
 『生命の実相』を読まれて感動されているお気持ちが伝わってきて、とても嬉しく拝見しました。私も『生命の実相』は初めて読んだときにとても感動して、一気に40巻を読んでしまいました。

 もし生長の家の行事に参加されたら、感想などお聞かせいただければ幸いです。

 阿部 哲也
 

投稿: 阿部 哲也 | 2011/09/05 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人間には「エンパシー」がある | トップページ | 視点の違い »